KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメの ISOをあげるなんてのはマイクのボリュームをあげるようなもんだ

Photographe

f:id:KumarinX:20140211232234j:plain

こんなこと書くとあのやろうまたワケのわからんこと言ってと嫌われるかも知れないが世の中誤解だらけなのでちょっと書くね。
土曜日の午後、逆光のなかの中央林間駅。電車なんでそんなことはないがこれが人物だったら日中シンクロなんて考えるところ。ホームに滑り込んでくる電車をぴたっと止めて撮りたいとしよう。ペンタの中の人にご教示いただくまで ISO 200 で撮っていた SonyAPS-C デジタルフィルム(結局 200がベストなようですね、ダイナミックレンジ)が充填された PENTAX K-3 。電車を止めたいのでシャッター速度は1/200にあげてちょうど良いところでシャッターを押す。レンズは smc M 28mm 、画角は40mm相当だけど 28mmの被写界深度を生かすべく f5.6まで絞った状態(実際 K-3 の回折限界はf/5.6だそうなのでちょうど良かったわけです。

 

f:id:KumarinX:20140211232120j:plain

背面液晶で確認出来て iPhoto に取り込まれて表示されるのが左の画像。 PhotoShop CC で現像した状態が上(Lightroom でも同じです)。レタッチはやるとすればこれから。
 高感度の撮像素子、夜でも逆光でも綺麗に撮れるというのはなにも ISO 感度をあげて撮りなさいということではないんだね。そのままゲインをかけない状態で撮った方がノイズも少ないしだいいちバッテリーがもつじゃん。

そして最後に左右前後を約1/5くらいずつトリミング。APS-CのK-3 でもこれで Nikon Df と同等の 約1800万画素。フィルムばかり追いかけて来たオイラもようやくデジカメの「正しい」使い方が見えて来たってわけだよ 笑 デジカメで作品撮りも考えるようになった今日この頃〜(^з^)

 

Special Thanks to 萩庭桂太 さん

 

DETA : K-3 + smc PENTAX M 28mm F2.8 , f/5.6 SS 1/200sec. ISO 200