KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

GWキャンプの写真から - PENで遊ぶ2

GW伊豆キャンプのスナップから

f:id:kumarin:20100503104756j:image:w500

M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6 絞り優先 f/11.0 Focal Length:42mm 露出バイアス0EV 露光時間1/640秒 ISO感度200

 キャンプに行くのにやはり考えずに気楽に撮りたいというのもあって M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6 を買ってしまった。新品を買う気は無かったが例によってマップカメラに丁度中古が数個出ていたので。飯くったりしゃべったり、体育したりちょっと飲んだりっと言うときにはやはりAFは便利。

f:id:kumarin:20100503105344j:image:w500

M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mmF3.5-5.6 絞り優先 f/9.0 Focal Length:14mm 露出バイアス0EV 露光時間1/500秒 ISO感度200

このレンズ設計上の焦点距離で周辺減光を起こさずにカバーするということでフード無しでレンズコーティングで乱反射に対応した(メーカー談)んですとマップカメラの人。そこで逆光も積極的に撮ってみたが2万チョイの設定価格でなかなかやるのう、オリンパスという感じ。

f:id:kumarin:20100504125344j:image:w500

TELE ELMARIT M90mm F2.8 絞り優先 f/11.0 露出バイアス0EV 露光時間1/2000秒 ISO感度100

 子どもたちが砂で仏塔を作っても功徳があり将来は仏になるであろうとは初期の仏教教団説一切有部の文献ディヴィヤ・アヴァダーナに書かれているがそれはおなじみ法華経にも登場する。この塔を作った子どもたちも将来は仏さまか(笑)

f:id:kumarin:20100504130423j:image:w500

TELE ELMARIT M90mm F2.8 絞り優先 f/22.0 露出バイアス0EV 露光時間1/500秒 ISO感度100

 PENを買って思ったのだがライカの ELMARIT M28mm や TELE ELMARIT M90mm がこんなに重宝するとは思わなんだ。マイクロフォーサーズだと35mm換算でそれぞれ56mm、180mmの画角が得られる。優秀で使い易いライブビューは被写体にカメラを向けるだけで手動でも容易に思う露出が得られるしピント合せも楽だ。

f:id:kumarin:20100505095912j:image:w500

M.ZUIKO DIGITAL 14mm F2.8 絞り優先 f/22.0 露出バイアス+1/3EV 露光時間1/5秒 ISO感度100

 河津七滝キャンプ場内を流れる渓流。よくある幻想的な絵を典型的な手法で撮ってみる。カメラボディ内手ブレ補正でスローシャッターも容易だ。

f:id:kumarin:20100505110508j:image:w500

M.ZUIKO DIGITAL 14mm F2.8 絞り優先 f/2.8 露出バイアス 0EV 露光時間1/500秒 ISO感度100

河津七滝キャンプ場に振り注ぐ朝日。結局ズームよりこちらのパンケーキの方が使いかってが良い。レンズが明るいので露出やピントの自由度が増すと言うのは個人的にはズームレンズの焦点距離の自由度に勝る楽しさがある。