KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pentaxよ、何処へ行く?

社会

遂に終焉を迎えるメーカーとしてのペンタックス

f:id:kumarin:20071030115043j:image:w600

La Terre Sacree: M6 + SUMMARIT 50mm F1.5 1/30sec f/2.0 ILFORD XP2 Super400

  • PENTAX FORUM に活気があったのは何となく嬉しかった。今後のペンタックスがどうなってしまうのかはHOYAの企業論理が優先されるのは致し方ないとしてもカメラもメガネもユーザーが比較的長期間にわたって使い製造元や販売元のサポートを必要とする商品という意味では共通点がある。少なくともユーザーの利益を損なわないように振る舞うのがHOYAに求められる企業倫理だと思う。ペンタックスとそのユーザーの利益についてはHOYAの見識にのみかかっていると言えよう。

ペンタックス吸収合併 新会社は「HOYA」- ITmediaニュース

 いよいよペンタクスがHOYAの子会社から吸収合弁されてHOYAの一部門になる。メガネ屋にとってさしたる興味の対象ではなっかたカメラ部門がどうなっていくのかが不透明だ。まだHOYAの意志が貫徹されるまえのこの半年のペンタクスは SDM 内蔵の DA☆レンズに象徴されるレンズロードマップ見られるようにヒットした K100DK10D を軸にした出荷台数、売り上げにかじりついてなんとかHOYAに対して意地を見せてきたように思える。

 実は先日久しぶりにペンタックスファンの聖地、新宿は PENTAX FORUM に行ってきた。目的はこの夏からラインに乗っているSDM内蔵の DA☆ レンズの感触を確かめるためだ(笑) 。SDカードを持っていって写真を撮って来てしまうという手もあった。がそこまではせずに SDM搭載で合焦速度が今までのペンタックスAFに比べて格段に速くなったことを確認しれきた。DA☆ 16-50mm、50-135mm 双方とも焦点距離を変えてはAF合焦、ズームしてはAF合焦を繰り返してみたが測距点をスポットにさえしておけばAFが迷うこともなくスウッと合焦する。店頭でしか触ったことはないがキャノンの EOS 1D、 EOS 5Dにひけを取らないくらいの体感速度だ。FA☆にもない大進化。これには拍手を送りたい。

 個人的には合焦速度が速いというだけで APS-Cイメージサークルしか持たない大きくて重いズームレンズに10万円を出そうとも思わないし、このスペックは僕の写真生活に必要なものとも思われないから食指は動かない。ただ合焦速度が速いと言うことは一般的には写真の可能性を速くなった分だけ広げることになる。これは K100DK10D のユーザーには歓迎されるに違いない。そして確かにカメラグランプリを受賞した K10D は良いカメラだと思う。だけど僕はこの路線にペンタックスのオリジナリティーを感じない。この路線は、ペンタックスの他の美点・銘玉と誉れ高い smc-PENTAX レンズとプロにも認められた 645 シリーズ等をサポートするマニュファクチャリングな製品ロードマップが見えてこない限り貧乏人の為のニコン、キャノンの後追い路線であり飛躍的な売上高と収益の確保どころかいつか売り上げの頭打ちはくるだろう。

 だからといってメガネ屋からすっかり投資ファンドになってしまったHOYAにとってはマニュファクチャリングなペンタックスなど余計に歓迎されないに違いない。そんなお荷物なカメラ部門なんかさっさとやめてしまいたいのだろうからペンタックスがコケて貰ったほうが助かるのがメガネ屋のホンネかな。それならいっそのことどんどんダメになって中途半端な電気屋あたりには見向きもくれないくらい企業価値が下がった方がいいよ。ペンタックスブランドが地に落ちてコシナあたりに買って貰らえるくらい売却金額が下がった方がいいかも。

 ここからは妄想も良いところだがコシナに身売りされたペンタックスは朝日フレックスだのK1000だのLXなんぞを復刻する。それもこの間のニコンSPのように古い使いにくいと言われた部分まで復刻するんじゃなくライカMPのようにモダンな復刻でね。そしてフォクトレンダやツアィスイコンのようにコシナが食べていけるだけの細々とした部門として生き残ってくれればいい。あくまでも僕の私見だけれどカメラなんて手に馴染めばあとはレンズが生かせればいいんだ。写真を撮るのに重要なのは撮影者の眼とレンズが一体になれるってこと。カメラはその媒介として撮影者が所有して嬉しく撮影して心地よく出来れば良いんだからね。

 まぁ別にこんな妄想は別として往年の銘玉は機械式のアコースティックなカメラがあればいくらでも活きる。でもデジカメと小さなイメージサークルに特化したDAレンズはそうは行かない。ペンタックスデジタル一眼が無ければ菜っ葉の肥やしにもならん。こりゃ時期を誤らないようにK10DとDAレンズ群は処分かもね。