KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

smc PENTAX FA28mm f2.8

ようやく手に入れた隠れスター28mm

f:id:lovelovebear:20070831005812g:image:right この8月は遊びに行かずに仕事に没頭したかわりに随分とレンズを買い漁った。FA31mm F1.8 AL Limited から始まって MC ZENITAR 16mm F2.8 と Vivitar 28mm F2.8 のペンタックスマウント、そして最後に最近殆ど中古市場やオークションに出回ることのなかった FA28mm f2.8。FA28mm はヤフオクで落札して今日届いた。このレンズが急にタマ不足になったのはなんといってもK100DK10Dのヒットと今までのようなレンズラインナップを維持する体力も無くなってしまったペンタックスがいつの間にか生産ラインから外してしまったこと、3万円を切るような低価格のわりにはメーカーがスターレンズ並みの描写性能がると自負していたことなどいくつかの複合的な要素によるものだろう。FAシリーズ(Star と Limited を除く)ののっぺりとした外観はそれはそれで結構僕は好きだ。すくなくとも絞りリングのない DA シリーズよりはカメラのレンズらしい気がする。

 AFからMFへのシフトがカメラ側での操作しかないのがタマにキズでその点ではFAスターレンズのスライド式フォーカスリングやDAレンズのクイックフォーカスシフトに及ぶべくもない。だが写りの良さと 20mm 28mm 35mm 50mm と自由に組み合わせてポケットに入れてすら持ち運びが出来るサイズと重量も気に入っている。これにFA☆24mm F2.0 と FA31mm F1.8 AL Limited がうちの広角から標準へのペンタ純正レンズのラインナップだがその日の被写体と場所に応じて画角をイメージしながらこのなかから2~3個のレンズの組み合わせを選ぶのも楽しみの一つになっている。写真は画角を決めたらあとはフットワークだ。

    f:id:kumarin:20070831001820j:image:w250 f:id:kumarin:20070831002943j:image:w250

  • 夏の戦果を Leica で撮る。Digilux2 でも 18:9 のアスペクト比で撮れる。K10Dに装着しているのがFA28mm。
  • 左からFA31mm F1.8 AL Limited、 MC ZENITAR 16mm F2.8、FA28mm f2.8、Vivitar 28mm F2.8。FA31mm F1.8 AL Limited が Leica を意識したデザインで MC ZENITAR 16mm もそれに追随、Vivitar 28mm が FAよりまえの A レンズを意識したようなデザインなのに対して FA はいかにものっぺりとして野暮ったい(笑)