KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

PowerBook G4 15.2 inch

もたげる物欲

 物欲にそそのかされて秋葉館PowerBook G4 を購入。15.2 inchの1.5 GHzの中古。USキーボード付でドライブもスーパードライブに換装してあったので決めた。メモリを 1.5GB に増設して液晶保護フィルムとリストガードをいれて 200k 弱の散財で Mac Book Pro じゃないところがミソ。実際 Mac Book Pro にはずいぶん食指を動かされたけど Altevec を生かしたアプリが軒並み対応せず Rosetta 上で Altevec ネイティブコードの実行が PowerPC の3倍から4倍かかるのは致命傷。エーアンドエーは VectorWorks の新バージョン v.12 は Rosetta では問題が起こるので使わないでくれと言うし ATOK は次のバージョンまで対応しないというのが Mac Book Pro を見送った理由。本来なら Mac Book Pro の新品を Educaton 価格でというのが理想だったんだけどね。

 今つかっている PB G4 1GHz 12inch もノートとしての性能に不満があるわけじゃないけど 1024 × 768 の画面にはちょっと疲れてきたし、物欲が激しい僕としては Mac Book Pro の登場でどうにも新しいノートが欲しいという物欲をとめることが出なかったのだ(笑)。ブッダは根本的生存欲を制して物欲を捨て去ることで苦しみから開放されたけど僕の場合は一生懸命働いて物欲を満たすことで苦しみからいちじてきに逃れているわけだな。これはまさしく苦しみの再生産で輪廻的生存を地でいくことに他ならないわけだけど、そいうことができる自分の存在と支えてくれるまわりの人たちに感謝の念を忘れずにその環境に固執しなければそれでもいいんじゃないかと勝手に思っている。

 まぁデータを移行して環境を構築したら(とは言っても今使っているやつを新しいほうに Firewire で接続したらあとは Mac まかせな訳だけど...)さっさと秋葉館に持ち込めば 800k くらいにはなるそうだから使っていない eMac もセットで持ちこめば 1000k は超えるだろうから半分は帰ってくるのだ。とりあえずこれで Altevec に特化されたアプリがIntel Mac ネイティブになるまでの繋ぎにはなるだろう。ノートは痛みが激しいのでこんな感じで2年に一回くらい買いかえると快適に仕事をしながらも意外と経済的なんんだね。