KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

境川CR 江ノ島 鎌倉 朝比奈峠

週末100kmライド

藤沢大和自転車道

藤沢大和自転車道大和側入口 : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 二日おいて日曜は再び100kmライド。心肺力と脚力の向上のため今回も LSD トレーニングとする。うちから246を下り大和から藤沢大和自転車道で鵠沼へぬけ、江ノ島に寄り道してから海岸添いに鎌倉、朝比奈峠を越えて金沢八景へ抜け、16号で横浜、一国を鶴見まで登り、ここからはいつものシーバスフィッシングのルート鶴見川→矢上川添いを上って帰宅。午前中はグダグダとして午後2時過ぎの出発で途中寄り道休息をたっぷり取って20時過ぎに帰宅。

相鉄 7000 系

相鉄 7000 系 : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 246長津田からつくし野への長い登りが予想外にきつかった。たいした坂じゃないし、馬絹→鷺沼より少し長いくらいなのにあまり通らないせいもあるし覚悟もしていなかったからか?246は基本的に平坦と先入観で決めてかかっているからかもしれない。それにしてもそのちょっとキツイ登りを除けば一時間かからず大和の藤沢大和自転車道入口まで着いた。実は境川CRを走るのは始めて。TREK のショップの人からは話は聞いていたのだが入り口の綺麗な感じにちょっと期待。

湘南台付近 境川遊水池公園の吊橋

左)湘南台付近 右)境川遊水池公園の吊橋 : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 しばらくのどかな農村風景の中を進む。ところが走り出して少し、東名をくぐって前方に相鉄が見えるあたりから一般道と合流。なんだか訳が分からず標識通りに進む。ここから湘南台のちょっと手前まではサイクリングロードと言ってもほとんど広めの歩道でむしろ併走する車道のほうが走りやすい。横浜地下鉄ブルーラインが見えるあたりから桜並木が出現し途轍もない人出。車速は歩行者並みに落ちることになった。

納骨タワー

納骨タワー : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 桜並木のお花見ゾーンを過ぎブルーラインと相鉄をくぐって暫く行くと右左手に奇妙なタワーが・・・なんだか確認した訳ではないが多分納骨堂だろう。道路拡張に伴ってその用地に墓地を持つ寺院が行政の資金で高層の納骨タワーを建設し、掘り返した遺骨を収納するばかりか、余剰の納骨スペースもちゃっかり確保して新規に墓地を売り出すパターンは良くある話。だけどその遺骨を掘り返した道路は幽霊が出るぞ(笑)!夜中にそこを走っていると突然、てのひらがでてきてフロントガラスをバンと叩くとか!←ウソ

境川遊水池公園

境川遊水池公園 : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 納骨タワーを飾る借景がお彼岸の仏花のような華やかさがあったので思わずパチリ。そこを左手に見ながら暫く行くと写真は前後するが斜めからカントのついたカーブの奇妙な吊橋が現れる。江ノ島までのほぼ中間地点の境川遊水池公園。公園自体はまだ建設中だが最近はこうした美しい公園が河川沿いに作られることが全国各地で見られる。水を制するものは國を制するという徳川の思想が亡霊のように役人の潜在意識に取り憑いているのだろうか(笑)

江ノ島

江ノ島で休憩 TREK Elite 9.9 SSL 700c : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 程なく今日の中間地点江ノ島に到着。ここまでで約60km。休憩と補給を兼ねて売店でサザエの壺焼きと烏賊の丸焼きを買って食べる。さほど腹が減っていたわけではないが先日の大垂水峠でのハンガーノックの教訓。おまけにプロテインゼリーも啜って少しのんびりした。

江ノ島夕暮れ 鶴ヶ丘八幡宮の桜

左)江ノ島夕暮れ 右)鶴ヶ丘八幡宮の桜 : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 さて後は最後の難関(←でもないか)朝比奈峠を目指して出発。渋滞したクルマを尻目に海岸線を快調に行く。鶴ヶ丘八幡宮もお花見シーズンで凄い人出。車道は渋滞、歩道は人出いっぱい、慎重に車道の左側をすり抜けて八幡宮の正面を右手に折れると道は急に空いた。あとは朝比奈峠を目指してひたすらペダルを回す。すっかり陽が暮れてきた。朝比奈峠自体はたいした峠ではなく距離的にも大垂水の1/3、1/4程度か?一応頂上の鎌倉霊園西口で記念写真とBCAA、クエン酸の補給。あとつくし野のコンビニで非常用に調達した小さなあんパンを一個食べて後は下り。金沢八景まで延々と下りである。下りは少し飛ばして70km/hくらいは出したいのだがどうも 3000km を越えた Vittoria Rubino Pro II のグリップが不安で少しスピードを抑えた。次のタイヤを物色中だが外国の通販などで安く買えればやっぱりミシュラン Pro 3 Race に戻るか・・・

朝比奈峠

朝比奈峠の TREK Elite 9.9 SSL 700c : Leica D-LUX2 DC Vario ELMARIT 28 - 105mm F2.8

 八景から16号に出て横浜に向かうも道路はほぼ平坦。関内で約85km、一国に出ても道はほぼ平坦、上り下りはせいぜいJRの線路を越えるときと緩やかな勾配が鶴見大学の丘を越えるときにあるくらいだ。これなら貧脚でも登りとは言わない程度(笑)鶴見を過ぎて川崎手前でいつもの鶴見川CRに出て途中矢上川分岐から矢上川沿いに行くのはもういつものシーバスルート。木月の公園でトイレに寄るまで朝比奈から40km弱をほぼノンストップで駆け抜けた。前回大垂水に比べて距離も少し短く勾配は圧倒的に少ない。補給も計画的に旨く出来たようで疲れは少なかった。

 今年は TREK のショップでホノルルセンチェリーライドのツアーを企画していて誘われた。ショップのメカニック達も一緒に同行するので安心なツアーだ。しかも今中大介さんのツアーと合流するそうだ。仕事の予定が邪魔しなければ参加したいと思う。と思って日々 LSD に励む毎日。

今日の走行データ
   走行距離 106.39km
   平均速度 21.2km/h
   最高速度 53.7km/h
   走行時間 5時間01分10秒

 ■一日一チベットリンク → チベット:動乱から半世紀 チベット人ら、新宿で感謝の集い /東京

毎日新聞 - ‎2009年4月4日‎
ダライ・ラマ14世が亡命するきっかけとなったチベット動乱(1959年3月10日)から50年を記念したイベント「ありがとう、日本」が3日夜、新宿区の新宿厚生年金会館で開かれた。 インド、米国など世界の亡命チベット人による記念行事の一環で、ダライ・ラマ法王 ...