KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田口汎さん 逝去

社会 仏教

安らかにお眠り下さい

 異色の仏教者であり平和主義者、権力ばかりでなく独善に陥りがちな市民運動にも愛情を持ちながらも容赦のない批判を展開した自由人 田口汎 さんが逝去された。東京大学中村元博士に師事し、日蓮宗の僧籍を持ちながらも出版界へと進まれ鈴木健二気くばりのすすめ (〔正〕) (講談社文庫) (asin:4061835858) 』を企画してベストセラーに押し上げたばかりでなく元駒澤大学学長奈良康明博士の『釈尊との対話 (NHKブックス) (asin:4140015543) 』の出版なども手がけ自らも仏像に関する著作を残された。仏教学への博識さは専門の学者に引けを取らないばかりでなく仏像誕生については独特の学説をお持ちで学界を二分するガンダーラ起源説とマトゥラー起源説の対立のなかでマトゥラー起源説を強く推された。

 被爆直後のヒロシマを取材され原水爆問題には並々ならぬ関心を寄せられていた。晩年始められたブログ『何が問題か?What is on mind,now?』では読み応えのある仏教関連の記事のほか非常にバランス感覚に優れた政治問題の記事も執筆され楽しみにしていた読者も多いのではないかと思う。そのブログは 7月17日の『刈羽原発の設計ミス』が遺稿となってしまった。特に【佛教造形論】として取り上げられた仏像マトゥラー起源説の展開が未完に終わってしまったことはわたしとしては残念でならない。ここ数年は健康状態も芳しくなかったご様子でブログの更新も滞りがちでわたし自身も心配だった旨を記している(創価学会・公明党はまだキャスティングボードなのか)。一時は回復されたご様子で JANJAN 時代のわたしの論敵であった奥様ともご旅行を楽しまれたご様子だったが遂に力尽きられた。仏教関係者のわたしたちは直接ではなくたとえ人を介してであれ田口さんの生前の恩を受けているといえる。そしてそのご恩に報いるのは日本仏教の正しい方向性を探り深めていくことだと信じる。享年72才はあまりにお若い。全力疾走で人生を駆け抜けられたのか?心からご冥福をお祈りしたい。

願わくはこの功徳を以て普く一切に施し我ら衆生とともに仏道を成ぜん、南無妙法蓮華経

PS:田口さんのご逝去について何も知らなかったわたしに知らせてくださった元逗子市民さんに心からお礼を申し上げる次第。

さらにPS:このエントリについて田口汎氏の奥様安住るりさんからコメントを戴き、さらに補足の形でご子息の Simon さんから丁寧なメールを頂戴した。内容はわたしの記事中の田口汎さんの業績紹介におけるわたしの田口さんへの誤認のご指摘である。その内容はわたしの誤認を正すとともに田口さんのご生涯についてのわたしの疑問を氷解させるものであった。それを受けて漸くこのエントリの訂正版を掲載した。田口氏のご遺族には改めて感謝の気持ちを表するとともにこういう形で返事が遅れてしまったことを深くお詫びしたいと思う。2007年9月1日くまりん拝

気くばりのすすめ (〔正〕) (講談社文庫)

気くばりのすすめ (〔正〕) (講談社文庫)

釈尊との対話 (NHKブックス)

釈尊との対話 (NHKブックス)

仏像は生きている

仏像は生きている