KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなさん、ありがとうございます

よりよい未来をこの手でたぐり寄せることが出来ますように

Northern European town

Northern European town : M6 + ELMARIT 28mm F2.8 1sec. f/8.0 ILFORD XP2 Super400

  • とんがった屋根といつまでも地平線当たりが薄ら白い夜空がまるで北欧の街を思わせるここはどこだかは秘密。写真なんてそれで良いのだ。奇しくも昨日のエントリにみっきーさんがコメントしてくれたようにこのブログは様々な写真を介してフィクションとノンフィクションの間を行ったり来たりしている。写真に託す夢は見えるように見れば良いんじゃないかと思っている。

 身体の精密検査の結果と食事制限のことを書いたらこちらへコメントを下さった方を含めて予想以上に反響があって驚いています。ミクシ内のコメントやメッセージ、他にもメールやお電話を下さる方もいらして、改めてみなさま有り難うございます。特に個別のメッセージやメールを下さった方にはまだまだ返事を差し上げきれておりません。反応しないわけではなくて追いついていないだけなのでとりあえずこちらで感謝の意を表させていただきます<m(__)m>

 実際身体の具合は全然悪いというわけではなく、疲れが取れにくくなったことや、多少の耳鳴り、そして直ぐに眠くなることを除けばそれほど日常生活に支障をきたしているわけではありません。食事や飲酒制限は最初はちょっとつらいと思いましたが始めてみればこれもなかなか楽しいものです。ぐるなびのほうに食事制限日記を書いているとおりですが油を使わずに薄味で調理して食べるということは最初は僧堂時代よりも味気ないと思いました。しかし細心の注意を払って食材と向かい合ってみれば、コクと円やかさに慣れきった味覚では想像もしなかった、ほのかなそれでいて力強い自然の恵みをか感じることが出来るようになります。

 まったく人間というものは勝手なもので、そういう出会いがあればこれも病気のおかげと病気を受け入れられるから不思議です。なんとも頼りない自分の人生の時間の先頭を走っているのはこれまた自分自身であり、その自分を捕まえてみようとするとほんの僅かばかり過去の自分は捕まえることが出来るものの、即今、此処の自分は自分の視線をするりとくぐり抜けて背後に廻り捕まえたと思った自分は既に過去の自分なのです。

 だったら、もう即今、此処の自分などないと諦めて、そんなものを追いかけようとせずに、自分の積み重ねてきた罪業の数々、のしかかるように迫ってくる過去を注意深く吟味参照してよりよい未来をこの手でたぐり寄せることが出来るように、いつもいつも本の僅かばかりの自分で認識できる過去の自己を軌道修正しながら、なんだ、やっぱり三世はあるじゃないかと時間の先頭を歩み続けたいと思います。

 なにかの縁でここを読んで下さっている全てのみなさまがよりよい未来をたぐり寄せ幸せが訪れますように。

♪BGM while writing