KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRUVATIV Noir Team GXP 左クランクのワンキーパーツ

SRAM 傘下に入ったのが良かったのかも

TRUVATIV AM CRANK ARM BOLT M15

 だいぶ前になっちゃったんですが ERIKO の チェーンホイールを交換 したときになくなっていてクランクを外す事が出来なかったのがこのパーツ。クランクを買ったいつものショップで聞いてみると「果たしてこの補修パーツ、メーカーが用意しているのかどうか」と不安を誘う返事だったので ERIKO を組んだ TREK のほうでも調べてもらってました。結果はあっさり即納。というのも TRUVATIV はスラムブランドのクランク SRAM Force の生産を始めてそれが Madone 5.5 2009 モデルに標準装備。補修パーツとして揃っていたのでした。

 つーわけで無事クランクははずれインナー 26T への交換はあっさりいったのでした。ところがアウター 44T → 48T でチェーンの長さが足りなくなってしまって一瞬あせったけれども ERIKO を組んで貰ったときに切断したこまが4コマがあったのを思い出しサドルバックの奥から引っ張り出して継ぎ足して完了。これでフロント 48 36 26T の リッチー・シマノ混成部隊が完成。それにしてもリッチーのアウターもシマノのミドルも変速性能が良いこと!良いこと!ストロングライトのテフロン加工チューン は確かに超軽量なんだけどやっぱり単なる飛び道具だったのねって感じ!リアのスプロケも一度 RECON という 11-21T で 90g なんてのを使ったけれど、結局釣りでもお世話になっているシマノさんが王道(現在は Dura Ace の 9S 11-21T)なんだね。

♪BGM while writing

American / English

American / English