KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

イメージトレーニング - ルアー、カメラ、自転車

タイトル3つまとめて欲張りな一日

HANEDA - もうひとつの顔 HANEDA - もうひとつの顔

HANEDA - もうひとつの顔M6 : + SUMMICRON M35mm F2.0 SS 1/125 f/8.0 DNP CENTURIA 200
       右)露出計測 : D-LUX2 DC VARIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8
 

 コンピュータは身体を壊す。だから休みの日は朝から電源を入れず、メールチェックは iPhone で済まし、振り出しロッドとリールを自転車に括り付け、バックにカメラを放り込んで朝からそそくさと出かける。久しぶりに多摩サイを一挙に南下し六郷から羽田付近でキャスティングとリーリングでのルアーの動きのイメージトレーニング。真面目に釣りをしている人がいるところは避けて誰もいないところを選ぶ。狙うポイントを定めて正確なキャストのトレーニング。ルアーをトップからミノー、ダイブとセオリー通りにローテーションしてそれぞれのアクションを徹底的に身体に覚え込ます。ただ撒き、トゥイッチ、ジャーキングの変化によるそれぞれのルアーの動きもたたき込む。全て来シーズンの為のイメージトレーニングだ。

HANEDA - 平和への願い HANEDA - 平和への願い

HANEDA - 平和への願い : M6 + SUMMICRON M35mm F2.0 SS 1/60sec. f/5.6 + 1/2 DNP CENTURIA 200
       右)露出計測 : D-LUX2 DC VARIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 ロッドとリールにライン(SHIMANO SOALTY SHOT S806ML-T、 SHIMANO BIOMASTER C3000、Berkley FireLine 1.6lb 150m)とルアーで400gに満たない。この軽さは感動モノ。電動リールとコマセ専用竿から考えれば信じられない軽さなんだが僕のシマノに対するイメージは軽量さ、高剛性。多くのプロのアングラーがシーバスにダイワを使いホビーストにも薦めるが僕はイマイチ、ダイワの耐久性を信用していない。まぁ彼らはダイワからギャラを貰ってるし正直にダイワのリールは2年で壊れるとは言えないわな。それに僕が自転車乗りだからかな。ダイワもロッドとルアーは良いと思うけれどね。だけど余分な装飾を排し軽量カーボンチューブラーにAR-C技術で徹底的に捻れ剛性を高めたシマノロッドの心意気を買います。

 とは言っても僕のタックルセットは自転車で言えば105コンポ相当でこの上にアルテグラデュラエース、あるいは XT、XTR 相当のタックルもあって、アルテ、XT 相当の組み合わせで300g、デュラ、XTR相当の組み合わせに到ってはなんと200g強になってしまうから驚き。だけど値段もあまりに高いよ。自転車は全身運動だから XTR グレードのパーツをフル装備しているけど釣りは基本的には腕中心だからまぁ105グレードでも良いし充分と思っている。つうかそう思わなくちゃお金がいくらあってもたりないよ。

HANEDA - Sunset HANEDA - Sunset

HANEDA - Sunset : M6 + SUMMICRON M35mm F2.0 SS 1/500sec. f/8.0 DNP CENTURIA 200
       右)露出計測 : D-LUX2 DC VARIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 で、午後は河原のダートの走り込み約20km。また帰路も矢上川添いのダートを10Km走ったけれど、TREK Elite9.9 SSL には本当に感心した。なんせタイヤは 700 × 23c の Vittoria Rubino Pro II よ。だけど河原程度のダートならややお尻をうかし気味にしてまったく不安なく安定して20~25km/h で走れる、いやいや巡航できる。関東ロームが固まっていれば 30km/h も問題ないし。それでいて手に痺れが来るような微振動はまったく排除されている。ERIKO に惚れ直したよ。さすが TREK リジットマウンテンバイクの最高峰。こりゃ 釣りチューンの 7.6FX はお役ご免だな。むしろダートが多い河口釣りには ERIKO のほうがあっているじゃないの。7.6FX は街乗り用とかゲスト用に組み直すか(笑)

HANEDA - Sunset HANEDA - Sunset

HANEDA - Sunset : M6 + SUMMICRON M35mm F2.0 SS 1/500sec. f/8.0 DNP CENTURIA 200
       右)露出計測 : D-LUX2 DC VARIO ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 そして夕方からは写真の練習。コンデジ D-LUX2 で露出テストに撮影して、そのコントラストや明暗のダイナミックレンジを銀塩 M 型ライカのラチチュードにイメージで変換しながら絞りとシャッター速度アレンジして撮影。大切なのはカメラが光の惨劇に立ち入ることではなく、冬の夕暮れの光の現場に肩の力を抜いて立ち会うこと。まだ結果が見えないのでどこまでイメージが具体化されているか分からないけれど上がってきたら置き換えます。この間、里山のシーンと小泉ニロさんを撮って、スランプ気味だった M型ライカの使いこなしからちょっと抜け出られそうなのでまた意欲が湧いてきました。

 帰りは産業道路を鶴見まで行き、鶴見川サイクリングロードを北上。途中支流の矢上川に別れしばらくダートを攻めて元住吉からは舗装された川沿いをずっと北上。自転車5時間、釣り4時間、写真1時間と欲張りな充実した一日でした。

     今日の走行距離・76.1km
     走行時間・5時間16分
     平均速度14.4km(ダート約30km含む)
     最高速度・45.2km/h

♪BGM while writing

エントリと関連のある商品

アウトドア&フィッシング ナチュラム
●MAXDEEP2.5M攻略モデル●好評のMAGLOCKシステム(PAT)を装備しリバーゲームに最適●リップ先端を尖らせた形状によりダート性能も高く、ストラクチャーコンタクト時に自動的にヒラ打ちを発生

 ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナー カレントマスター DR9F 93mm 極カタクチ 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
オリジナルフローティングは1936年、ラウリ・ラパラによって最初に作られたモデルです。天然素材バルサの柔らかな着水音は魚たちに警戒心を忘れさせます。世界最高峰と言われる鋭い立ち上がりのキビキビとしたアクションは、弱った小魚の動きを巧みに演出してフィッシュイーターを魅了します。世界のベストセラー、オリジナルフローティングは、ラパラの歴史と共に今も世界中を泳ぎ続けています。
 Rapala(ラパラ) オリジナルフローティング F-9 B