KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

アクセス稼ぎ?スパムコメント?

アクセス稼ぎかスパムコメントか判断に苦しむようなやり方

f:id:lovelovebear:20080106145729g:image木走教授のトンデモ講義~社説から見るホリエモン報道考察 ここに来られるかたは大方ご覧になって大爆笑、お腹の皺やお口の廻りの小皺が増えてしまったかたも大勢おられるかもしれませんが、木走氏のシニカルなトンデモ講義は こちら 以来、常日頃のデータを駆使した洞察力に裏打ちされたテキストはおふざけでも本質を押さえ、他の JANJAN 記者、例えば学者でありながらスローガンの証明のためにデータを懸命にソートして断章取義する「交通政策」や「言語学」の大先生方のヨタ話とは大違いなんですが、あっ、そうかそんな連中と比べたら失礼か。

f:id:lovelovebear:20080106145724g:image今回のフジテレビ対ライブドアの一連の記事はたまたまご自身が IT 関連でホリエモンとご同業というところからスタートしたとは言え、大手マスメディアのように一面的な新旧対決や保守対リベラルなどの平面的な論調を超えて、多面的現象から本質を押さえてなかなか読み応えのあるものでした。ところがネット一般ではどうだったのか。ブログでこの件を扱っているところは多数だったけれど殆ど読むに値しないような、昔の 愛さん 風に言えば「普通につまらなくて居眠りしてしまいました」ようなエントリーが多かった。ブログの普及は確かにネットを面白くしたと思う。html の知識がなくても読み書きのリテラシーの高い人はすぐに面白い人気ブログを作ることが出来る。その反面「普通につまらなくて居眠りするような」ブログはもっと増えて、結局ネットが実社会により近づいたのかも知れない。

f:id:lovelovebear:20080106145834g:imageそこで登場するのがアクセス稼ぎのための便乗トラックバック、便乗コメントだ。木走さんのこの記事でもちょっと気になった。はてな id:katchan 氏による元はと言えば自分のブログからのコピペコメント。『例え、大株主が経営権を支配しても、ニッポン放送の優良な経営や社員にそんなに大きな変化が生じるとは考えにくい。資本と経営の「調和」こそ問われるのではないか。サラリーマンは状況をよく見て知っている。ただ、亀渕社長の責任は大きい。彼のもとでは今後のためにはならない。「株主無視」と経営は違うことを知るべきだろう。』という部分は木走氏のこの記事の他、pavlusha 氏の 電網山賊 2005-03-13、そして essa 氏の 圏外からのひとこと 2005-03-13 へのマルチポストになっている。それぞれが同じ事柄を扱っているとは言え、書き手の問題意識も、テキストの切り口も違うところへ全くの同じテキストの投稿は書き手に対してあまりにもバカにした態度だと思う。essa 氏が「katchanさんの考えていらっしゃる「調和」とはどういうもの」とツッコミを入れられているが、果たしてこれに id:katchan 氏はどう答えるのだろうか?つうか、木走氏がきちんとコメントに返しておられるので余計腹が立つんだけどね。\(^O^)/