KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let’s Note CF-R5 の MacBookPro Mini 化計画 III Meadow 3.00

Meadow 3.00 を インストールする

 MUA と話が前後してしまうが Winowsマシンにしろ Mac にしろ新しいマシンを入手したらまず最初にやることがテキストエディタEmacs のインストールということになります。前回の CF-R1 Win2000 は Meadow 2.10 を入れてましたが今回は開発版ではあるけれど活発に開発が進む Meadow 3.0 (GNU EMACS 22.0.50) をインストールすることにしました。Mac 版の方は銭谷さんの Carbon Emacs パッケージGNU EMACS 22.0.90 ですから細かな挙動がちかいんじゃないかと勝手に思ってます。実際こまかな使い勝手は Windows 上のほうがよかったります。

 f:id:lovelovebear:20070526221601j:image:w140 f:id:lovelovebear:20070605105514j:image:w140 f:id:lovelovebear:20070526221559j:image:w140 f:id:lovelovebear:20070526221600j:image:w140

  1. c:/meadow デレクトリから meadow 3.00を起動する。
  2. meadow 3.00 のスプラッシュスクリーン 。
  3. meadow で c:/meadow デレクトリと.emacs.el を見る 。
  4. meadow で編集中のこのエントリ 。

 例えばテキストのキーワードにアンカーを付ける場合などそのキーワードの始めに [ctrl] + [Space] でマークセットしてこんどはキーワードの最後までジャンプして、これが Windows 上なら [Alt] + [F] で目的の位置まで飛んでいってもちゃんとリージョンされるで [ctrl] + [C] + [A] [L] とトントントンとキーを叩いてあげればすすっとアンカーが入るんですけど Mac 上だとダメなんですね。リージョンをマウスでやってあげないと旨くいかない。これってなにか他の方法があるのを僕が知らないだけなんでしょうか?だけどアンカーじゃなくてキル [ctrl] + [W] (Cut) コピー [Alt] + [W] ヤンク [ctrl] + [Y] (Paste) だと旨くいくんで不思議です。

 実際 Emacs の良いところはマウスを使わずにキーの組み合わせで自由にテキスト上を往来できるところですね。その時のキーコンビが WindowsMacLinux も変わらないというところ。Mac はコマンドキーを使って Windows ではコントロールを使うなんていう使い分けがいらない。そしてここ数年はどちらの OS でも ATOK が使えるので JusutSystem の InterNetDisk AtokSync 経由でどちらでもリアルタイムに最新の状態の辞書が使えるということです。これは僕のような職業にはとても便利で有り難いことです。例えば学校の PowerBook で新たに単語登録したものを帰りのバスの中で Let's Note で呼び出せるし、 Let's Note をたたんでしまっても家の PowerMac でも呼び出せるというように。まったく便利になりました。

 Emacs の設定にしてもそうです。Emacs はなかなか奥の深いソフトでファイル操作やデレクトリ操作もできるのでちょとヒマになるとちょこちょこと設定を弄ってみる。.emacs.el という通常は不可視のファイルなんですがコイツを [ctrl] + [X] [ctrl] + [W] で dot.emacs.el とリネームしてこちらは Apple の iDisk に書き込んでおく。それをそれぞれの場所の Win や Mac で呼び出して使います。その .emacs.el なんだけど今回 Meadow 3.00 で面白い現象が起きました。Mac 用と違って Windows 用には IME の呼び出しとヒラギノフォントの設定が書いてあるんですが前回 Meadow 2.10 用に古い方の Let's Note CF-R1 に入れていたものを WinXP のエクスポローラを不可視ファイルも読み書きできるように設定しておいて C:/Meadow に放り込んでおいた。ところが Meadow 3.00 を起動しても反映されないんです。

 Font は MSP ゴシックのままだしサイズは小さいんでおかしいなと思って Meadow 3.00 で読み込むとこのファイルは不可視ファイルだから評価していないようなメッセージが出ました。この .emacs.el を改めて保存するなら Y を、なにもしないなら N を、評価して反映させるなら ! を押せというようなメッセージが出たんで ! を押してみました。そうしてこの原稿を読み込ませると ちゃんと先ほどは fondmental-mode だったのがちゃんと html-helper-mode で読み込んだ。だけどこんどは font-lock-mode にならない。あらためて [Alt] + [X] font-lock-mode とタイプしても disabled でペケ。仕方がないの [Alt] + [X] font [tab] で候補一覧を呼び出して font-lock-mode を選択するとちゃんと反映される。一体何が原因なのかよく分からないけれどもこれで Let's Note CF-R5 でも普通に MeadowEmacs が使えるようになりました。またいろいろ弄ってみるかと思います。