KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベラ IB-PB3+Q4 iPod&iPhoneパック on ステム

iPhone 用のバイクマウントがようやく充実してきた

f:id:kumarin:20100111154554j:image:w500

 ここのところ iPhone を自転車にマウントするためのパーツが充実してきたようです。最初に登場したのがたしかこれだけどいかんせん無骨すぎるだろ。そして進化形がこれ。それでもクランプ廻りがデカ過ぎます。そして真打ちと云われたのがコレ。縦向きにも横向きにも使えるし防水仕様だし、なによりスタイリッシュだしと思ったんですが2ちゃん振動で簡単に外れてしまうと2ちゃん【自転車乗りのためのiPhoneスレ】でさんざん、ボロクソ。じゃぁシンプルにコレかとも思ったが私の場合ハンドルにあまりスペースがない。しかも時にはエアロバーも付けたいと思っているので何かイイの無いかとネットを探していたところステムに付けるコイツを発見した次第。

 電源コネクタ側には開口があるのでトップチューブバックにエネループを入れておけば一日充分使えるし、ビニールのスクリーの上からちゃんと iPhone を操作で来ます。今のところ振動で外れて落ちてしまうなんてこともありません。一時は iPhone をサイコンに使うなんて考え方もありましたが、サイコンはサイコン。私の場合はあくまでも iPhone としてジテツウの時も遊びの時もアクセスしやすいところに置いておくというのが主眼でしょうか?GPS付きサイコンとして考えた場合、iPhoneGARMIN Edge 705 の代わりになるかと云う議論もあり代わりにしようとしているツワモノもいらっしゃるようですが、私はあくまでも iPhone として使います。

 遊ぶことを考えると iTRAIL や Every Trail などの app 群も楽しいのでしょうが結局飽きます(藁)逆に Google Map を利用した Map.app の方こそ iPhone では光りますね。 GARMIN と違ってどうせ地図データをダウンロードしなければならないのだから Google Map データのオープンソース性はちょっと目的の施設や店を検索するとき抜群の情報の新しさを提供してくれますし。コレ使っちゃうともう日本のケータイには戻れません。それともう一つジテツウの帰りに2時間弱自転車に乗っていて iPhone をバッグやポケットに入れておくと突然の電話も家に帰り着くまでわかりませんが、目の前にあればとりあえず誰からかかったか分かりますね。昨年末はこれで見のがすことなく n. に寄ることが出来ました。

 取付はヘッドセットのキャップの位置ですが取付台座をキャップに重ね合わせるようにボルトで締め込みます。台座自体はヘッドセットのキャップにはなりません。そのために長めのボルトが付属していますがカーボンコラムならアンカーを取付台座の厚み分だけ上に上げればよいのでわざわざ付属の重いボルトを使わなくても済みました。

エスサン SS-H12 イージーインストール SS-H12

エスサン SS-H12 イージーインストール SS-H12

[asin:B002MSNGLS:detail]
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS