KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

西丹沢ウェルキャンプ

連休サイクリングその2

丹沢湖

 地元のダイニングバー主菜のキャンプに行ってきました。ルートはいつもの通勤ルートを町田へ向かい、そこから相模大野へ抜けて小田急線添いに厚木まで。厚木から246に入って鶴巻まで行き、一度246を離れて東海大学の腋を抜けて花咲川添いに出る。東名の下を上智短大のほうへ上がって小田急の南側を走って渋沢の手前で再び246に合流。これは路肩の狭い246善波峠を避けるためと大竹からからの相模湾方向への眺めが好きなため。渋沢からは松田までは殆ど下り勾配。そして松田からジワジワと登っていくわけだが下ってくると勾配を感じる松田と山北道の道駅との間も登っている限りは殆ど平坦としか感じない。

丹沢湖

 谷峨駅を過ぎて清水橋を右に曲がり山北道の道駅を過ぎるといよいよ西丹沢に入っていく。それでも少しペースを落として25km/hくらいで走れば特に心拍が上がるような勾配ではないので一安心。そして丹沢湖の手前でいよいよ絶壁のような登りが前に現れた。勾配は10%位なんだろうが距離は比較的短くなんなく、クリア。トンネルを抜けると眼前に丹沢湖が広がる。おお、自転車で来て良かった!と感じる一瞬!

中川温泉

 途中サイクリストとは沢山すれ違った。こんなところまでやって来るとみんな「こんにちは!」「もう少しで登り切りますよ、頑張って下さい!」とか普段多摩サイあたりじゃ声もかけてくれないロード乗りの人たちとも挨拶を交わす。大自然が人を寛大にさせるのだろうか。多摩サイあたりじゃ僕のようなマウンテンバイクに追い回されたり追い越されるのがロード乗りの人には面白くないのだと勝手に解釈しているのだが、マウンテン乗りの人とは多摩サイでよく声をかけて貰えるので強ち間違った解釈ではないと思っている(笑)

ウェルキャンプ西丹沢

 ERIKO が700c を履いて軽量化されているとは言えベースはマウンテン、やっぱりバリバリのロードよりは重いのだ。でもマドン6.9と比べて1kgまでは重くはないだろうか、ペダルとバッテリー式ライト、ボトルにスポーツドリンクを入れて、チューブやらボンベやらポンプやらいれたツーリングスタイルだと8kgを少し越える。もうこれ以上は軽くならないよ!と余談だがゼータトレーディングからフランスはマッハワン社のマグネシウムの700cリム、最後の入荷だよと連絡があったので28ホールを二本予約した。これにDT-SWISS の190S ハブとサピムの CX-RAY スポークで組むとあと約250gの軽量化を達成するがリムが確保できたのでなんとかハブとスポークを入手しなければ。 DT の 190S はボントレガーのアイオロスホイールのために開発されたセラミックシールドベアリング内蔵のハブのDT自社ブランドでの展開だがなんせ日本未展開。チューブラーでホイルも組めばもっと軽くなることは分かっているのだが、釣りやら通勤のライドをチューブラーで走る気にはなれないものねぇ。

ウェルキャンプ西丹沢 ウェルキャンプ西丹沢

 クルマ組は先に到着していて午後に合流した。大自然、さいこう!メシもさいこう!温泉もさいこう!

ウェルキャンプ西丹沢 ウェルキャンプ西丹沢

 こんな大自然が自宅から直ぐ近くにあるのでって神奈川県、捨てたもんじゃないよ。久々に大酒くらいましたぁ!

 翌日は一足はやくみんなと別れて雨の中、海岸線添いに自宅に戻りました。明日は熊谷でちょっとした仕事です。それも自転車で行って夜は実家に停まるつもり。