KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

NITE RIDER MINEWT X2 DUAL

ジテツウ必需品 明るいライト

NITE RIDER MINEWT X2 DUAL

NITE RIDER MINEWT X2 DUAL を付けた ERIKO: D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 ジテツウを始めた頃はライトなんかに高い金だせるか!って感じなのだけれども、そんな思いも夜の闇にたったひとり放り出されるまでだ。それでも最初はなるべくコストパフォーマンスの高いものをとケチな考えを起こしながら、ネコ目のもので大きなのを買ってみたり、それでもだめで少しお金をだして TREK のイーオンライトを買ってみたりした。だけど街頭の全然無いサイクリングロードではどう考えても光量不足。朝の元気なうちはサイクリングロードなど走らずに一般道路の車道を行くのだがくたびれた夜にはクルマとかかわりたくなくなってくるし、信号のないサイクリングロードならさほどスピードを上げなくても平均速度はあがるから楽チン。電池式のライトをダブルで着けたりもしたが電池交換の面倒さも増えるし重量もかさむしその割には光量は上がらず。

 そこで背に腹は変えられず展示品だから安くするよという行きつけのプロショップの店主に甘えて役4割引きの27kでゲット。もう明るさに感動。街頭のない多摩川や鶴見川、最近良く使う矢上川の側道などで路面の状況までしっかり見える。その明るさは原付を越えてまるで自動二輪のヘッドライト。自転車の暗いライトだと対向車(もちろん自転車ではなく自動車かオートバイ)のライトに自分の方の光が負けてしまって前方何も見えないなんてこともあるのだがコイツを点灯していればそんなことはまったくない。対抗してくるクルマがハイビームで来ても自分の速度に必要な前方の視界はしっかり確保されるのは感動もの。一度多摩サイで土手の下の一般道を走る対向車が何を勘違いしたのか急ブレーキを掛けてスリップして蛇行しながら停止したのには笑った。土手の上のこちらのライトが明るくて何かが猛スピードで接近してくると勘違いしたんだろう。普段クルマは対向する自転車なんかお構いなしにハイビームでくるからそんときゃ悪いけどざまぁみろ!と思ったよ(笑)

 明るいのもそのはずで NITE RIDER のライトはもともと夜のサーフィン用に開発が開始されスキューバダイビング用のライトとして大ヒットして実積を積み、アメリカの警察にも採用されているらしい。そんなわけで自転車用のライトなのに 50mm の防水も実現していて雨の夜もバッチリ。明るさでハイとローの切り替えが出来てハイだと90分、ローだと3時間バッテリーが持つ。少し短い気もするが通常の使用ならローで十分(ちなみに対向車がびっくりして急停止したのはハイモード)。切り替えはボタンを押すだけだから交差点に入るときに対向に右折車がいるときなどはブチュブチュとちょっとあまりよくない感触のボタンを押せばパッシングのように振舞ってくれるからそんなことしてこちらの存在をアピールすることにしている。やっぱり安全はしっかりお金をだして買わないとと思う。ジテツウするなら性能の良いライトは必需品だ。

製品ページ:http://www.diatechproducts.com/niterider/niterider_minewtx2dual.html

♪BGM while writing

Wired

Wired

エントリと関連のある商品