KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE

ハンドル廻りをスッキリ

TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE

TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE:
                    D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 注文しておいた TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE が到着。重量的には Bontrager Race XXX Lite のフラットバーとステムの組合わせのほうが少しだけ軽い(計260g)のだが 31.8mm クランプ径のバーもステムもいかんせんゴツい。31.8mm計のクランプ部分から通常の25.4mmまではなだらかに細くなっていくのだが太い部分が大きくて XTR のデュアルコントロールレバーが中央へ寄せられない。僕はハンドル幅500mmにしているのでそれだとブレーキレーバーがどうしても気持ち外側に膨らんでしまいエンドバーを付けていると小指がどうしても窮屈なのだ。さらにステムのクランプ前板も本体ももゴツイのでサイコンやらライト類やらをステーで持ち出す必要があってハンドルのステム廻りがごちゃごちゃしてしまう。どうもそれが気にくわないのでステムとバー一体のこの TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR を注文してしまった。TRIGON社は数々の有名メーカーのカーボンフレームやフォーク、ハンドルバー、ステムなどを製造してきた。その蓄積した技術力、開発力を自社ブランドにフィードバックさせているし、TRIGON の リジットフォークを約3ヶ月使用してみてフィールも気に入っているのでここは涙を呑んで脱 Bontrager を試みてみたのである。

NITE RIDER MINEWT X2 DUAL

Bontrager Race XXX Lite のハンドル廻り: D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 いやいやハンドル廻りグッとスッキリしたでしょう!上の NITE RIDER MINEWT X2 DUAL のエントリの写真と見比べると一目瞭然。重量は公称270gですが500mmまでカットしたので実測265gになった。それに中央から端部にかけてのチューブラー構造はカーボンの厚みも同一で途中部分が Bontrager のように極端に薄くなっていないのでエンドバーとグリップのクランプ部分に中から補強を入れないで済んだ。その補強をアルミテープで円柱状のものを創って入れていたのでその重量を考えると Bontrager Race XXX Lite と変わらなくなった。分厚い分剛性感は Bontrager より上で、それでもステムのクランプ部分のジョイントがない分振動吸収はステム部分から連続してやってくれている感じでガシッとした上で、それでいてしなやか。zそれもそのはずこコイツに採用されているカーボンは TREK Bontrager の OCLV RED CARBON と同等のハイモジュラスカーボンで TRIGON 社では VEANUS C7 とネーミングされているものだ。 Bontrager Race XXX はクランプ部とエンド部の中間が極端に薄いためか乾いた感じの微振動があってせっかくのフルカーボンにも関わらず体重のかけ方よっては手に痺れがきてしまう時があったのがずっと改善された。TREK Bontrager は軽量化の為にたとえ強度は充分でも快適性がスポイルされている(だからといってアルミ製のハンドルよりはずとずっと良いが)と思うので多少重くしても(せいぜい20gくらいだと思うから)要改善だと思う。

TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE

TRIGON ONE FABRICATION MTB BAR EX DUAL GROOVE:
                    D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 例によってフォークと同じく TREK らしく化粧直しをした。今回は TREK ストアでもらった純正のステッカーを使ってポイントを演出。ごちゃごちゃした TRIGON のロゴやらフォントはバーの上下を入れ替えて取り付けたので見えないのが幸いしてこちらもすっきりした感じになったと思う。TREK と永久契約をしているランス・アームストロングだってハンドルバーは Bontrager ではなく DETA だったのだ。マークを削って Bontrager のステッカーを貼っていたらしい(僕)。だから僕如きが何をしようがいいじゃないの?「え~~っ!Race XXX Lite 、最軽量なのに~ぃ!」と言いながらも TREK のステッカーを快く分けて下さったた TREK ストアの皆さんに感謝!ERIKO がまたちょっと美人になったと自己満足しているのは親バカというものでバイク乗りならご理解いただけるものと思います、ハイ。

♪BGM while writing

Jazz

Jazz

エントリと関連のある商品

伝説のツール・ド・フランス [DVD]

伝説のツール・ド・フランス [DVD]