KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

Flip4Mac WMV

Windows メディアファイル *.wmv を QuickTime で再生するコンポーネント

 MSの支援(支配?)を受けた企業がストリーミングのニュース、映画の予告編などを、 Windows Media content (*.wmv)で提供するケースが増えている。かねてから Windows Media content で QuickTime と凌を削ってきた MS のユーザ無視の強引な手法の前に Mac ユーザは なんらかの形で Windows を使わなければ *.wmv ファイルを開くことが出来なかった。上級ユーザーなら Mac 上で VM を走らせてアプリケーションとして Windows を使う方法がある(最近は漸く Intel Mac でなら Windows が boot 出来るようになったが)けれど設定されるヴァーチャルマシンによって Boot 出来る Windows のバージョンが異なってくる Vurtual PC のような VM は初級ユーザーにお手上げだったのも事実だろう。でも Windows Media content を Mac で開きたいというニーズはむしろ初級ユーザーほど高いように思えるんだよね。うちの奥さんの Loire さんもそんなひとりで BoA ちゃまの *.wmv ファイルが開けなくて残念がっていた。

 最近見つけた Telestream の Flip4Mac WMV はそういう問題を一挙に解決してくれる。Windows メディア(R)コンポーネントの Flip4Mac WMV は QuickTime Player と Safari に *.wmv 再生サポート機能を加えてくれる。 いったんインストールすれば、Macユーザは既存の QuickTime アプリケーションから Windowsディアビデオとオーディオをシームレスに再生することが出来る。不思議なのはビデオに関してはファイルを開くまでが少し遅くなったとはいえモーションがオリジナルの Windows Media Plyer よりずうっとスムーズになったことだ。勿論これは技術的な問題というより、メモリへの読み込み量や仮想メモリの展開の仕方などの開発ポリシーの問題だろうがちょっとした配慮でコンピュータがユーザーフレンドリーになる典型的な例かもしれない。 とりあえず今書いたことまではサポートする無料の Flip4Mac Player はいろいろスッタモンダの末らしいけれどなんとマイクロソフトで配布されている。29ドルのプロバージョンは Windowsディアビデオの iPod への書き出し機能やムービーの編集機能も付いている。