KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Intel iMac の画像処理パフォーマンス

Computing & Mobile, OSX

驚くほど進化した iPhoto.appf:id:lovelovebear:20070914102023p:image:right

 Intel Core Duo になって iPhoto のパフォーマンスは非常に上がった。まさしくアップルが豪語するように PowerPC G5 より最大5倍速いを実感出来るシーンである。画像の表示も1万枚を越えるサムネイル画像のスクロールも全くストレスなくこちらの意志通りに動く。まだ試していないがこれならユニバーサルバイナリ化されたペンタックス・フォトブラウザやフォトラボも期待できるかも知れない。G5 の時の iPhoto は Version06 で写真が10000枚を越えたあたりから良く落ちるようになったし、動いていても虹色ホイールがクルクル回って待たされることが多くて写真の管理は Adobe Bridge に移行してしまっていたがなにしろ写真の整理のしやすさや Photoshop に切り替えるまでもないホワイトバランス色温度の調整など写真の微調整での使いやすさなど iPhoto は群を抜いているので惜しい限りであった。それがこの Intel iMac の Version08 ではその操作性に加え現在20000枚弱の写真でもストレス無く動くので嬉しい限りである。

 そこで Rosetta だのみでの Photoshop CS2 では役不足(もちろん G5 マシンならなんの不満もないが)と考え帰りに生協に寄り道すると Photoshop CS3 Extended のアカデミック版がなんと4万円強である。取り寄せと言うことだったので注文してしまった。 Extended は通常の Photoshop CS3 に加えて3Dやモーショングラフィックスの編集、画像解析までを行うことが出来るので学生達と VectorWorks で立体的に再現している古代仏教建築のパースにより表現力を与えることが出来ると注目していたものだ。最近は稟議を上げても実績と結果を上げていかないとなかなか予算も取りにくいし、そもそもジャンルの違うソフトウェアを何故僕の研究室が必要としているかを財務の融通の利かない職員とやり合うのも面倒なのでとりあえず自腹で購入しておくことにした。

 家に帰ってから iMac のセッティング。キーボードはストロークが非常に短くかつ剛性感があってとても使いやすい。今まで使ったキーボードの中でサードパーティーのアップル用を含めてもベストなタッチ、木馬さん風に言うとカミソリタッチとでもいうか?過去最高のキーボードである。テキストの打込も大変に能率が宜しい。今日最初に手をつけたのは IME。G5 や職場の PowerBook では ATOK 2006 を使っていたがユニバーサルバイナリの 2007 を Just My Shop でダウンロード版で購入。変換効率も一段と向上している。そのあと Amazon に注文しておいた音楽CDが届いたので iTunesリッピングしてみたがこちらは期待に反して PowerMac G5 Dual 2.7GHz より明らかに遅く時間がかかった。同じ条件で MacPro ならきっと新しい Intel MacPro の方が速いのだろうが iPhoto のパフォーマンスを実感していたあとだけに残念だが実用上たいした差ではないのでまぁ、いいか。