KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

iPhone 3G 導入

アイディア倒れの欠陥クソ携帯 au W56T とおさらば

f:id:lovelovebear:20081024130407j:image:right

 ボタンが押しにくい(射程から少しずれると隣のキーが入力されてしまう)、突然電源が切れる、3度にわたる携帯アップデートでもまったく改善されないクソ携帯 au W56T がとうとうこちらの声が相手に聞こえなくなってしまった。携帯電話誕生からすでにかなりの月日が流れ何台もの端末を使ったがこれほどアイディア倒れで不完全で使いにくいひどい端末を僕はまだ知らない(笑)東芝という会社はアイディアを瑕疵する品質管理能力と技術力が無いのかと思わせてしまうほどお粗末な端末だったが解約手数料が18000円近くかかかるということだったので我慢していた。それがとうとう使用不能になったのだ。

 au のショップに行くと基盤等の異常が分かれば5000円で修理できるとのこと。それは変ですね~、じゃあ修理すればボタンの押しにくさや突然電源が切れるなどの不具合も一緒に直りますか?というと♪♪(泉谷しげる「黒いカバン」風に)。それは分からないし保障できませんという♪♪なんでですかというと♪♪だって東芝だからですねと小さな声でいうので♪♪こんなクソみたいな端末を売っておいて他の機種に変更するには費用がかかるなんて悪徳商法そのものですね~♪♪不具合を報告したところでクレーマー扱いしか出来ないような東芝相手にぐずぐず言っても始まりませんものね~♪♪au ショップの女性の方も東芝には困り果てているよう(個人的には東芝の製品はやめたほうが良いと思っているそうですが売るときにあまりはっきりは言えないって仕方がないか)で僕がこれを機に iPhone に変えたいと申し出ると解約手数料はポイントで充当できるますからと快く番号ポータビリティーの手続きをしてくださった。

iPhone 3G がうちにもやってきましたぁ!

 その足でソフトバンクに行って 16G モデルを購入。遂にうちにもやってきました iPhone 3G。使い心地は上々で基本になる電話の掛け勝手と入力のしやすさは抜群。やっぱりアップル製品にはホスピタリティーがあるのね。これ別にひいきの引き倒しではなく説明書も読まずに使ってみたファーストインプレッション。タッチパネルのキーボードをたたくと入力された文字がポヨンと大きくズームされるのでまずミスタッチはすぐに分かるが、キーボードの感知範囲の設定がうまいのかほとんどミスタッチはない。せめて au W56T がソフトで可能なこういう機能を持てばあのキーボタンも格段に押しやすく、かえって水滴や誇りが入り込まないあの機械的な構造がグンと生きるはずなのにそんなホスピタリティーを東芝はおろか日本企業に求めることがそもそもの間違いだとジョブスの声が聞こえてくるような iPhone のキータッチ(笑)

 この文字がポヨンと大きくズームされるシステムはパスワードの入力にとても威力を発揮する。しかもパスワード入力の場合次のキーが入力されるまで前の文字が米印に変わらずに文字のまま画面に置かれる。うんうん、これだよ、小さな端末に求められるホスピタリティーというのは。ラウンチャー画面には OS X のダッシュボードで先行的に展開されたウィジェットiPhone アプリとして並び、OS X の思想がこんなふうに実現されると携帯電話ってこんなにも使いやすくなるのかと実感。携帯電話に限って言えばまさに日本の常識は世界の非常識とはこういうことだとずばり体現されている。使い勝手は Mac とシームレスなのでほとんど悩まなくて済む。Apple は「あなたの毎日が変わる」と謳っているけれどもそれはアメリカにはほとんどいなくなった Windows の個人ユーザーがまだまだたくさんいらっしゃる日本市場に向けた宣伝文句だろう。 Mac 使いにとっては「携帯に煩わされずに変わらない毎日が送れる」優れものの製品だと思う。

♪BGM while writing

エントリと関連のある商品

[rakuten:valumore:10165802:detail]