KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ生活

私のコンピューター遍歴

 以前はキチガイのような Mac 好きでした。いまもMacは好きだし使っていますが用途によっては Windows マシンも併用しています。現在使用しているマシンのOSは Mac OS X Tiger 10.49、Windows XP SP2、これより古い OS が記載されているマシンは納入時の OS ではなく引退時にインストールされていた OS です。 Mac については次期 10.5 Leopard が発表されれば順次アップデートするつもりですが、Windows マシンは下位互換性が良くないしそんなトラブルで時間を取られたくないので今のところ Vista 導入の予定はありません。

製  品  名仕 様 諸 元、特 徴、感 想 な どお気入り度など
f:id:lovelovebear:20070609182947j:image:w100
Apple PowerBookG3 Pismo 500MHz M7633J/A
OS MacOS9.0.4 CPU : PowerPC G3 500MHz 14.1インチ(対角) TFTカラーLCD 1024×768表示 VRAM : ATI RageMobility128 (8MB SDRAM) メモリ : 512 HDD : 12GB DVD-ROMドライブ, 100-T
 闘病生活から社会復帰したときに最初に買った PowerBook。その前のマシンが PowerBook 5300 だったから隔世の感があった。だいいち Mac OS 9 の安定と多機能に驚いたしマシンの品質向上にも驚いた。考えてみれば当然の話で Apple はジョブスの復帰で復調著しくしかも品質管理担当に米軍の将校を抜擢して躍進中だった。しかも Pismo はこのシリーズ最後のラインでいろいろ改良されていたのだ。第三世代の PowerPC は圧倒的にスピードを感じさせたしその頃までには殆ど PowerPC ネィティブに書き換えられたソフトウェアも快適で改めてマッキントッシュの使い易さにニンマリした。しかしノートとは言っても重いデカイのマシンで持ち歩くのはたまに必要な時に限定された。モバイル時にどうやってネットに接続していたのか記憶にない。というのもこれを買った1年後にはモバイル用として iBook Dual USB を買ってしまったのもあって、そのうち殆ど職場に起きっぱなしにしたあげくにファイルサーバーにしてしまったから。液晶の寿命が意外に早くやってきて職場を移るときに処分してしまった。
☆☆☆☆★
¥300,000.-
ビッグカメラ渋谷店
2000.6~2002.7
売却
f:id:lovelovebear:20070609183003j:image:w100
Apple PowerMacG4 Cube 450MHz M7642J/A
OS Mac OSX 10.3 Panther CPU : 450MHz PowerPC G4 (ソネットテクノロジーの 800MHz CPUカードに換装) 1MB:バックサイド二次キャッシュ VRAM : ATI RAGE 128 Pro (ATI RADEON 8500 32MB に換装) メモリ : PC100 準拠 SDRAM 実装1024MB HDD : 20GB / Ultra ATA/66 (80GB に換装) DVD-ROM ドライブ, 1000BASE-T Ethernet
 PowerBook G3 Pismo と 初代 iMac だけだった我が家にとって初の PowerPC 搭載 タワー型デスクチップマシン。最初の2年はメモリ増設と冷却ファンの増設程度だったがデザインコンセプトからサイズから気に入ってどうしても無骨なポリタンク G4 に物欲が涌かず、CPU や ビデオカード、HDD のアップデートを繰り返しながらメインマシンとして 2003/09 まで使った。その後 NGP サーバー立ち上げにサーバーマシンとして使い、2003/12 に PM G4 Dual 1.25 に Web サーバーの座は譲ったものの、PM G4 に Mac OS X Server をインストールする4月まではメールサーバーマシンとして使う。その後やく1年ほど家人が使うが発熱の為にグラフィックカードPCI スロットの調子がおかしく(ディスプレイのUSBが使えなくなる)なり eMac 1GHz とチェンジしてしばらく休養。なんとか生かす方法はないものかと思案しその後修理を試み今度はグラフィックカードを冷却ファン付きの RADEON 8500 に換装し、焼き切れた接点を復旧することで USB も復活。満身創痍のままこんどは初代「くまりんが見てた!」の Web サーバーマシンとして復活を果たした。ファンの埃取り、放熱グリスの塗布などメンテはこまめに掛け、さらに放熱のためにDVD-ROM ドライブ を撤去するなどして約2年間働いてくれた。しかし2006/02 に遂に熱暴走してダウン。二度と起動することなくして引退。美しいデザインに思い入れのある筐体をジャンク品として売り飛ばすのに忍びなく現在はよく使う仏教研究書関連のブックエンドとして我が書斎のエレクターシェルフの上に鎮座している。
☆☆☆☆☆
¥168,000.-
さくらや渋谷店
2000.11~2006.02
静態保存
f:id:lovelovebear:20070609183124j:image:w100
Apple
iMac Indigo 350MHz M7469J/A
OS Mac OSX 10.3 Panther CPU : 350MHz PowerPC G3 メモリ : PC100 準拠 SDRAM 実装512MB HDD : 6GB / Ultra ATA/66 (20GB に換装) CD-ROM ドライブ
 G4 Cube のサブマシンとして購入。最初の OS はたしか 9.04 で意外に快適だったことを覚えている。可もなく不可もなくなんて書いたらいいかわからないコンピュータ。巷でいわれるようにデザインはかわいらしくこのシリーズのヒットがアップルの救世主になったんだね。OS X 10.2 Jaguar が出たときにインストールしてついでにメモリも増設し 768MB にしたら OS X でも結構使えた。多分メールとネットで Adobe や VectorWorks などはクラシック環境で使っていたからなんじゃないかと思う。その後 10.3 Panther にアップデートして家人が使っていたが画面の狭さ(1024×768)くらいしか不満は出なかったように思う。
☆☆☆★★
¥98,000.-
さくらや渋谷店
2000.12~
家人の実家へ嫁入り
f:id:lovelovebear:20070609183517j:image:w100
Apple
iBook500 DualUSB 500MHz M8520J/A
OS Mac OSX 10.3 Panther CPU : PowerPC G3 500MHz 256KBオンチップ二次キャッシュ 12.1インチ(対角) TFTカラーLCD 1024×768表示 VRAM : ATI RageMobility128 メモリ : 576MB HDD : 10GB/UltraATA CD-ROMドライブ, 100-T
 旧 PowerBook 2400 並の小型軽量を実現した第二世代 iBook が発表されて PBG3 2000 Pismo のデカさと重さに諦めていたモバイルコンピューティングを再開すべく直ぐに購入。たしか TDK かなにかの USB ケーブルで au 携帯電話をモデムに使ってネットに接続した。OS は 9.1 だったと思うが OS X 10.1 のインストール CD も付属していたので試運転がてら X もインストールし OS 9 と OS X のダブルブート可能なマシンに仕立てたものの X 10.1 は殆ど実用にはならず OS X 10.2 Jaguar が出るまでは殆ど 9.1 を走らせた。現地調査などでデータ入力に頻繁に持ち出していたがまだその頃も OS9 だったと思う。ただ 10.1 で起動しては BSD のデレクトリ構造などを眺めて UNIX 系雑誌 BSD マガジンなどと照らし合わせながら将来に備えた。10.2 Jaguar 発表後は本格的に OS X に切り替え EmacsX86Fink などUNIX系ソフトウェアをインストールして試した。X86 上では良くギャラカで遊んだのを覚えている。色々遊んだのはソフトばかりでなく HDD の換装なども危険を顧みずに自分でやった。頻繁に携帯しモバイルに酷使したせいか最後の頃はポリカーボネートの筐体にヘアクラックのような傷が沢山ついてしまった。ほぼ3年間、仕事にプライベートに大活躍のマシンだった。
☆☆☆☆★
¥158,000.-
ビッグカメラ池袋店
2001.6~2004.4
売却
f:id:lovelovebear:20070609182605j:image:w100
Apple
eMac 1GHz M8950J/A
OS Mac OSX 10.3 Panther CPU : 1GHz PowerPC G4 VRAM : Radeon 7500 メモリ : 128M 差し替え 512MB 増設+512MB 計1024MB HDD : 60GB ComboDrive, 100-T
 1GHz越の初マシンでもありその速さに感動したことを覚えている。職場で使用、ウェブとメール、仕事の為の資料作りに主にテキスト入力およびデータベース管理。調査、研究の為のデジタル写真管理。2004.7には PowerBook G4 1G 12.1" にその座を完全に譲った後、自宅に持ち帰りしばらく家人が使っていたが 2005.3 には予備マシンとなり2006.3に売却
☆☆☆★★
¥110,000.-
SofMap町田店
2003.6~2006.3
売却
f:id:lovelovebear:20070609183426j:image:w100
Apple PowerMacG4 1.25G Dual M8840J/A
OS Mac OSX Server 10.3 Panther Server CPU : デュアル1.25GHz PowerPC G4 3次キャッシュ: 1MB VRAM : ATI RADEON 9000 PRO 64MB メモリ : PC2100対応DDR 実装1024MB HDD : 80GB / Ultra ATA/100 CD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ, 1000BASE-T Ethernet
 PowerMacG4 Cube の後継機として導入。ポリタンク PMG4 の最終型(実はこのあと市場の要望から OS9 起動が出来る M9309JA が日本市場に投入される)。このコンピュータはあまり使っていて気持ちが良い思い出はない。わが家初のデュアル CPU だったからたしか iTunes の CD からの音楽ファイルリッピングや、デジカメから iPhoto で画像を取り込む速度に感動したくらい。 このころは OSX 上で夢中になって UNIX ソフトを展開したり XWindows を走らせたりしていたころだ。 XWindows 上でギャラカで良く遊んだことを覚えている。9月のあたまに購入して12月には PMG5 1.8 Dual の導入と共に NGP サーバー機に転用してしまったからメイン機として使ったのは3ヶ月弱と言うことになる。サーバーとしてはクライアント用の MacOS X Panther ではなく始めて Mac OSX Server 10.3 を導入した。途中で PCI スロットに シリアル-ATA カードを差し込み HDD S-ATA 120GB ×2 に換装しソフトウェア で ミラーRAID を実現して運用した。2005.07 に PMG5 1.8 Dual にサーバーの座を譲るまでたまにファン廻りの埃の清掃をするくらいで故障もなく手が掛からなかった。ただ台所の排気ファンのようにうるさいファンの音だけが強く印象に残っている。
☆★★★★
¥128,000.-
SofMap町田店
2003.09~2005.07
売却
f:id:lovelovebear:20070609181523j:image:w100
Apple PowerMacG5 1.8G Dual M9393J/A
OS Mac OSX Server 10.39 Panther Server CPU : デュアル1.8GHz PowerPC G5 二次キャッシュ: 512KB フロントサイド・バス:900MHz VRAM : Radeon 9600 Pro 64MB(BTO Option) メモリ : PC3200 (400MHz) 実装1024MB HDD : 160GB × 2 SuperDrive, Gigabit AMEx
 PowerMacG4 1.2G Dual の後継機として導入。そのポリタンク PMG4 から基本設計を一新したパーソナルコンピュータの名機。厚みのあるアルミ研磨の筐体による存在感と高級感は所有する喜びも喚起する。自宅のメインマシンとして使っていたが 2005.3 に Apple による Mac への Intel チップ搭載のアナウンスを聞いて PMG5 2.7G Dual を急遽導入したため現在は NGP サーバーマシンとして Mac OSX Server 10.3 をインストールして運用中。ウェブサーバー程度の負荷だとマシンはいたって静かである。
☆☆☆☆★
¥299,800.-
AppleStore
2003.12~
f:id:lovelovebear:20070609183057j:image:w100
Apple PowerBookG4 1GHz M9007J/A
OS Mac OSX 10.4 Tiger CPU : 1GHz PowerPC G4 12.1"TFT 液晶 VRAM : GeForce FX Go 5200 メモリ : 256MB 増設+512MB HDD : 40GB ComboDrive, 100-T USキーボード
 職場使用とモバイルに毎日持ち歩いていた。設計コンセプトは PB 2400 の後継とも言える B5 サイズの当時としては軽量マシン。Bluetooth が搭載されてケーブル接続をせずに au 携帯電話を介して高速インターネット接続が出来るようになった。ウェブとメール、仕事の為の資料作りに主にテキスト入力およびデータベース管理。調査、研究の為のデジタル写真管理。その分傷みも激しかった。モバイルマシンとしては iBook 500 Dual USB の後継、職場用としては eMac 1GHz の後継で2台分の仕事をこなしたうち的には大活躍のマシン。2006.4に Panasonic Let's Note CF-R1 と PowerBook G4 1.5G 15.2" にその座を譲り退役。
☆☆☆☆★
¥152,000.-
ヨドバシ町田店
2004.4~2006.4
売却
f:id:lovelovebear:20070609181523j:image:w100
Apple PowerMacG5 2.7G Dual M9749J/A
OS Mac OSX 10.49 Tiger CPU : デュアル2.7GHz PowerPC G5 二次キャッシュ: 512KB フロントサイド・バス:1.35GHz VRAM : Radeon 9650 メモリ : PC3200 (400MHz) 実装2048MB HDD : 250GB × 2 SuperDrive, Gigabit AMEx
 自宅で使用。PowerMacG5 1.8G Dual の後継機として導入。以前のポリタンク PMG4 から基本設計を一新したパーソナルコンピュータの名機。厚みのあるアルミ研磨の筐体による存在感と高級感は所有する喜びも喚起する。その基本設計の良さは 2.7GHz を越える Dual CPU でいよいよ生きて来たと思う。 2005.3 に Apple による Mac への Intel チップ搭載のアナウンスを聞いて 68k から PowerPC への移行期の混乱が思い起こされそれならば最高峰の PowerPC マシンをということで急遽購入した。ところがその後 Power Mac G5 Quad 2.5G が発表されて orz だったがまぁ向こうは 2.5G と割り切ることにしたら気にならなくなった。ウェブとメール、iTunes でオーディオ、たまに DVD プレイヤーとしても使用。デジタル写真の管理用にも使っていて付属の iPhoto 5 はペケだが Adobe Bridge と Photo shop Element 5 Pentax Photo Browser を使用。複数ファイルのパッチ処理や CD からの音楽のリッピングなど2年前のモデルだが速度にまるで不満はない。なにより Adobe Systems はデザイン、画像系のソフトウェアを走らせるマシンとしては今だに(2007.5現在)Intel チップ搭載マシンより PowerPC G5 マシンを推奨している。
☆☆☆☆☆
¥335,095.-
秋葉館
2005.7~2007.9
売却
f:id:lovelovebear:20070609182926j:image:w100
松下
Let’s Note pro CF-R1
OS Windows2000 SP4 CPU : Mobile Pentium 866MHz メモリ : 実装512MB HDD : 10GB BrueTooth通信 IBS CFBT02I カード
 自腹で購入した初めての Windows マシン。松下らしいオリジナリティー溢れる小型軽量に特化したマシンである。最初は Docomo の Forma に加入し P2403 通信カードを装着してモバイル体制に望んだが Forma のあまりの通信速度の遅さにあきれ果て1ヶ月で解約してしまった。その後 SD カードスロットには IBS の CFBT02I BrueTooth通信 カードを差し込み au の BrueTooth 搭載携帯端末 W21TPowerBook G4 と無線共有モデムとしてネット接続を行うようにした。au の速度は Docomo に比べれば圧倒的で Docomo ももう少し真面目に高速ネット通信に取り組んでもらいたい。au の Packet Win は速いばかりでなく W21T をポケットや鞄に突っ込んだままネットへ接続できるので大変快適である。ただしこのマシンには残念ながら無線LANが搭載されていなかったので バッファローのUSB接続のアンテナタイプをボディーに両面テープで貼り付けて使うことになった。Windows 2000 は学校で支給されている XP マシンより遥かに軽快で OpenOfice と Emacs をインストールして外出先で仕事の残りを片付けたり一連のネットでの作業など快適なモバイルマシンだった。半年間お出かけの友として愛用してきた本機だったが au Music Port が使いたいばかりに OS を 2000 から XP にアップデートした。大きな声では言えないが秋葉の自転車屋さんで買った OEM の XP はかなり順調にインストール出来たし、やや非力かと思われた Mobile Pentium 866MHz もそれほど気にならず au Music Port もサクサク動くばかりか一連の MacBookPro Mini 化計画でやったように Window Blind などをインストールして Mac 風に使ってもそんなに動作が遅くなることもなかった。ところが PC カードスロットと SD カードをどうやっても認識しないのである。SD は未だあきらめがつくとしても PC カードはどうしようもない。なにしろBrueTooth IBS CFBT02I カードがまったく使えないのだ。 SofMap の店員さんの話だと買い換えを促すためもあってか松下がこの機種用の XP 用の PCカードドライバを提供しないんだそうな。ハード・ソフト双方を自社でデッチあげる Apple ならこんなこともないのだろうが Windows PC の世界じゃ仕方がない。なにしろ Let’s Note pro CF-R1 は標準添付の OS 以外での動作保証をしていない。パーツもソフトも寄せ集めの Win PC の世界。製品のトラブル対応で手一杯というのが本音だろう。しかたがないのでもろもろのAplication データを PowerMac G5 に転送してからリカバリーでディスクの消去と Win2000 の再インストールをして新宿の SofMap へ持っていって買い取って貰いその足でこの5月に出てニューモデルが出たばかりに値の落ちていた Intel Core Solo 1.06GHz 搭載の CF-R5KW4AXR を購入。我が家の初代 Win マシンは僅か半年でその役目を終えることになった。
☆☆☆★★
¥68,000.-
SofMap町田店
2006.4~2006.11
売却
f:id:lovelovebear:20070609184353j:image:w100
Apple PowerBookG4 1.5GHz M9422J/A
OS Mac OSX 10.49 Tiger CPU : 1.5GHz PowerPC G4 15.2"TFT 液晶 64VRAM メモリ : PC2700(333MHz)DDR SDRAM 512MB 増設 +1024MB HDD : 80GB Ultra ATA/100 4,200rpm SuperDrive, Gigabit AMEx USキーボード
 職場で使用中、ウェブとメール、仕事の為の資料作りに主にテキスト入力およびデータベース管理。調査、研究の為のデジタル写真管理。メモリソケットの上段を認識しない不良品だが Apple のサポート対象になっていないのでそのまま継続使用。たまに画像なども扱うが下段の 1GB のみでまぁ充分と言えば充分。
☆☆☆★★
¥168,000.-
秋葉館 中古
2006.4~
f:id:lovelovebear:20070609182836j:image:w100
松下
Let's note LIGHT CF-R5
OS WindowsXP SP2 CPU : Intel Core Solo の 1.06GHz メモリ : 512MB + 増設512MB 実装 1GB HDD : 60GB BrueTooth通信 IBS CFBT02I カード
 半年間お出かけの友として愛用してきた PanasonicLet’s Note pro CF-R1の後継機として購入。ウェブブラウザに Mozilla FireFoxIMEATOK 2006、テキストやウェブ用にヒラギノフォントを入れて MUA も先代 CF-R1 同様に Mozilla Thunderbird を入れる。テキストエディタEmacs には今回開発版ではあるが活発に開発が進む Meadow 3.0 (GNU EMACS 22.0.50) をインストールする。標準装備の内蔵無線LANとBrueTooth通信 IBS CFBT02I カードと合わせて今のところこれ以上のモバイルマシンは見あたらない。
☆☆☆☆★
¥16,0000.-
SofMap新宿店
2006.11~
f:id:lovelovebear:20070829205645j:image:w100
Apple iMac 2.8GHz
OS Mac OSX 10.4.10 Tiger CPU : 2.8GHz Intel Core 2 Extreme 24"TFT1920×1200px液晶 ATI Radeon HD 2600 PRO メモリ : 3GB 667MHz DDR2 SDRAM (うち増設 +2GB) HDD : 320GB Serial ATA Drive SuperDrive USキーボード
 PM G5 Dual 2.7 の後継機として導入。メモリはソフで2GBバルクを18kでゲットできた。自宅使用なのでメインは iPhotoPhotoshop CS3 での写真の処理。デジタル画像の他に M3 のネガを Epson フィルムスキャナー F-3200 で取り込んでいる。Apple の言う5倍速いは画像処理でたしかに実感できる。Intel Core Duo になって iPhoto のパフォーマンスは非常に上がった。画像の表示も1万枚を越えるサムネイル画像のスクロールも全くストレスなくこちらの意志通りに動く。PhotoShop CS3 の自動処理スクリプトの実行速度にも驚いた。複数スクリプトを組み合わせて 3MB 近い画像を数10枚自動処理するスピードである。いくら最新の iMac CoreDuo 2.8GHz と言ってもプロセッサは一つである。理論上は 2.7GHz のプロセッサを2個積んでいる PowerMac G5 Dual 2.7 の方がどう考えても速いはずである。しかし実際体感上のスピードは iMac CoreDuo 2.8GHz のほうが同じ条件でもほぼ半分程度の時間で済んでしまう。うちのような写真の編集作業ていどならもはやプロ用の MacPro は必要ない。その他はネット、iPodの管理くらいである。スペースを取らないオールインワンの筐体もアルミ削り出しのような質感も気に入ったが特筆すべきはキーボード、ストロークが非常に短くかつ剛性感があってとても使いやすいタッチでそれを含めて過去最高の Mac だと思う。
☆☆☆☆☆
¥260,000.-
AppleStore BTO
2007.9~