KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

川崎の瀋陽 瀋秀園

smc PENTAX-FA 50mm F/1.4 を中心に

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 川崎市瀋陽市と提携して出来た瀋陽風の庭園。建設には川崎大師こと平間寺がその一部を寄付しているのが面白い。、普通は逆じゃね?前に自転車では2回ほど来ているのだが今日は電車でお散歩カメラです。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 Kodak SUPER GOLD 400 がバカ安で手に入ったため mc PENTAX-FA 50mm F1.4 の絞りを段階的に変えていろいろ試して見ましたが中望遠的な使い方でボケを活かすのなら開放付近も面白いレンズですが僕のようなライカ的あるいはスナップ撮影的に使うのならF/8.0あたりが良いようです。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 50mmでもほぼパンフォーカスが得られて描写も緻密になる感じですねF/8.0。まぁ逆にそれ以上絞っても今日のような曇り空では露光時間が長くなるのであまり良い結果は得られない。これが晴天ならF/16でも良い結果が得られるんだと思います。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 今日は風景写真的なのばかりでしたが人間や近めの被写体等でしたらF/4から5.6くらいの方がピントの山がはっきりしてきて立体感のある絵が撮れると思います。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 遠景を撮ると曇り空におm関わらず抜けの良い写真が撮れる。当たり前の曇り空下の風景だけど…ま、逆に言えば今日のテーマの場合寄ればイメージサークルを赤が占める割合が増えて色飽和を起こしているってことか。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/8.0 Kodak SUPER GOLD 400

 これは若干赤の色飽和状態。しかし曇り空とは言え光線的には逆光で中国風nクランクした金物装飾の色合いが美味く黄金色に出た。さすがに空は飛ぶ寸前だけどそおはフィルム、スキャンしてもかろうじて極薄グレーの色データはちゃんとある。

川崎の瀋陽 瀋秀園

MZ-3 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 絞り優先自動露出 f/5.6 Kodak SUPER GOLD 400

 F/5.6で手前にピンを置けば背景はなだらかにぼけてくれる。こういう写真ではこれくらいが自然なのかもしれない。標準レンズというものは絞りと距離効果を身体に叩き込んでおけば被写体を選ばずパンフォーカスから前ボケ、後ろボケまで多彩な表現が可能じゃなくちゃいけないのだな。