KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くってことも大切だ

すっかり涼しくなった水無川の川原を散歩する

蜂

蜂: D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 お盆が過ぎてから午後は必ず雨が降るようになった。雨は自転車に乗るという楽しみを奪ってしまうけれどそれと引き換えに涼しさを例年より少しだけ早くプレゼントしてくれた。さすがに夕方なれば雷を伴った大雨が降ることがわかっていればうちから50km離れた秦野まで自転車でこようとは思わない(笑)だけどそのかわりバスにはのらずに歩くことにした。今日は今にも振り出しそうな空模様がなんとか踏ん張ってくれているので夕方水無川の川原に下りて歩いた。なんせ大雨が来ると川は増水して水は川原も舐めるから怖くってしょうがないしね。

水仙

蜂: D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 土の上を歩いてみると実感できるが人間の体、特に筋肉と間接は自転車より歩くほうが理にかなっていることがよくわかる。ひざを伸ばし、背筋を伸ばして歩いてみれば自転車で疲れた身体が不思議とリフレッシュする。まったく自転車が全てではないのだ。そういう意味では最近の自転車ジャーナリズムは狂っている。ファンライドにしてもサイクルスポーツにしても無批判なメーカー迎合のちょうちん記事ばかりでまったく反吐が出る。むしろ自転車専門ではない山と渓谷社やターザンのほうが自転車についての良本、良記事が多いと思うのは僕だけだろうか?

 エコだから、メタポ対策になるから、地球に優しいからロードバイクに乗ろうってほとんど何も考えてないのに等しい。そんなのただの結果に過ぎない。いま長く自転車乗りでエコのため、健康のためを第一義に自転車に乗っている人なんてほとんどいないんじゃないか?挙句の果てに「自転車が全てを解決する」なんて絹代さんといういうタレント担ぎ出してほとんどアホだね(笑)。自転車は楽しいから好きだから乗るものでそれ以上でもそれ以下でもない。心の問題も自転車が解決するなんて絹代さんは言っているが、自転車でなくても好きなことに夢中になっていれば心の問題なんて解決するのはあったりまえ!じゃないか。東大出た人が言うことじゃないよな。

♪BGM while writing

Nearness of You-the Ballad Boo

Nearness of You-the Ballad Boo