KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

悩みのタネ 白のバーテープ

漂白剤じゃ綺麗になりません

f:id:lovelovebear:20081228164405j:image:w500

汚れて黒くなった ERIKO のバーテープ、クリーニング施工前

 グリップに気にいったものがないのであんまりこんなことやる人はいないと思うが僕はフラットバーにバーテープを巻いている。ハンドル廻りはフルカーボンフォークとステム一体型のカーボンハンドルバーなので微振動の吸収性能は良く、敢えて重いゴム製のグリップの必要性を感じていないし、その上バーテープは超軽量、おそらくロードのドロップハンドル一台分でも MTB 用ゴム製グリップ片側分にも満たない重さだろう。それがフラットバーだと更に半分で済んでしまうのだ。ところが白にしてしまった故に汚れること、汚れること。フィット感を優先して OGK PROFIT BAR TAPE CBT4 にしたのだが OGK には汚れの着きにくい CBT-3 カーボンタイプというのもあるのだがいかんせん分厚くて伸縮性も劣るので本来の用途ではないフラットバーにしかも掌当てをくっつけたような特殊な形状には旨く巻けなさそうなのだ。

f:id:lovelovebear:20081228184613j:image:w500

全然汚れていない Camaleonte 、固くて巻きにくいテープだったので OGK CRT-3 同様汚れにくい素材なのかも知れない

 実際に汚れているのはこのバーテープが悪いわけではなくナイキのウインターグローブが色落ちしているだけで、同じ様にバーテープが巻いてあるカミさんの Camaleonte はちっとも汚れが目立たないのはカミさんのグローブがパールイズミだからか(笑)実はおそらくこんなのが気になっているのは乗っている本人だけで他人は人のバイクなど気にしやしないのだが(笑)ダメモトで漂白剤でクリーニングしてみる。まずはブリーチを歯ブラシに付けてゴシゴシ磨く。

f:id:lovelovebear:20081228164522j:image:w500

キッチンブリーチを歯ブラシに付けて擦っ後1度目

 結果、黒っぽい汚れが紫色までに薄まった。しかし白くなる気配がないので1時間ほど浸け置きをしてみる。早い話がまな板の漂白と同じ要領。ウエスにブリーチを付けてバーテープの部分に巻き付けて1時間ほど置いてみる。

f:id:lovelovebear:20081228165438j:image:w500

まな板の漂白と同じ要領でウエスをブリーチに浸し巻き付けて1時間ほど置く

 悲しいかな、結果は変わらず。最後の望みをかけてハンドクリーナーを泡立て再び歯ブラシで擦ってみるが写真以上には白くならず。仕上げにブリーチとハンドクリーナーの成分を抜くべくスポンジでぬるま湯をなんども掛けながら洗い流し、乾いたウエスで水気を拭き取る。結局満足できる白さまでにはならなかった。逆にブリーチの成分が強いのだろう。バーテープが少なからずダメージを受けたみたいだ。バーテープの端が解れたようになって来た。

f:id:lovelovebear:20081228180527j:image:w500

結局この程度までで精一杯。少しは綺麗になったがとても満足できるレベルじゃない

 これでバーテープがダメなら巻き替えればよいのだが、これからが本格的な寒さ、ナイキのウインターグローブはまだまだ手放せない。白さを保とうとすればラップのようなものでこまめにコーティングするか、あるいはナイキのウインターグローブをじゃぶじゃぶ洗って色素が抜けるだけぬいてやるしか無いだろう。あるいは冬の間のバーテープは赤とか黒にして色移りを目立たぬようにするしかないか…

♪BGM while writing

To the Stars (Dig)

To the Stars (Dig)