KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

ロシアが池田大作に感謝状

池田大作の権威より危険なもの

  あーまたかいなと思った。最初に報道したのが毎日だったというのも笑えるけれど、「<創価学会池田大作名誉会長の旧ソ連への訪問から 30 周年を記念し」などの感謝状の理由付けはともかく、ロシア政府のしたたかさは読み取ることが出来ますね。本来ならソ連時代からの日ソ友好の立役者は当時の郵政省に巣くった総評とその背後にいた社会党(現社民党)です。ですから友好という点に置いては社民党こそ感謝されなければなりません。まぁ、社民党に取ってみればプーチンロシアなどから感謝状など願い下げだよなんて思いもあるかも知れませんが、実は感謝状を出すなんて処にロシアの本意はないのですね。

 プーチン政権とその頭脳たちににしてみれば瀕死寸前のフェミニスト政党なんかもはや今後の日本に何の影響力を持たないと決め込んでいるのでしょうか?それはそれで正しい判断と言えなくもないですが・・・池田を持ち上げておくことは日本からの援助を引き出すのには極めて友好な作戦といえます。それはアメリカのキリスト教の右傾化と、政治への影響力の増大を人口の20%を超えるキリスト教原理者たちが支え、それがブッシュを動かしているということを読み取ることが出来れば、日本の人口の10%を超えると言われる創価学会=公明党が政局のキャスティングボートを握っている現実をロシアが政治的に利用するチャンスを虎視眈々と狙っていることが見えてきます。

 だから池田大作が今回のロシアに限らず様々な国から表彰されたりすることを単純に『学会員が池田大作の「偉大さ」を海外からの顕彰授与をもって説明するためのもの』なんて笑っている場合じゃないんじゃないかと思いました。学会員へのアピールよりもっと危険なものがその延長上に存在することに注意を払わなければなりません。