KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣かないで

弟を庇う兄

Don’t cry

Don't cry :
  K10D + DA 50-200mm F3.5-5.6 1/640sec. f/4.0 50mm ISO400 WB Auto

 ドラムマニアのライブに行った帰りすぐ近くの公園で休んだ。イタリア人風の男の子と日本人の兄弟二人がサッカーに昂じている。そのうちボールに足がもつれて日本人の小さな男の子が転んでしまい泣き出した。すぐさままだ小さな兄が駆け寄って弟を庇っている。

 弟が泣いているということに兄として自然に反応するのはいくつぐらいからなのだろうか?自分が庇わなくてはいけないという素直な心の働きと行動に感動する。当たり前のことなんだけれど本当にあたりまえのことか?そんなことがいつから当たり前になるのか?

 弟という身内ではあるけれど他者の心の痛みを思いやることが当たり前に自然に出来るのは親の教育ばかりではないように思う。自分より小さな子供が泣いているという事に対してこれは尋常ではないんだと自分の経験に照らし合わせて考えることが出来る能力を人間は持っているのだ。

 それは既に兄である彼の心のなかに弱い弟のために行動して他者の評価を得るというナルシズムとエゴイズムが働いているのだろう。人間はすべてナルシストでありエゴイストだがその二つを他者との関係においてバランス良く働かせることを子供は大人より良く知っているように思えた一瞬だった。

♪BGM while writing