KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジテツウグッズ

ERIKO III のジテツウグッズ

TREK ELITE 9.9 SSL

アウターケーブルとサドルバックを入れ替えた: D-LUX2 DC VRIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 タイヤを Rubino Pro II White に入れ替えたついでにアウターケーブルとサドルバックを入れ替え。サドルバックは 7.6FX に付けていたブラック一色の Topeak エアロウェッジパックに TREK のロゴをあしらったもの。なんで古い方のこっちにしたかと言えば ERIKO III はブラック(カーボンヌード)、レッド、ホワイトの三色でコーディネートしているのでグレーが入る TREK サイドローダーバックよりスッキリするだろうという理由。逆に 7.6FX はホワイトとシルバー、ブラックのコーディネイトなのでグレーが入るサイドローダーバックでも合うだろうという魂胆。Topeak のバックは L スペックなので1.9Lの容量。いままで付けていた TREK のサイドローダーバックも同じ1.9Lなのだが形状の違いだろうか Topeak のほうが同じものを入れてもやや余裕がある。

 アウターケーブルは GRUNGE の シフト用とブレーキ用の カラーアウターセットをそれぞれ行きつけのプロショップで 450 円でゲット。RESPO のチタンスプレーを中に吹き付けてからワイヤーを通した。ライナー入りで剛性が高くRを取るときもシマノ純正より半径が小さくなりにくくそのせいかブレーキもシフトも引きが軽くなった(シマノのアウターにもチタンは注入していたので チタンのせいとは言い難いと思う)。前後のディレーラーの調整をするついでにチェーンも洗浄。リアはスプロケもディレーラーもシマノであっさり。だけどフロントのストロングライトのチェーンリングはなかなかコツがいる。ガイドプレートとアウターリングの隙間も殆ど空けず、それぞれのギア位置でもガイドプレートとチェーンがかすかにこすれるくらいが常用域ではシフトはスムーズに決まる。ただこれだとミドル×リア・ローがややうるさいし、アウター×リア・ローやインナー×リア・トップなどはガリガリ言って使い物にならないが最後の2パターンはまず使わない組み合わせなのでこのままで良いか。

 ERIKO のくみ上げの時、トレックの人はこの2パターンまで絶妙に調整してくれてさすがプロ。ただしその分フロントインナーでのチェーン落ちがし易くなってしまうので今回はこの調整で行ってみようと思う。試乗の前にサドルバックの装備品の入れ替え。実は 7.6FX にはいまはまだハンドルバーとホイールが付いていない。これからどう組み上げるか思案中。サドルバックに普段入れているのは同じ Topeak の Xツール TOL122 と PARK TOOL の CT5 という携帯用チェーンカッター、チェーンが4コマ、チューブが2本、パナのアナログエアゲージ、タイヤレバー3本と DOG3.com のセイフマン、それにベルクロ付きの裾バンドを2セット。それに緊急用の BCAA 粉末が2包。

 普通の人に比べるとたぶんチェーンとチェーンカッターが余計だが通勤に一日 30km ~ 50km 乗るのでどうしても持ち歩きたい装備だ。その他SKS の CO2 AIRGUN と予備バルブをシートチューブに、Topeak の小型ポンプ、マイクロ ロケット CB マスターブラスターをダウンチューブのボトルゲージの根元に付けている。実際パンクしたときはマイクロ ロケットで手で簡単に入る3Barくらいまでシュポシュポやって、あとは AIRGUN でやれば 15分程度で再出発できる。チューブは交換のみでチューブのパンク修理はうちに帰ってから。チェーンを持ち歩くのはチェーントラブルに遭遇して2コマ飛ばさなきゃならなくなると身動き取れなくなってしまうから。フロントトリプルでインナー落ちし易いところへもってきて ELITE SSL の BB 付近がごっつくってチェーン脱落防止用のリングが装着出来ないからで、チェーンリングが大口径でしかもフロントダブルのロードバイクにはあり得ない不安要素だろう。

 カギはサドルバックのセイフマンの他は一応ドイターのバックバッグに YPK のワイヤー錠も持っていくが基本的には目に入らないところへ駐輪はしないから殆ど使うことはない。コンビニはいるときも混雑状況やら店前の状況やら確認してから入ることにしている。職場では基本的に自分の部屋へバイクを持ち込む。そういう意味では恵まれていると言えるが、急にもよおしたり何があるか分からないから一応持っては行く。

♪BGM while writing

[asin:B00005G85QS:detail]

エントリと関連のある商品