KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smc PENTAX-M 1:2 85mm 分解クリーニング

カメラ・機材あれこれ

写真レンズ工房さんで修理して頂きました

http://www.flickr.com/photos/kumarin/5407334439
smc PENTAX-M 1:2 85mm 分解クリーニング ング 左 Befour 右 After photo by Kaneko Ryogen Photography
 ペンタックスユーザーはつくづく幸せだと思いました。ペンタOBの山崎彰さんという方が「写真レンズ工房」という往年のペンタレンズのメンテや修理をする工房を開いてくださっています。で、このレンズ。とてもコンパクトで標準レンズと見間違うほどなんですが早い時期に FA ☆ 85mm F1.4 に進化してディスコンになってしまった為生産量も少なく、又みんな手放さないというのもあって偶に出ても非常に高価。いつかホスイと思っていたところそこへ超破格ジャンク扱いで売りに出たので迷わずゲット。

 こんな思い切りが出来るのも「写真レンズ工房」さんの存在が大きい。いくら安くてもこれだけカビカビのライカレンズだったとしたら絶対に買わないでしょう(笑)今回は症状を説明と冒頭写真左側を添付して送ったところバルサム切れがなければ6300円で直しますと返信を頂いて29日の午前中に発送。修理が上がればメールなり郵送なりでまず連絡と請求が来るだろうから1週間くらいで帰って来るかなと思いきや…

 昨日帰宅したら発送した箱のままの荷物が到着しいていたのでああ、こりゃ駄目だったのか修理不能かと思って開封したところピッカピカの新品同様になった我が M 85mm くんが早々3日で帰って来たのである。ちょっと驚きました。だっておまけにしかもピントリングの調整までしてくれてあって、6300円というのはあくまで目安だから使ってみて納得出来る金額を払ってくださいというのです!

 ええっ?人が良すぎ、真面目すぎですよ山崎さん!払わないヤツとかいるんじゃないかと心配になってしまいます。オールドペンタックスユーザは善人だと信じていらっしゃるのか。勿論僕だってそう思いたいけれども…でもこの気概がユーザーにも通じているんでしょうね、ペンタックス。技術者の魂を見せて頂いた気がしました。製品を通じて人の心が継っていく。ご自分たちが世に送り出さされたレンズ達が可愛くて仕方ないのでしょう。大切に使わせて戴きたいと思います。感謝!

■写真レンズ工房
 ちなみに現行DAレンズの修理はされていません。またバルサム切れの復活は破格で行って下さいます。あとペンタックス以外のレンズの修理は行っていません。