KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

Bontrager Race XXX Lite OS Carbon Flat & Stem

最高のレーシング機材をコンフォートのために

Bontrager Race XXX Lite OS Carbon Flat & Stem

Bontrager Race XXX Lite OS Carbon Flat & Stem : D-LUX2 VARIO ELMARIT 28-105mm F2.8

 Bontrager Inform RLサドルで座骨の痛みから解放され、RIXEN & KAUL のデイバッグと ARTISAN&ARTIST ACAM-7200 の改造で肩の疲れから解放された。 シマノ SPDシステムでこぎ続けると起きた足の痺れも TIME ATAC XS CARBON ペダルで解決をみた。そこで今度気になりだしたのは長時間ライディングでの手の痺れである。僕のTREK 7.6FXは GIANT の OEM(←要出典か?-笑-)とは言えフォークは TCTカーボンだからハンドルに伝わる路面からの衝撃は和らいでいるはずである。しかし体重を支えるうちの3/5であるペダルとサドルのグレートがあがったためかどうも手の痺れが気になる。そこでハンドル系の軽量化とグレートアップを図ることにした。

 まずフォークとハンドルを繋ぐステムを2007年までMadone 6.9 SSLに使われていた Bontrager Race XXX Lite OS Carbon Stem に、そしてハンドルバーを Top Fuel 9.9 SSL やElite 9.9 SSL の現行にも使われている Bontrager Race XXX Lite OS Carbon Flat にグレートアップした。ついでにグリップを ERGON レースグリップ GR2 HBG065 に変更する。全部で約55000円の投資は7.6FXには明らかにオーバークオリティーのように見えるが実際装着してるとそうではないことが分かるし、自転車の高級パーツはクルマの高級パーツより遥かにリーズナブルであるし理に適っている。

 まずハンドリングの変化。前傾を採るためにオリジナルのステムを逆向きに装着してから25k/hから30k/hくらいの中速域でのハンドリングが少し不安定だった(40k/hを越えると不思議と路面をトレースするように安定した)ものがピタリと納まった。軽量化についてはステムで30g、ハンドルバーで210gと計240gの軽量化が果たせたのでそのぶん前輪にかける加重を増やそうとステム長を110mmと10mm伸ばしたのが功を奏したのかも知れないし、ハンドルクランプ径が31.8mmへとアップしたのが良いのかも知れないが、一番気になった上り坂での25k/hから30k/h前後の前輪のトレースがぴしゃりと安定してくれたことだ。

 例えば上り坂を軽めのギアでケイデンスを上げたり、重めのギアにして踏み込みや引き上げに意識を集中してもバイクがとても安定して走りやすくなった。特筆ものは今まではゴツゴツ感じた少し荒れた舗装路でもまるで白線の上をトレースするようにハンドリングがリファインされしなやかになったことだ。特に246の下り坂などで60~70k/hで走ってもバイクが路面に吸い付くような安定性を見せてくれる。そして手の痺れもまったく無くなったのである。昨日1日で約80km、今日は50kmほど走行したが痺れは全くなかった。

 ところでステムを自分で交換してうまくがたつき調整が出来なかったので結局そのままシンスケさんのところへ持ち込んで調整してもらった。そこで更なるコンフォートのための打合せをさせて貰い、シフターとブレーキ、前後のディレーラー、クランクを XT へ。カセットをデュラエースへ換装することにした。すべてデュラにしないのは僕の脚力や体力、そしてバイクの狙いがコンフォートにあるからである。そのシンスケさんの提案に素直に従うことにした。第二弾としてデュラエース系の手組ホイール(FXはリアハブが135mmなのでハブはXTR)への換装とこの月末から6月にかけてバイクに乗りながら様子を見て組み替えて行く予定。駆動系のパーツには取り寄せと生産終了品の確保もあるので申込金を払ってきた。

 悩んでいるのはシフターとブレーキ。いまのデオーレのシフターにすっかり慣れている(シフトダウンのアプローチが深くて少しやりにくいがXTに変更することで洗練されて軽くカチッときまるとシンスケさんは言う)のでいまのスタイルで行くかブレーキとシフターが一緒になったデュアルコントロールレバーにするかということ。まぁもう少しゆっくり考えればいいか(笑)どちらにせよいま実際にレースに関わっているプロのメカニックが身近にいるというのは実に心強い。縁に感謝だね。

 ■一日一チベットリンク香港で聖火リレー、3000人で厳戒・チベット旗振った学生排除

♪BGM while writing