KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

楔家 ビストロスタイル日本料理

久々に楔家(くさびや)にいってきました

 昨日は奥さんが実家から帰ってきたので夜は待ち合わせてそのまま楔家へ。この店もまぁうちから二駅程度なので殆ど地元と言って良い場所。価格的にはフレンチの安いビストロ程度でも最近はやりの創作料理の店より料理の質は遥かに高い。まったくの日本料理なのだが食べ方や組み合わせは自由で居酒屋スタイル、むしろ日本料理版ビストロと言ったイメージ。

 f:id:kumarin:20071003003109j:image:h90 f:id:kumarin:20071001204959j:image:h90 f:id:kumarin:20071003003111j:image:h90 f:id:kumarin:20071003003113j:image:h90 f:id:kumarin:20071001214047j:image:h90

  • 楔家入口。M6 + SUMMICRON M35mm F2.0 1/60秒 開放。コダック BW400CN
  • サワラの兜焼き。D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/20秒 開放。
  • SIENI 2006 シャルドネマールボロ。M6 + SUMMARIT L50mm F1.5 1/30秒 開放。コダック BW400CN
  • ワインの手前が幻の魚「アラの兜煮」。M6 + SUMMARIT L50mm F1.5 1/30秒 開放。コダック BW400CN
  • '05 シャトー・ジレ。D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/6秒 開放。D-LUX2 の Elmarit は接写だとデイストーションが凄すぎる。こういうアングルの写真には向かない(笑)

 食べたのは「鯵と烏賊のお造り」通常はめったに手に入らないため幻の魚とも言われる「アラの兜煮」「サワラの兜焼き」「スモーク盛り合わせ」〆に「ちりめんごはん」。その間呑んだたワインはニュージーランドのSIENI 社の 2006 シャルドネマールボロ と '05 シャトー・ジレ。シャルドネはしっかりと引き締まった酸と甘みを感じさせるフルーティーさを併せ持ったバランスの良いワイン。ジレはまぁ良くも悪くもよくあるエレガントなボルドーでした。最後にこの楔家さんが今度はお寿司屋さんをオープンするそうです。招待状を戴いて帰ってきました。

 f:id:kumarin:20071001212622j:image:h90 f:id:kumarin:20071001211326j:image:h90 f:id:kumarin:20071003003115j:image:h90 f:id:kumarin:20071001220621j:image:h90 f:id:kumarin:20071001222621j:image:h90

  • 店内、カウンターを臨む。D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/5秒 開放。
  • 同じく店内のシンボル照明。D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/4秒 開放。画面周辺部がかなり歪んでいるけどこんなだったけ?
  • こちらは店内の花台にある生け花。M6 + SUMMARIT L50mm F1.5 1/15秒 開放。コダック BW400CN。 この SUMMARIT L50mm は被写体方向に例え小さくても照明などがあればフレアが出る。この写真も花台よりやや上からフレアが僅かだが大きく円を描いて広がっている。ライカ使いはこの特性を掴んで作画に活かすのだそうだから頑張らなくちゃなぁ。
  • 〆のちりめんごはん。D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/30秒 f4 38mm(35mm conversioned)ストロボ仕様。
  • お茶とデザートのきなこもち。これはもう少し離れて M6 で撮ってみたかったがフィルムがちょうど無くなった(^^ゞ D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm F2.8 1/6秒 f3.2 42mm(35mm conversioned)。