KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

SEALDsに群がるトンチンカンな人達

清 義明氏の「SEALDsに群がるトンチンカンな人達」が秀逸だ。
SEALDsは左翼でもなんでもなく優等生的な戦後民主主義の保守派だという指摘は実に的を得ている。
SEALDsに群がるトンチンカンな人達というのは彼らに協力をした共産党や利用しようと近づいたリベラル系の市民団体ではない。そしてろくに取材をしないでネットの情報を集めてつなぎ合わせてSEALDsを叩く本を出版した田中宏和氏や千葉麗子氏のことばかりでもない(もちろん含まれるが)。
blogos.com

「ロックの世界に政治を持ち込むな」と、まるでホントに<ロックは政治抜きで語れると思っていた歌詞抜きでふんふん鼻歌していた>*1無知をさらけだした方々はともかく、<相手はガキだと思って、ひとこと言ってやんべっかー>*2というようなトンチンカンな言いがかりをつけているオッサンたちのことでもあります。
いたでしょ?SEALDsが就職できない?ざまぁみろ!自業自得だとか、今解散したから連合赤軍みたいなうちわリンチに発展しないでよかったとか、ようはまるでちゃんと彼らの動きや主張を分析も考えもせずに悪口言って自分の存立基盤を確かめていたようなオッサンたち。まぁ自分の傷をなめて安心するのは気持ちいいわな。
www.sealds.com

SEALDsがおすすめする「選書」とかあるのだけどその本と著者を少しでも識っていれば彼らを新左翼とかポストモダンとかいって批判することだって無知をさらけ出して恥ずかしくなるようなことです。「ナニをこのやろう!」とカチンときたらちゃんと読んでみてくださいね。
まぁ集団的安全保障の関連法に反対するのは左だから、リベラルだからと反対する人々の実際を的外れに認識している人にはわからないだろうけどね。
人はほとんど自分の経験的事実だけを世界だと盲信していて、想像力を働かせて経験的事実を広げてみようとしない限り相容れないものだというサンプル例をみせてくれただけでも楽しかったですね、SEALDsに群がるトンチンカンな人達の存在は(^^)v

変える

変える

さよならパヨク

さよならパヨク

SEALDsの真実

SEALDsの真実

*1:<>内はリンク先清 義明氏の言い回し。秀逸なのでそのまま使わせていただきました。

*2:同上