KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

PowerBook G4とBoA様携帯 au W21T の連携

CDMA 1X WIN による Tiger Bluetooth 接続

 理論値受信最大2.4Mbpsの速度を誇る CDMA 1X PacketWIN 対応の端末で Bluetooth によるモバイル接続にはずっと関心があった。というのも PowerBook 12inch は PCカードスロットがないので外出先の通信ではHotSpot を探すかあるいは USB 接続の端末をいちいちセットするしかなかった。USB 接続 は Air H" の 128kbps で常時接続が OK のプランを契約し Fujitsu AH F401U で接続していたのだけれど 2.4Mbps とう数値といちいち端末をセットする煩わしさからの解放は心惹かれてたまらない(笑)。いろいろなサイトの情報によれば実際の速度も200K程度は出て接続設定も簡単らしい。200Kというと大したことなさそうだが体感速度は ADSL には及ばないものの Docomo の 64k は遥かに凌ぎ H" の 128k についても倍以上の速さらしい。

 そしてとうとう買ってしまいした BoA 様携帯・東芝 W21T。数ある情報源の中から DIGI-MAC さんのデジタルライフとMacintosh:PowerBookと相性のいいケータイ--au W21T を参考にしながら早速設定してみました。 DIGI-MAC さんのエントリによれば今年の2月の時点での機種変価格は29000円、ところが現在では au は販売主力モデルを既に21シリーズから31シリーズに移行していて機種変では相変わらず10000円前後と結構するものの新規は1円の店も出て、プライベート用にもう一台と思っていた僕は迷わず新規で購入。さっそく DIGI-MAC さんの記事を参考に設定を始めたらペアリングまではなんなく行えた。ここでのポイントは Mac 側のシステム環境設定 Bluetooth の設定タブでは Bluetooth の電源を入れることと検出可能にするにチェックを入れるだけにする。 メニューバーの Bluetooth デバイスの設定を選んでも認証パスを6桁で自動発行するのは 10.4 Tiger でも変更されておらずその先に進むことは出来ないのですべて W21T 側から行う。ところがここで躓いた。デバイスの設定が Mac 側から行うことが出来ないせいか システム環境設定 Bluetooth のデバイスタブからはシリアルポートの設定がグレーアウトしてしまって手が付けられないのだ。

 さりとて Mac OS X 10.3 Panther までは付属していた Bluetooth Serial Utility.app は Mac OS X 10.4 Tiger にはない。その機能の一部であるデバイスの設定機能が システム環境設定 Bluetooth に統合されたらしいのだが前述の如く肝心の Bluetooth Serial Port を送信ポートとして設定する機能がグレーアウトしてしまって使えないのだ。このままだとネットワーク環境設定の PPP を au の指定通りに設定していざ接続と PPP でポートを開こうとしても Serial Port がアクティブにならないのである。すわっ!、無駄な買い物をしてしまったかと一瞬あせってしまったがここで一服、冷静に考えてみると NGP サーバーが OS X Server 10.3.9 であること思い出したので root 権限でログインしてみる。ターミナルで cd /Applications/Utilities/と打ち込んでみると、おお有るじゃないか Bluetooth? Serial? Utility.app 。これを早速 PB12 の Applications/Utilities/ にコピーするとちゃんと起動した。もう一度 W21T のほうからペアリングをかけると Bluetooth Serial Utility.app でちゃんと認識しました。とりあえずこれで行くか。OS X 10.4 Tiger しか無い場合はどこかでこれを手に入れるしかない。

 あとは DIGI-MAC さんの記事通り、新規で Bluetooth シリアルポートを作成して W21T_Dialup と名前を付けてポートの方向に「送信」を選択、ネットワーク環境設定に表示にチェックを入れポートのタイプをモデムとしてからデバイスの選択ボタンを押すと「W21T」→「Dial-up networking」がちゃんと選択出来ました。あとは システム環境設定 を開けば「新しいポートが検出されました」というダイアログが出るので筋書き通りに進めればもう簡単に接続出来ました。変だなと思うのは PPP タブのパスワードの欄、au とだけ打ち込んだ筈なのにやたらに黒丸の文字数が増えています。しかし接続にはまったく問題有りません。気になるスピードも皆さんが書かれているように体感的には画像の読み込みのちょっとしたトロさくらいでほとんど ADSL に遜色がありません。「速度測定 スピードテスト」によればそれでも速度は 201kbps なのですが。怖いのは通信費だけと言うことになるでしょうが Docomo がこの分野でもう少し競争力を付けて頑張ってくれれば KDDI も価格を下げて来るでしょう。

 しかし一時あれほど Bluetooth に熱を入れたのにどうしたのでしょうかねぇ Apple。端末側もシェアの低い Mac に正式に対応しているわけではなく利用するには少々スキルが必要だし、確かに PowerBook で Bluettoth を使ってネットに接続するのは極少数のオタクかマニアだけかも知れません。しかし一度搭載した機能をなにも中止しなくてもと思います。ネットの情報を当たると正式には Mac に対応していない BoA 様携帯・東芝 W21T ですがいろいろと活用するワザはあるようです。iSync を使って iCal との連携もとれるみたいだし、よほど長距離の旅行でも無い限り iPod も Shuffle を買おうかなと思っていた僕には W21T は毎日の通勤ルート程度の短時間では iPod Shuffle の代役も勤まりそうです。