KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TREK 7.6FXは人気があるのかしら

自転車 Blog

検索ワードから

TREK 7.6FX

今現在のTREK 7.6FX : M6 + SUMMICRON 35mm F2.0 1/125sec. f5.6 SUPERIA Venus 400

 ここのところのこのサイトへの検索ワードダントツ・トップは TREK 7.6FX である。ローディーにはあんまり評判の良くない FX シリーズだかツーキニストな方々にはなかなか気になるバイクのようだ。僕も取り回しが楽な上にスピード感もあるので 7.6FX にした。写真は今現在の大分カスタマイズされたうちの 7.6FX。昨日の夕方、ホイールを外してブレーキシューを交換、ついでにジャブジャブと洗車した。僕はこのバイクで競技に出るわけではなく、これで通勤、あるいは休日の写真撮影に出かけるのに使っているのでその用途に特化したカスタマイズをしている。苦労の作は小さなフレームの中に工具とチューブを入れた TREK ボトルと 500ml ペットボトルを同居させたダブルのボトルホルダー。なるべく肉薄にかつ軽量にするため両方ともカーボン製のホルダーを使い t=2mm のアルミフラットバーを加工してホルダーを止めている。

TREK 7.6FX

今現在のTREK 7.6FX : M6 + SUMMICRON 35mm F2.0 1/125sec. f5.6 SUPERIA Venus 400

 シートチューブの工具入れの取付には MINOURA のパーツを使ったが、これも台座が大きすぎるので大幅に削っている。それに合わせてバンドを締め付ける取付ビスもステンレス製の短いものに変更。ホルダーの取付台座の鉄板は錆が出るの廃棄処分。新たにアルミフラットバーで同型、同サイズに作り直した。ところで洗車のついでに前後のホイールの重量を量るとなんと前1.1kg、後ろ2kgもある。ホイール自体はこのクラスとしては驚くほど軽量(前約700g後約900g)なのに標準で着いてくる レースライト ハードケースタイヤ の 28がなんと400g強なのだ。

 いよいよ来週は行きつけのプロショップ bike room sin で駆動系が XTR に換装される。タイヤもお薦めのシュワルべ ブリザード 700×25C(270g) に変えてみようと思う。これで今までに変更したパーツを含めると乾燥重量はなんとか8.5kgを切り兄貴分の7.9FXを下回ることが出来るだろう(微笑)来月にはデュラエースの手組ホイールを組み込む予定でこれで乾燥重量は 5200 や Madone 5.2 Pro に限りなく近づく(笑)あとはヘッドセットを Cane Creek S-8 w/cartridge bearings に換装するくらいか。このヘッドセットに対してはさすがに TREK、Bontrager マークをあしらったカーボン製のトップキャップとスペーサー 各サイズのセットが用意されている。

 しかしね、アクセサリーを除く本体への投資だけでもう40万を超える (^^;。まぁ予定した通りなのだがFXシリーズをカスタマイズすると考えた場合、前後のフォークがカーボンになっている7.6FXで充分で駆動系はすっぱり変えてしまうので中途半端に上級の駆動系を与えられた7.7FX や7.9FXは却って勿体ないと思う。

一日一チベットリンク【このブログがすごい!】BLOG:チベット問題

♪BGM while writing

AND I LOVE YOU

AND I LOVE YOU