KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

鳩も愛を語る?

カメラを向けると逃げるように去ってしまった…

Whisper of love

Whisper of love : M6 + TERLE-ELMARIT 90mm F2.8 1/250 f/8.0+1/2 ILFORD XP2 Super400

  • 見上げたらボートハウスの屋上で鳩が囁きあっていた。互いに愛おしむように嘴(くちばし)で突きあう。まるで恋人同士のよう。そっと見ているうちは気にせずに絡み合っていたのにカメラを向けるとサッと飛び立ってしまった。そんなところに妙に人間味を感じてしまう。

 ♪カーテン越しに重なる人の影を見るたびに
 ♪僕らは胸を痛めるのだった

 来生たかおにそんな唄があったのを思い出す。街に愛欲は溢れ恋人達の演じるシーンなどすっかり麻痺してしまってなにも感じなくなってしまったが、鳩が愛を囁きあう(と勝手に妄想しているだけの話なのだが)のを見て子供の頃、海べりの洋館のカーテン越しに人の影が重なり合うのを見て妙に切ない気持ちと気持ちの高ぶりが同時に起こったことを思い出した。

 ♪僕らの美しい隣人すらり伸びた脚はカモシカのよう
 ♪長い髪の毛はまるでダリアのよう

 来生えつこの詩にもあるくらいだから夏の海辺ではありふれたシーンだったのだろうが、ありふれた中にだってひとりひとりのドラマがあって共感したり嫉妬したり。きっと今の人間は人が見ていてもヌケヌケと自分たちの世界に入り続けるのだろうが鳩は危険を感じるのかサッと飛び去ってしまう。僕らの子供の頃は人間にも羞恥心というものがあってカーテンの陰だったり、人の気配を感じればやめてしまったり。

 多感な時期には見てはいけないものこそ、好奇心と胸の高鳴りを呼ぶんだろうな。

♪BGM while writing

来生たかお シングルコレクション I  1976-1984

来生たかお シングルコレクション I 1976-1984