KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

西へ

たまには外から見るのも良いものだ

Bound for The West

Bound for The West :
  M6 + SUMMARIT 50mm F1.5 1/125sec. f/11.0 DNP CENTURIA200

 ずいぶん久しぶりの更新である (^^; 撮りためた写真もあるので小出しにしながら日付をさかのぼってその一枚一枚に感じたことを書き連ねたいと思う。写真はいつもは自分が乗って西へ向かう新幹線である。なんとなくありきたりの構図だが自分が京都へ向かう時間とダブっているのと夕日が美しいので撮ってみた。いつもは車中の人だが今日はそれを眺めて心に留める人である。

 レンズは大昔のシュナイダーの OEM SUMMARIT 50mm F1.5。このレンズが逆光を滅法苦手にしているのはよく心得ているつもりなので夕暮れで暗いのにもかかわらず f/11.0 まで絞り込んでいる。それなのに小さな夕日のゴーストが出ている。まぁそれはいい。感心するのは色が美しいことである。55年前のレンズだよ。カラー写真なんかほとんど普及する前のレンズだよ。

 そして画角。35mmフィルムの写真(あるいはフルサイズ撮像素子のデジタル一眼レフも含む)において焦点距離 50mm のレンズがいかに使いやすい画角を持つかを改めて思い知らさせれるのである。実はちょっと重くてゴーストとフレアの出るこのレンズ、夜のライブハウスを除けば意外と敬遠してきた。ましてカラーフィルムなど。売りに出して沈胴式のエルマーか6枚玉の第二世代35mm SUMMIZCRON とフードを共用できる 50mm SUMMICRON(絞り半段明るい 50mm SUMMILUX は SUMMARIT の焼き直しなので)を仕入れようかと思案していたところだった。

 だけどやめた。この SUMMARIT をもう少し使いこなしてみようという気になった。腐っても鯛は鯛。古かろうが OEM であろうがライカはやはりライカである(笑)

Lute Music-Volume. 1

Lute Music-Volume. 1