KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小泉内閣の広報費用7億円!?どうしてそんな批判しか出来ないのさ社民党

福島瑞穂は鬼の首も取れいバカ女なのか

 社民党小泉内閣のメルマガ、HP予算が年間7億円強だったことを取り上げ政府主催のタウンミーティングの経費問題とあわせて「小泉人気を支えた過剰な広報予算」と批判しています。批判は大いによろしいと思うし政府自民党が抱える国民に説明できない矛盾をい付いていくのは野党としての使命であるとも言えるし大いにやっていただきたいのだが、果たして社民党のこの議論、政府自民党と対等に渡り合えるだけのレベルに達しているのかはなはだ疑問です。

 7億円の費用が妥当なものかどうかはわかりません。民間の会社は信用やら品質やら他に抜きんでているノウハウやら技術やらを商品原価に付加価値として上乗せして売るのです。スーパーで200円で買ってきた材料で作れるようなハンバーグですら飲食店に行けば 700 円も 800 円も支払わなければなりません。7 億円といえば国民一人あたり7円ですが、今のところ小泉内閣 HP にアクセスしてウイルスに感染したとか、メルマガに登録したらアドレスが外部に漏れてスパムが急激に増えたという話は聞きません。政治家が IT スキルなど高いわけがないのだから民間の専門家に発注するのは当たり前です。社民党のHPは党員が作成していて運営費は年間数十万円程度などと国民の税金で仕事しているはずの政治家が威張っていて恥ずかしくないのでしょうか?個人情報やセキュリティー面でアクセスする人になにかあったらどう責任をとるつもりでしょう。たとえ7億円が過剰予算だとしても自民党の方が責任の取り方をわきまえている様に見えてしまいます。さすがは財源の具体性がないまま平和や福祉を謳う社民党だと思いました。

 社民党はこの自民党政府批判が久しぶりにマスコミに取り上げられたからといって鬼の首を取ったように有頂天で喜んでいる場合ではありません。政府自民党批判のパラダイムがすでに多くの国民から辟易され飽きられていることにどうして気がつかないのでしょう。今回毎日新聞が取り上げたのはきっと社民党の応援ではなく社民党を有頂天にさせてバカなままにしておきたいからだったのでしょうね。辻元清美が「ソーリ、ソーリ、ソーリ」と連発したのをマスコミが面白がって取り上げたのも今から思えばマスコミ操作の上手だった小泉元首相が辻元を有頂天にさせて陥れてしまうようマスコミを操作したのかもしれません。福島瑞穂もせめて議論の上だけでも鬼の首を取っていただきたいものです。