KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川大臣は脳疾患? - 備忘録

この推測は不自然じゃない

目眩

ガラスの森美術館にて : Leica M6 + SUMMICRON M35mm F2.0 露光時間1/500 f/8.0 DNP CENTURIA 200

 カエル さんのところで目に留まった推測と言うか記事。出自は 大石英司の代替空港: 中川大臣は脳疾患 なんだが、彼女はもともとこういう通な情報への臭覚が鋭い人でいつも感心する。コメントこそしないが前から巡回先の一つ。なるほど大石氏の分析は不自然じゃない。マスコミの報道の方が遥かに不自然なのだ。あるときもう眠くってどうしようもなくなるのが脳疾患経験者の僕にはよく分かる。大して飲んじゃいないし大して疲れていないにもかかわらずだ。そんな状態の時は漢熟語の読み方だって平気で間違えるのも経験がある。咄嗟に指し示したいことを頭に浮かべつつ、漢字の映像も思い浮かぶのになんて読んだらまったく思い出せず、適当に喋って失笑を買う。これ僕も経験したねぇ。

 たぶん本人が自覚しているのもほんとう。ただここまでくると言うに言えない。辞任を考えた時点で言ってしまっても本人的には良いわけだが、脳に疾患のあることが見抜けなかったのかと、またもっと偉い人の責任を問われちゃうでしょう、特に政治家は。僕も体調不良を理由に昨年は仕事を結構休んだが脳のことだけは隠し通したね、職場には。政治家ではないけれど脳が仕事のリソースだからね、そうしておかないと続く人たちが暗躍してしまうものね。なんとか食事制限と自転車で乗り越えたけど壊死してしまっている部分もあって、どうしても踏み込めない領域があるのはたしか。ただ人に気づかれないだけ。一年たってなんとか胸をなで下ろしていますよ、ふうっ!

 ところで、カエルさん。僕的にはまったくの先入観で下北沢のひととばかり思っていたのだが実際は品川らしい。それはともかくジャーナリズムと主婦という二つの世界を自由自在に往来している感じでジャーナリストよりずっと普通の感覚を持ち合わせ、それでいて主婦よりはずっと理知的な不思議な人だ。で僕のまわりの慇懃無礼なジャーナリストが少しでもこの人に近づいてくれないかと思うときが良くあるものだ。

一日一チベットリンク → 【外信コラム】北京春秋 少数民族差別

地元政府の幹部や国有系企業経営者の大半は漢族が占めており、少数民族への差別は当然のように行われているのが実態だ。 昨年3月のチベット騒乱以後、中国当局少数民族への愛国主義教育を強化したが、本当に教育しなければならないのは、彼らの不満の原因を作った漢族 ...

♪BGM while writing

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)