【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」 相良倫子さんの詩の朗読が意味するもの

沖縄慰霊祭での中学三年生相良倫子さんと安倍総理


【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」慰霊の日 2018

 昨日の夜、沖縄慰霊祭での中学三年生相良倫子さんの詩の朗読の姿を褒め、それに引き換え前に座った安倍総理が相良さんと目を合わせようともせず、ご自分のスピーチの時は原稿を見ずに聴衆にむかってどうどうと朗読した相良さんと正反対に下を向いたまま原稿を棒読みをしていたのを揶揄したら自分は戦力の放棄は反対ですと言う方からコメントがついた。本題と離れていたので削除して批判は自由なので自分のフィードでやってくださいと進言した。彼は子供を出しにして政権批判をしたりデモをしたりしても無駄だ!日米地域協定問題にしなければだめだと言いたかったみたいなので、ならいま取り上げていることとは直接関係ないので自分のところで取り上げて書いてくださいと進言、それがおおよそのFBの暗黙のルールだと思うからだ。

丸山眞男の「政治的判断」

f:id:KumarinX:20180625150223j:plain
f:id:KumarinX:20180625150249j:plain
- 写真はネットから拾ったものです

 さて画像は丸山 眞男の1958年の講演記録を書き起こしたもので平凡社ライブラリー ま 18-1 丸山眞男セレクションに収録されている丸山眞男の「政治的判断」。当時僕はまだ3歳だがこの時の政治状況はその後の佐藤政権、そしていまの安倍政権の状況とよく似ていると思う。

 丸山はご存知の通り戦後日本の進歩的文化人として戦後思想をリードした東京大学の学者だが、京都の大学大学院で東洋哲学を研究した僕は批判対象としての丸山の著作を良く読んだものだ。丸山は日本人の意識の基層には天皇家への尊敬と服従があってそれを変えることは容易ないと絶望した人なのだが、我々京都の側から見れば天皇家への尊敬と服従薩長天皇家利用のために明治維新以後教育勅語によって形成されたものと考えていたので丸山の進歩的思想は解体されるべき批判対象としてアカデミズムの机上に載せるべきと考えたのだった。

 その中で現実的な政治的判断を行うという丸山の示したこの講演は秀逸なものだと今でも思う。
 
 ひとつはここに示された勝ち負け思想で政治を考えないということ。選挙に負けた、悪法が議会を通ってしまった、だから反対してもデモをしても無駄だという考え方は勝ち負け思想であって政治的判断としては間違っていると指摘している。
 
 政権は変わらなくとも、政治過程としては批判すること、反対することによって政府は政策を変えざるをえなくなってると。面壁九年なんて禅伝来の比喩は使っているが当時の政治状況の総括からそれを論証してる。そして勝ち負け思想で引いてしまえば政治的に無責任な結果を導くと提言しています。

 これは哲学的な人格や道徳倫理の問題ではなく、反対しても無駄という政治的に成熟した判断ではなく政治的なリアリズムとして政治に向かっていくべきだと。

 権力は批判されなければなりません。仮に安倍政権が経済政策は優れているから支持をする、それはそれでいいと思う。しかしそうではない批判されるべきところは大いに批判されなければならない。選挙に勝ったということは批判を免れる特権を得たということではない。それは表現の自由も同じ。

 良く安倍さん絶対支持の方に「対案を出せ!こらぁ!そこのアベノセイダーズ!」と吠える方がいらっしゃるが申し訳ないけど頭悪いなーと思う。丸山のいう通り、対案だけが政治をかえる訳ではない。あるときは大きな反対だけだって全然構わない。

 昨日は沖縄の中学三年生相良倫子さんの詩を理想であって現実には不可能だと理屈をこねて批判する方が見受けられた。あるいは子供をだしに使って政権批判をするな!という救いようのない知能?と思われる方もいた。そんなことあなたが言わなくても、ものを考えられる人なら誰だってわかる、誰だってわかることをわざわざいう人は申し訳ないけどやはり頭が悪いんです。

 現実的ではないけど理想として掲げることが多くの人の共感を得る。あるいは感動する方もいる。昨日の画像を見れば安倍総理のスピーチとは正反対に相良倫子さんの朗読する詩に涙する方もたくさんいらした。それでいい!丸山に言わせればそれが政治的リアリズムとして政権に働きかけるのだから。困ったような安倍総理の顔、あれが東京の秋葉原なら「あんな中学生に負けるわけには行きません!」と逆ギレしてくださったかもしれない。むしろそのほうが政治的リアリズムとしてはもっとよかったのだが。政権にいる方達が「あんな詩に共感する人が増えたら困る」と思うだけでも彼女の詩の朗読は大成功だと思う。

丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー ま 18-1)

丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー ま 18-1)

動物園も野生と人の共生を啓蒙してほしい

国際文化カレッジ総合写真展衆議院議長賞事件に改めて思う

f:id:KumarinX:20180518151725j:plain
上野動物園、ヒグマのポン

f:id:KumarinX:20180608151449j:plain
上野動物園、ヒグマのポロ

 動物園はある意味、野生動物と人間のあり方を来園者に啓蒙する施設でもある。だから様々な動物のコーナーではその動物が人間と共生するには人間がどうあらねばならないか?が比較的丁寧に、大切なことは子供が読んでもわかるように表示されている。トラ、ライオン、ゴリラetc.etc.
ところがなぜかクマたちの丘のエゾヒグマ(Hokkaido Brown Bear)のコーナーにはそういう表示がない。
彼らのことを見ている親子連れは大概、大きなぁ、怖いなぁ、あんなのと北海道であったら一撃だね!などと会話している。

f:id:KumarinX:20180608151524j:plain
上野動物園、ヒグマのポロ

 ところが彼らが上の写真のようなポーズをすると嬉しそうに、可愛いなぁ、クマさん人間見たいだね、お友達になれそう!なんて勝手なことを会話してる。
ある時こんな会話が耳はいって来た。

子供:あんなに大きなクマさんどうやってつれてくるの?
父親:人間は頭いいからね、罠で捕まえて大きなトラックで運んで来るんだよ。

思わず耳を疑いました。バカか?この父親!

 ポンとポロは2006年(だったかな)母熊が殺処分されて、ウロウロしているところを知床財団の係員に保護されて上野へやって来た。ちょうど上野動物園がヒグマを欲している時で、彼らを自然に放っても生きてはいけないだろうという現地の判断という運と偶然が重なったのだ。
まだ芝犬くらいの大きさだったから、小さなワンちゃん用のカゴに入れられて普通のライトバンで世話をされながら移動して来たと思う。
はい、罠で捕まえて大きな専用のトラックでやって来た訳ではありません。

ではなぜ母親は殺処分されたのだろうか。それは人に近づくようになって頻繁に目撃され、クマの生息区域に追い払おうとした知床財団の努力にも関わらず人里に頻繁にやって来るようになったからです。どうしてなのか?
常識の無いカメラマンや観光客が母グマに近づき写真を撮ったり、あるいは餌を与えたから、あるいは、餌を与えることはなかったかもしれないが、彼らが弁当やお菓子などの残飯を国立公園内に放置して母グマがそれらを食べるようになったかもしれない。

 外国から来た動物たちにはこうした経緯の説明があるものもある。東京から北海道へ観光に行く人も多いはずだ。ヒグマコーナーでこうしたことも含めてクマと人間の共生について啓蒙すれば良いのにと思う。そうすれば先日話題になったような国際文化カレッジ総合写真展で衆議院議長賞を受賞したカメラマンのような方も少しは減るだろうと思う。

少しでも興味を持ってくださった方はリンク先をぜひお読みなってください。

www.shiretoko.or.jp

総合写真展:こんなデタラメが衆議院議長賞?〈6-12追記あり〉

自然の尊厳を踏みにじる写真が入選

 ツイッターで見つけてしまったのだけどいまだにこういうことをやる奴がいるんですね。最低だと思います。それが衆議院議長賞ですと。ってまぁ衆議院議長が選んだ訳ではないでしょうが ...(選んだとしたら最悪ですが)
なにが「してヤッタリ」だ!無知の極みも甚だしい。自然はお前のもんじゃないよ!と思います。
f:id:KumarinX:20180612111649j:plain

 数年前ですが大手カメラメーカー系スクールの北海道のワークショップで撮影ポイントとして人気になった樹を撮影するのに所有者の農家に勝手に入り込んで団体で撮影し、注意してもそれが続くものだから腹を立てた農家がその樹を切り倒して処分してしまうということがありました。そのワークショップの連中と変わらないですね、この受賞者の方。
北海道ではヒグマに餌付けして写真撮るバカがいますがそのバカとも同根。食われて死んでしまえ!と思いますがそんなことになると結局殺処分されるのはそのヒグマの方だから、あ、そのクマが悪いからという訳ではなく餌付けされたクマは危険な存在なので。そのクマが殺処分される原因は餌付けした人間が作るので罪は人間の方にあります。
自然の尊厳を感じて畏敬の念を持ち人の計らいを入れないというのは自然と人間の共存を実現するために絶対に必要なことなのです。
こんな写真展、廃止した方がいいと思う!

shashinten.info

総合写真展事務局が受賞作品についてという言い訳を掲載

f:id:KumarinX:20180612144844j:plain

 通常お詫び文書はタイトルにお詫びと書くものだと認識していますが、一応お詫びのような言い訳文書が掲載されました。それと引き換えに批判対象の衆議院議長賞作品と受賞者の方のコメントが削除されましたが賞の取り消しはないようです。
しかしすごい内容となっています。

 この行為そのものは、ご指摘の通り、動物(野鳥)愛護の観点からも、撮影マナーの観点からも決して褒められるべきものではありませんが、当事務局といたしましては、この行為が「虐待」にあたるとまでは認識しておらず、行き過ぎはあったものの、表現者としての創作行為の範疇と判断して、作品とともにコメント文のほぼ全文を掲載させていただきました。

 たとえ300m離れていても光で照らしたり声をあげて威嚇することが「虐待」とは認識をしていないそうですがこの人たちの知性ってあるのでしょうか?仮に300m離れていて鳥たちに音が届かなかったとしても、結果として鳥が飛び立った事実を「シテやったり」では自然への尊敬も被写体のへの尊敬も微塵も感じられません。テレビのヤラセ番組や広告のための撮影ならともかく(褒められたことではありませんが)、作品として向き合うべき撮影がこれでいいのか?そしてアマチュアを啓蒙するべきこの写真展の主催者が「創作行為の範疇」とは驚きます。匿名希望というコメントにあるご意見「木を切り倒し、熊に餌付けした輩と本当に同じでしょうか?」とありますが木を切り倒したり熊に餌付けしたりする人もここに書いた通り自然への尊敬も被写体のへの尊敬もないという点では同じ。そして最初は脅かしたり光で照らしたりのように些細なことが撮影目的のために上手くいき「してヤッタリ」」の自分勝手な満足がそういう行為へとエスカレートしていくものだろうと考えます。実際、知床で知床財団の管理員の目を盗んでエスカレートしていくのはそういう人たちです。

 しかしながら、このたびたくさんの方からご指摘をいただき、多くの方々がその撮影行為にご不快の念をいだいておられることを知るとともに、これを見た方が、同様の手法で撮影行為を行うことを助長する恐れもあることから、今後、本作品とご本人様のコメント文を本ページ上で公開することを、差し控えさせていただくことにいたしました。今後は、撮影時のモラルとマナーにも、より一層重きをおきながら、慎重かつ公正な立場で作品選出にあたっていく所存でおります。

 つまりTwitter や多くのブログで指摘されなければこのままだったと言うことです。「これを見た方が、同様の手法で撮影行為を行うことを助長する恐れもある」というセンテンスを並列に並べていますが、指摘されなければ気がつかなかった写真展の主催者が、これから起きるかもしれないことを、削除の言い訳に上げることで自分達の自然に対する認識の無さを世間の目から半減させ、あたかも出展した受賞者が悪いという方向へ話をずらしているように見えてしまいますね。

動物等に故意に負荷を与える行為に対しましても、これまで以上に厳しい目を持ち、撮影段階でそれが明らかな作品に関しましては、審査の対象から外すなどの厳格な態度で臨んでまいります。

「これまで以上に厳しい目を持ち」って笑わせないでください。これまでこんな認識がなかったからこういうことが起きたのでしょうに。
「撮影段階でそれが明らかな作品に関しましては、審査の対象から外す」なんて当たり前のことで、これは撮影者が自己申告しなければわからないことで、改めて主催者がお詫びの代わりにいうことでもないないでしょう?ルールに明記してわかったら賞もろとも追放すれば良いだけのことです。

匿名希望という不可思議なコメント

 匿名希望という方からコメントがありました。通常はこちらは名前を出しており自分のイベント情報等も出しているので基本的スタンスとしては匿名のコメントなどは無視、あるいはスルーするのですが、他のこの話題を取り上げたサイトさんへもこういうのが行ってないかとコメント投稿を承認することにしました。何故ななら、もし個人なら匿名である必要ないし、基本はてなダイアリーはてなIDでコメントするもので、こんなに長く丁寧なコメントはまずありえません。もし違うならお名前とそれを証明するはてなIDや他のSNSのアカウントを公表してくだされば良いことで、正直言ってこの写真展の事務局か関係者が火消しのために投稿したのではないか?と疑っています。

 その内容はまるでこの写真展の関係者が書いたような内容(リンク先の冒頭「平成29年開催 第21回総合写真展 衆議院議長賞 受賞作品について」の文章を第三者風に書き換えたような内容)なのですが、結びが「最近は特に何か不愉快な出来事を起こした人に対して全国民で憂さ晴らしのように一斉に悪党退治をしているようです。でも、本当に滅多打ちにしなければならないんですか…?」となっていました。私は日本クマネットワークという自然と人間社会の共生を目指す団体の会員でもありこの投稿の意図は自然と人間社会の共生を目指すための警告(個人としての警告意思表明であってクマネットワークの表明ではありません←念のため)であり、この受賞者の方を「滅多打ち」にすることが本意ではないので画像と記事から個人特定できる記載(もともとはこの写真展のサイトに公開で記載されていたものですが)を削除しました。

 しかしながらこの写真展の事務局へは自分の写真事務所と名前も住所も記載の上「写真展主催者として自然との共生、あるいは自然への畏敬はお持ちではないですか?作品の出来不出来ではなく、作品を制作する過程が批判されるべき内容です。」とメールを送っていますが、まだ返事はありません。かつ写真展主催者がサイトの記事を書き換えた時刻と内容、および匿名希望というコメントの時刻と内容があまりにも一致が多く不可思議です。したがってこの写真展主催者の「主催者として配慮が至らなかったこと(前掲リンク先)」をなかったことにする必要はないと思うし、むしろこういう写真展でこんな制作過程の作品が衆議院議長賞を受賞したという事実を記録として語り継ぐのが日本のアマチュア写真の発展と興隆のためには必要なことと考えるので記事はこのままにします。


フェイスブックでは皆さんから屈託のないご意見をいただいています。もちろん皆さん身分を明かしての投稿ですから無責任な「悪党退治」ではないと思います。
ツイッターで見つけてしまったのだけどいまだにこういうことやる奴がいるんですね。最低... - Jean Michel Kaneko | Facebook

悪質動画スパム再燃、Facebookメッセンジャーに「Video〜」を踏んでしまったら

いつのもタグ付け案内のように友人からメッセンジャーに「Special Video〜」が来た

f:id:KumarinX:20180530224658j:plain
 こんな風なFB友のプロフィール写真がトップある動画が来ます。それが「〇〇さんがあなたをタグ付けするように求めています」と来たのでなんとなくなにも考えずにクリックしてしまいました。しまったと思ったけどもう遅い。
このスパムは、Google Chromeブラウザ(および Vivaldi のような派生ブラウザ)の機能拡張を使ってウイルスのように拡大していくマルウェアと言われるものです。今度は自分のプロフィール写真がトップある動画を自動的に作ってFB友をタグ付けしてどんどん拡散します。今回は大失敗でした。とりあえず拡散しないようにこの投稿を削除しようとしたのですが削除できません。とりあえずプライバシー設定を自分だけにして FBからログアウト、Chrome もシャットダウンと思ったらこれがシャットダウンできません。機能拡張にもアクセスできないのでどうしたものかと。そしていろいろ試して見ました。

FBに連絡して拡散を止めよう!

まずFBの別アカウントでこのメッセージをSPAM報告します。それですぐにFBが削除してくれてそこで拡散はストップ。 誰もが別アカウントを持っているわけではないので、このSPAMが届いた友人にSPAM報告をお願いして見ましょう。そこでFB側が対処してくれればとりあえず拡散は止まります。が自分の Chrome ブラウザにはこの機能拡張は残ったままです。こいつは基本的にユーザーIDやパスワード、友人情報にはアクセスできてしまいます。

FBのパスワードを変更する

Chorme はFBからログアウトする。できなければ強制終了します。もし他の端末にもChorme が入っていたら iOSChrome OSも含めて全て一旦FB あからログアウトしてください。それから Safari やEdge など、Chorome系ではないブラウザでFBのパスワードを変更する。そしたら再度 Chromeを立ち上げる。FBにはログインはしません。
この状態では賢くなったマルウェアはユーザーをChorme の機能拡張画面にアクセスできないようプログラムされているようです。アンイストールしてインストールし直しても一緒でした。僕は全ての端末で同期していたので踏んでしまった iMacだけでなくChrome Book や、Mac Book Pro でも同じ症状が出ていました。

Chorme 設定にアクセス

Chorme 右上の メニューから設定にアクセスします。
f:id:KumarinX:20180530224251j:plain
続いて設定画面から同期の詳細設定にアクセスし「すべてを同期する」をオフにしてから「機能拡張」をオフにします。これ Chrome OS でも手順は同じ。

f:id:KumarinX:20180530234630j:plain
続いてChorme 左上の メニューから詳細設定にアクセスします。

f:id:KumarinX:20180530224252j:plain

続けて「設定のリセット」
f:id:KumarinX:20180530224253j:plain


f:id:KumarinX:20180530224254j:plain

ここで全ての「設定をリセット」とするとアプリも昨日拡張もリセットされます。
f:id:KumarinX:20180530224255j:plain

これでマルウェアも排除され、ようやく本来の「機能拡張」のメニューにアクセスできるようになります。ここで必要な機能拡張とアプリをオンしましょう。結局ここまでの道のり、端末が3台あったので約5時間。今度はもう少し注意深くしなくてはと思うけど、友人からのマルウェアが来た時、いろんな方からメッセージが重なってついクリックしてしまったんですね。ふぅ (´・ω・`)=з
f:id:KumarinX:20180530231609j:plain

ヴァンナチュールの日本的功績

親父が亡くなった年齢まで今年であと10年を切った。ひとの寿命なんてそんなもんだし、動けなくなれば何も出来ないのであと10年で人生何を楽しむか考えた時、答えは昔のようにワインに触れて飲んで楽しもうと言うことだった。
https://www.instagram.com/p/BeemQQZBpku/
Mas de Janiny C'est bien comme ça! BlancFrance > Languedoc-RoussillonMas de JaninySauvignon Blanc, Vermentino #vinnaturel #vinnature #vin #naturalwine #wine #winelover #winelovers #自然派ワイン #ヴァンナチュール #ナチュラルワイン #SharefficetheCAMP

 そんな訳で昨年の夏から昔にやっていた「境界のないワイン会」を暫定的に周りにいる人たちと再開した。それから「昔のようにワインに触れて飲んで楽しもう」を行動に起こして半年弱、ありがたいことに、あれよ、あれよと言う間にワイン好きなそして経験と知性がある方が周りに集まって来てくださっている。そしてこれも縁だと思うけれど、その方達は、その昔は随分ご一緒させていただいた楠田さん、山崎さんとなんらかの縁や繋がりがある方が多い。お二人のワイン啓蒙の功績がこんなところにも垣間みられるのだ。今年は昨年とはワイン会のスタイルを少し変えようと思っている。新たに集まって下さった方も仲間に入ってもらいながら、自分で料理まで手を出すのはやめてここ数ヶ月で気に入り共感したシェフたちのお店を回ろうかと。鎌倉とか門仲とか新橋とか。

https://www.instagram.com/p/Beemjk4hkHP/
Vin de Petanque de Libian 2015France > Côtes du RhôneMas de Libian (Famille Thibon)Grenache, Syrah#vinnaturel #vinnature #vin #naturalwine #wine #winelover #winelovers #自然派ワイン #ヴァンナチュール #ナチュラルワイン #SharefficetheCAMP

 そして数年前に比べるとすっかり清潔で美味しくなったいわゆる自然派ワイン。昨日、二宮の CAMP さんでふと気がついたのだけれど、ヴァンナチュールを用意しているお店はグラスワインがとても楽しめると言うこと。こう言うお店が出てくる前は普通のお店からそこそこ高級なお店まで、飲めるグラスワインはネゴシアンやクルチエのものばかりだった。ジャドなんてのはまだましな方でラブレ・ロワとかアルベール・ビショなんて仕方なく我慢しながら飲んだものである。少し時間が降ってラングドックルッションのワインなどもいただけるようになったが、ヴァンナチュールの時代になってグラスワインが普通に楽しめるようになったと言っても過言ではないのではないか?居酒屋で生ビールを飲むような感覚で各地のおいしいワインが飲めるようになったのはまさにヴァンナチュールのお陰だ。ワインは時間を楽しむために飲む。だから経験と知性がある方のお話を聴きながら飲むのは楽しいしそれでいい。僕にとってワインは仕事ではないのでワインと自己顕示とは全く関係がないww

f:id:KumarinX:20180127190312j:plain
 写真は shareffice THE CAMP を運営する若狭さんご夫妻。お出かけでお留守だったご主人も帰っていらしていろいろお話も出来ました。