KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

非道いねぇ リベラルと称する教師のともがら

アホなリベラル教師がホレ、そこかしこに

f:id:lovelovebear:20080106145729g:image身内の葬儀などがあると親戚が一同に会したりするわけなのですが、なんとお斎の席で姪や甥の通う中学、高校の自称リベラル教師や日教組への糾弾大会が始まって中には笑い転げるものもあったのでちょっとご紹介を。ここで話題にするのは特に生徒の不良化が問題になるような学校ではない。偏差値も普通のよくある公立中学、高校である。

f:id:lovelovebear:20080106145726g:image一つめは女生徒のスカートが短いと下へ引っ張ったらスカートが下がってしまいセクハラ事件に発展しそうになったもの。その教師が涙ながらに父母に謝ってまわり県の教委へあがらずに済んだらしいのだが生徒達はまだ県教委に問題を上げたい意向があるみたいなので、ちゃんと文書にして生徒と親の署名を集めて校長や学校に相談などせずに県教委に提出してしまえ!とは話を聞いた大人達のアドバイス。その教師は日頃から教科書や黒板消しで生徒の頭をこづいたり叩いたりしているらしい。そして最近何処かのブログのコメント欄でも見たような気がするが「侵略戦争の反省こそ戦後の原点」が口癖。そこで自分を棚に上げて軍国主義の批判ばかりでなくなぜ今の日中や日韓の感情的対立が興ったかをちゃんと論理立てて説明し他者を尊重するという視点から中国や朝鮮、日本についての問いかけはあるの?と聞いたらどうもそんなことはないらしい。ただ軍国主義が悪でその復活を狙う自民党政府が悪なのだそうだ。生徒が反論するとそれが「わからないヤシはバカだ」と反対意見を排除するんだって!「小学校のとき先生は生徒をバカだなんて言わなかった」とはその教師を糾弾する姪の弁。ふーん、リベラルと称する教員団体の頭の程度が見えたような。

f:id:lovelovebear:20080106145716g:imageもう一つはまた一人の姪が通う学校の組合の役員を務める生活指導の教師の話。その教師を糾弾する姪は「先生は眉毛を書くとものすごく怒る。ピアスなどもってのほか。親からもらった体を変えたり穴をあけるなどいうことはとんでもない。不潔なことだ。そういう不潔さが気にならなくなると不良になる。」と叫ぶらしい。ある時は眉を剃った女子生徒の顔にマジックインキで眉を描き込もうとしたそうな。それは廻りの生徒達の猛抗議で、逆ギレして教室を出ていったらしい。その後学校はその教師の行為を事実を歪曲して父母や生徒に説明した。マジックインキのキャップを取って女子生徒を取り押さえようとしたことは、注意を受けた女子生徒が暴力を振るおうとしたので制止したにすっかり変わっていたのだそうだ。そして姪がポツンといった。「だけどその生活指導ハゲなんだよ。ズラを直しているところをある子に見られてその子がその話をみんなにしたら、デマを流したと職員室に呼ばれて叱られた。だけどズラをかぶっているのはみればわかるよ。」と。そこでくまのアドバイス。「親からもらったハゲを隠すのは不潔であると。親からもらったハゲをカツラで変えて隠しているヤシに眉毛やピアスのことを言う資格はない!みんなで取り囲んでカツラを外して抗議集会を開いてしまえ!」

f:id:lovelovebear:20080106145724g:imageこのほかにも自分の部活に参加する生徒への依怙贔屓などいろんなリベラル教師の話で盛り上がった。そして子供達に共通している認識は一つだ。「教師は自分たちのことしか考えていない。いままで日の丸。君が代など軍国主義の象徴だ!といっていたヤシが今年はちゃんろ君が代を歌うようにと言い出した。バカみたい。」これでは教育の現場の信頼回復など夢物語だよ。全国様々な地域に点在するうちの親戚の子供達の学校の教師のアホさが例外であることを祈りたい。それでこんな自称リベラルというともがらの実体を聞いたら鮎川先生の4月13日のテキストを思い出した。まさしくその通りなのだ。

自国のも含めて、国旗や国歌に敬意を表するのは、国際常識。

子供たちが将来、恥をかいたら、いったい誰がフォローするんだろう。

こんな低レベルの教職員が存在すること自体がおかしい。

教職員の採用システムに問題がある。

国民としての最低限の愛国心があれば、自国を象徴するものに敬意をもつのは当然。

桜や富士山に対すると同様に、東大寺の大仏や出雲大社を見れば、何がしかの感興が湧くはず。

原爆ドーム大阪城伊勢神宮法隆寺弥勒菩薩、各地の祭りも同様だ。

何も感じないほど、修行ができた人なら、逆に国際常識に従うはず。

敬虔なクリスチャンで、ヒンドゥー寺院に土足で入る人を、寡聞ながら私は知らない。

他者を尊重するのも、自分や自国を尊重するのも、本質は同じだ。

人道主義であること、文化の多様性を尊重すること、皆同じことである。

自分の意見は自分の意見。マナーはマナー。

国旗や国歌や国名を変えたいなら、そういう意見を言えば良いし、運動すればよい。

しかし、そのことと現在の国旗や国歌への意見を教育の現場に持ち込むことは、意味が違う。

こんなおかしな話を許せば

「私はこの法律には反対だから、決して従わない権利がある。これは人権の問題だ」

という意見も正当になってしまう。

世の中驚くことばかり!2005年04月13日(水) ・・・・え?より

f:id:lovelovebear:20080106145834g:image国旗や国歌に敬意を表せないバカ教員がスカートの長さや化粧など生活指導してなんの説得力があるだろうか。そして問題になれば言い訳に終始する。いつも言うことだが時間を止めて固定的な静止的世界観しか持てずに、その静止した一点を拠り所にスローガンを立てて徒党を組み、独りでは何一つ闘うことの出来ないともがらなどリベラルを名乗る資格はないというか、教育の現場に立つ資格すらなかろう。そういう団体やその構成員にリベラルというレッテルを貼るのはおかしいのではないだろうか?低次元教職員組合くらいがちょうど良いレッテルだよね。自分も含めてだが子供を公立学校に入れたくない人が増加するのは当たり前だ。低次元教職員組合のいる学校は子供の教育が不安だと高い月謝を払って私学に入れざるを得ないからかの自称リベラルのバカ教職員組合は国民から教育の機会均等を奪っている犯罪者集団と言うことにもなるのだ。でも多分彼らは思考停止のバカだからそういう負債を他者に作り出しているということへの思考すらしていないんだよね。だって自分たちの権利だけが大事なヤツらだから。

元記事(ngp-mac.com/kumarin)へのコメント

平手 緑平手 緑 2005/4/16 19:54

某教職員組合の強い地域の公立学校は競争がないので、大学進学率が非常に低くなります。

よって、金持ちは私立学校へ行かせ高学歴となり、さらに生涯所得が増え、貧富の差の再生産が起きます。

京都は某教組が強かったので私立学校が優勢。

一方、大阪はそれほどではないので、私立学校は目立ちません。

(ここ数年(ゆとり教育・浸透後)は変わってきてますが)

辻元議員の選挙基盤でもあり、重信房子が隠れていた大阪府高槻市では、

知識階級の住民は「子供を公立中学へは行かせてはならない」が合言葉でした。

某教組って、結果的には階級社会を作る手助けをしてたようなもんです。

革命のためには、大衆に教育がないほうがやりやすい、という深謀遠慮? a

鮎川龍人鮎川龍人 2005/4/16 21:46

こんばんは!

トラックバックの上、引用までして頂き汗顔の至りです。

私のテキストも本望のようです。

相変わらず切れ味鋭く、思わず自分のブログを見回してしまいます。


少し質をあげようとしつつも、なかなか思うに任せません。

またご鞭撻、宜しくお願い致します。