KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DT SWISS RR 1.1 + Shimano XTR 970 ハブ

滑らかさと軽さに驚き

TREK 7.6FX + DT SWISS RR 1.1

TREK 7.6FX + Shimano XTR Hubs w/ DT SWISS Spokes & DT SWISS RR 1.1 rims :
  D-LUX2 : DC VARIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 ショップでホイールを付け替えたバイクを受け取り作業場から押した瞬間、驚くべきほどの軽さと滑らかさかを実感した。どちらかと言えば DT SWISS のリムより XTR ハブの威力だろうが何という転がり抵抗のなさだろう。勿論リムの精度も関係しているのかも知れない。ショップの店長曰く DT SWISS RR 1.1 の円の精度は MAVIC OPEN PRO より上だという。コイツぁ凄いホイルだぞと漕ぎ出す前からときめく。

 MTBジオメトリの 700c 完組にホイールにはあまり食指を動かすようなホイールはない。つまりクロスバイクのアップグレードやMTBの700c化はホイルメーカーのラインに乗せるほどの高級ホイールの需要が無いのだろう。そこで行き付けのショップで手組みしてもらった。僕のほうから出したリクエストは一つ。登りが楽しくわくわくするようなホイールを!。

Oh, it is shameful.

Oh, it is shameful. : K10D + smc PENTAX-FA 80-200mm F2.8Star ED

  • cちょっと恥ずかしい話なんだけどね。クロスバイクにそんなことすんならロードを買えば良いという声が聞こえてきそうだがどうも僕はロードを日常に使う気になれない。なんかロードだとのんびり走ってはいけないような脅迫観念があるのだ。クロスやMTBならのんびり走っていても違和感がないし、ライカを手に写真を撮りながらポタリングなんてことをやっても許されるような気がする。ロードでそんなことをやると真剣に自転車に取り組んでいる人に失礼なような気がするんだよな。ヒグマのこんな表情はやっぱりちょっと恥ずかしいときなのかな?そんなこたぁないな(笑)

 結果は期待通り、漕ぎ出してみるとその滑らかさと軽さ(前:690g 後:915g QR除く)に何時までもこぎ続けられるんじゃないかという錯覚に陥る。実際246を溝の口から梶が谷までの2km弱のなだらかな勾配で速度が落ちることがない。ペダルの踏み込みは軽やかでまるで前からロープで引っ張って貰っているようにバイクが前に出る!なんと言う感覚だこれ?リクエスト通りのホイールが出来上がった。

 さて、このホイールに変えてからそろそろ2週間が経つが巡航速度が確実に上がった。別に頑張っているわけではなく普通の感覚でだ。同じ力とケイデンス(普通の時は70位で走るようにしている)でギアが二段は上になっていると思う。アルテグラの9速 11-23Tというクロスレシオと XT の44-36-26T の組み合わせも僕の脚力にあっているのだと思う。一人で乗り回す時は 30km/h で1時間でも2時間でも走れるようになった。最高のフィットネスバイクだ。7.7FX は勿論、7.9FX ももうちっとも羨ましく無くなったもんね(笑)。

 一日一チベットリンク「中国の意地だね」
           → チベットでは厳戒態勢下で聖火リレー

♪BGM while writing