KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

調子悪いぞ!Let’s Note

Mac 風カスタマイズが良くないのか

 どうも草臥れてしまって職場近くの喫茶店で生ビールを飲みながら前菜代わりにソーセージを摘んで、注文したパスタを待ちながら書いている。Let's Note が Windows の休止状態からの復帰が調子悪い。Mac 風にインターフェイスをカスタマイズしているのがよくないのかも知れない。とりあえず Object Bar と WiondowBlinds を起動させずに試してみることにする。Windows のスタートメニューはどうも個人的になじまずセンスが好きになれないので IconX だけは起動しておいてスタートメニューを隠す設定にしておけば、必要な時に Fn + WindowsKey で呼び出すことが出来るから別に不自由には思わない。モバイル環境でテキスト、メール、www に限って言えることだが Windows は環境さえ構築すれば Mac より遙かに使いやすい。なにしろマウスやトラックパッドを全く必要としない。あらゆるキーバインドは目の前にきちんと表示されるからマウスでクリックだのタップだのという煩わしい手の動きをしないで済むのだ。絵を描く(当然 CAD も含むが)という作業にマウスはとてもマッチしているが、そういう時以外マウスを動かすという作業ほど煩わしく非効率な作業はないと思う。人間の脳と手がちゃんと対応している証拠だと思うんだね、このことは。だいたい文章を書くのにクリックなんていう動作はクソ食らえ!なのだ。

 Windows を使っていてどうしても気になるのはフォントの美しくないことだが、これとてヒラギノフォントをインストールしておいて標準に使うフォントに設定しておけば、夕方以降の疲れて翳んだ視力にはまるでアンチエイリアッシングされた文字に見えてしまうのでまぁ及第点なのだ。ところでこうしてテキストを叩いて思うことだが Emacs について言えば、とりあえず力でねじ伏せる感の強い PowerMac G5 Dual 2.7GHz をのぞけば Mac より非力なはずのこの Let's Note のほうが遙かにストレスなくテキストを叩くことが出来る。そしてその G5 とてこの Let!s Note と同等程度に過ぎないのだから。日用にはなかなか快適なはずの Let's Note だが Sigmarion 並に Windows の休止機能を持たせてバッテリ消耗を防ごうという松下の企みがどうも旨くいかない。何しろ休止状態の復元より新たにブートした方がずっと早く作業に取りかかれてしまう。もちろんこれは XP でなく 2000 だから故の問題かも知れないが・・・。Windows を疑似 UNIX 的に使うことを前提にすればあらゆるファイルはこまめに保存しているのでデスクトップを以前の状態に復元する必要もないからそれなら作業休止の時にはシャットダウンしておいて使うときにブートすればよいということになるが、思惑通りに商品が動かずユーザーがメーカー推奨以外のオプションを選択することでより使いやすくなるという点が松下らしい間抜けさ露呈していてなかなか楽しい PC ではある。