KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

ベルクソンもあの世で苦笑しているよ、きっと

石原さんの純粋持続ってどうなのよ

f:id:lovelovebear:20080106145834g:imageおはようございます。今日は荏原さんのところから。80 が 4 っつの 20 (quatre-vingt) だからフランス人は数学に弱いと以前にフランスからヒンシュクを買った石原知事だけどまたやらかしてくれた模様。今のフランス中のベルクソンのファンは怒っている場合じゃないだろうけどさ。シャレにならんででしょうに、これじゃいくらなんでも!法華経の解説本も書いてんだからさぁ。僕は石原の法華経本、関心もなくて読んでないけどさぁ、まさかこの経を授持受持すると配当があるとか書いていなかったですか?→読まれた方。フランス人が数字に弱いなら石原は頭が弱いのか?『事象の波動を辿る真に直感的な』(*1)な人とはほど遠いですなぁ。どうせ引用するならもう少しベルクソンを読んでからにしろっ!つーの。『世界が実際に一つかどうか』わからないのに『世界の全体的統一を定義したり叙述したりするところからは始め」ちゃうような人だからなぁ、石原さんは。ベルクソンもあの世で苦笑しているよ、きっと。

司会者が「黒田慶樹さま、清子さま、おめでとうございます」と告げたのを合図にシャンパンが注がれ、乾杯に。音頭をとった東京都の石原慎太郎知事は、信仰と結婚は本質が賭けという点で似ている、とのフランスの哲学者ベルクソンの言葉をひき、「これぞという男女と契りを結ぶのも賭け。お二人の賭けの大きな配当に国民がご相伴させていただくことを期待します」とあいさつ。それまで正面の席にいた新郎新婦はメーンテーブルに移り、和やかな懇談が続いた。

2人の門出 乾杯 : 紀宮さま結婚 : 皇室 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より抜粋

PS:「授持」は「受持」の誤変換でしょうと荏原さんからご指摘をいただいた。感謝。

元記事(ngp-mac.com/kumarin)へのコメント

��僕はTvっ子僕はTvっ子 2005/11/18 22:19 type »Trackback

石原慎太郎「結婚はバクチ、当たればオレも配当を貰いたい!?」


ベルクソンの言葉であったかどうか定かではないが、信仰と結婚は本質的に似ている。その原理は一種の賭けだ」と天照大神の子孫である天皇陛下の前で不敬な暴言を吐き、「都庁幹…

LeoLeo 2005/11/23 22:19

あまり関係ないですが、石原慎太郎氏は若いときは結構挑戦的な方だったのですね。

今でも挑戦的(挑発的)かな?


石原慎太郎氏の南米1万キロ横断

http://www.ne.jp/asahi/rabbit-house/yamada/ishihara.htm


太陽の季節

http://www.ishihara-pro.co.jp/ac/ishihara/i_movie/mo_1.htm

*1:エントリ内の『』は アンリベルクソン哲学の方法 -- 思想と動くもの lll -- 河野和訳)』岩波書店 ISBN 4003364546 1998-09 からけっこうベルクソンの主張のポイントと思われるところを抜粋。