KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒毛和牛のタリアータとタイレッドカレー

Photographe お酒 & 料理

黒毛和牛のタリアータ

黒毛和牛のタリアータ

K-x + smc PENTAX-FA 28nn F2.8 マニュアル露出 f/8.0 1/25sec. ISO1600 カスタムイメージ鮮やか

 昼間 Twitter で @kotorip さんの12月に仕込んだアンチョビ云々という呟きと自分の風邪で荒廃した自分の心身にエネルギーを与えたいという直感で思いついた今日の晩飯の前菜。実際に作ってしまいました。

 黒毛和牛は勿論冷凍庫の在庫。アンチョビとケイパーとニンニクを同割で包丁で叩きペースト状にして牛肉に塗りつけてからグリルします。サラダのドレッシングには少しトマトソースを加えること、振りかける粉チーズは手抜きもけちりもせずホンモノのパルミジャーノ・レッジャーノを肉の焼き上がりに合わせて卸すこと。

 もうたったそれだけで幸せになれます!

タイレッドカレー

K-x + smc PENTAX-FA 28nn F2.8 マニュアル露出 f/8.0 1/25sec. ISO1600 カスタムイメージナチュラル

 比内地鶏の腿肉が手に入ったので骨を外してテフロンのフライパンで皮目から焼き色をつけ裏側も少し焼いておきます。ただしソースはカルディーの「タイレッドカレー」レトルト。タイ製の輸入品。

 鶏肉を出した後のテフロンのフライパンには旨味がつまった脂が残っているので玉葱と人参の微塵をそこで炒めそこに洗った米を加え透明になるまで炒めます。そこにカレー粉を加えよく混ぜ水を足して蓋をして水分がほぼ無くなるまで炊きあげます(3人前=米1.5合、玉葱1/4個、人参1/8本)。

 グリンピースを好みで混ぜ合わせた後そこに素早く先の鶏肉を一口大にカットして米の上に置き蓋をして強火にし、鍋の中がパリパリ言い出してからゆっくり10数えて火を止め20分程度蒸らし、鶏肉ごと皿に盛って温めたタイレッドカレーソースをかけて食す。風邪ひいてるけどめしうまー。合わせワインはコノスルのゲビュルツトラミネル。チリで畑の高度が高いのかなぁ、産もしっかり、ポジフィルムのようなヌケのよさ、さいこー!

  • kotrip  そういえばアンチョビが12月に仕込んでそのままだった、そろそろ油に入れようか悩む
  • kuma_rin  ええ、すご~っ!アンチョビ仕込むの?いいなぁ。そうだ、お陰で晩飯のイメージが湧いた。栄養付けにアンチョビとケイパーで味した和牛ももステーキをロッケトとパルミジャーノで食べるか!RT @kotrip そういえばアンチョビが12月に仕込んでそのままだった、そろそろ油に入れようか悩む  [in reply to kotrip]
  • kotrip  @kuma_rin なにその美味しそうなレシピ!今夜はホッケの干物と煮カボチャです。(´・ω・`)  [in reply to kuma_rin]
  • kotrip  やばい、あんちょび溶けはじめてる(´・ω・`)
  • kuma_rin  黒毛和牛のタリアータ @kotorip さんの12月に仕込んだアンチョビって呟きでホントに作ってみた http://flic.kr/p/9h6Jj2

on Twitter