Beethoven : ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 (Alice Sara Ott)


Beethoven : Concerto pour piano n°3 ( Alice Sara Ott / Orchestre philharmonique de Radio France)
ピアノ アリス・サラ・オット
ミッコ・フランク指揮
ラジオフランスフィルハーモニー管弦楽団

先日聴いたアリス・サラ・オットのベートーベンピアノ協奏曲第1番ハ長調が思いの外良かったので、家にいるし面倒なことはやりたくない1日だったので同じくアリスのピアノ協奏曲第3番ハ短調を聴いてみました。母の手術の待機だと言っても別にやることはないのです。時代は想像をはるかに超えて便利になっています。

本題ではない余談ですが YouTube で高画質、高音質の新しい演奏を聞くのも容易になったし、古くからのいわゆる名演奏という演奏もかなり自在に聞くことができます。版権を持っている人が新時代ビジネス、YouTuber になって公式にアップして収入を得ているということでしょう。これは将来 Apple Music ですら叩き潰してしまうかもしれない素敵な現象かもしれません。権利がある人が正当に権利収入を得るというのはとても大切です。まぁ物販の権利収入なんてものはネット時代の新しい流通で叩き潰されてしまうのは目前まで来ていると思いますが本来の権利を継続的な収入にするインフラは決して潰れません。化粧品も洗剤もジュースもAMAZONやYAHOOで正規ルートよりずっと安く買えますがインフラはそうはならないですから。

f:id:KumarinX:20181009113410j:plain
ピアノ協奏曲第3番はベートーベンにとっても特別な曲で音楽学者アルフレート・アインシュタインに依ればモーツァルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調に感銘を受けたベートーベンが彼の曲の中でモーツアルトに『二、三の貢物を捧げている』という。アインシュタインの主張のようにこのPC3番はそのPC24番に触発された作品と考えて良いのでないかと思います。
とは言ってもベートーベンはモーツアルトの影響を受けたらからといって優雅にモーツアルト風の曲を書いているわけではなく、明らかに先人を否定し乗り越えようとする半ば暴力的な意思も見えてきます。PC1番の第1楽章中間部で遠隔調の変ホ長調を採用したりやや暴力的な自筆のカデンツァ、そして第3楽章の特有のティンパニの連打など明らかにモーツアルトを越えようとするロマン派の萌芽があります。

だからこのPC1番をモーツアルトの延長のように優雅に美しく 弾くピアノなど僕にはクソ喰らえ!なのだ。そんなの聞くならモーツアルト弾きのピアニストが弾くモーツアルトのPC を堪能すればいいと思うんです。ところが先日読響と共演したアリスのPC1番を聴いてびっくりしました。モーツアルト風の部分は優雅に酔うように弾きながら、ロマン派的な萌芽があるフレーズやカデンツァはオケや指揮者の表情を見つつ調和を計りながらもやや暴力的な非常に正確で芯のある音での演奏へのチャレンジが見えたのです。
そこで米倉涼子演ずる大門未知子のように「私、失敗しないから」とでも言いたげに、まったく大門未知子風にステージに登場するアリス・サラ・オットの自信に満ちたPC3番を見つけた時は思わずやったと思ったのでした。余談ですがスタイルも目力も雰囲気も大門未知子に似ていますね(^_−)−☆

f:id:KumarinX:20181009113321j:plain
音楽好きに説明はいらないと思うけれど、ハイドン交響曲第78番ハ短調モーツアルトのPC24番とベートーベン以前のハ短調は18世紀後半以降の作曲家において独特の意味があり、それはチャールズ・ローゼンに依って「ドラマとパトス」の両立という意味があったと言われています。そしてそれは主題がユニゾンオクターヴでc-e♭と始まり、直後の小節が弱音で対比する様式はハイドンモーツァルトを経てベートーベンに引き継がれています。ベートーベンにとってハ短調は特別で第5交響曲、悲愴ソナタ、32の変奏曲、ヴァイオリンソナタ第7番、コリオラン序曲そして最後のピアノソナタ第32番作品111もハ短調ですね。

そしてこの3番は第1楽章の楽器編成が1番と同じ編成にもかかわらず、より重厚さと芯の太さを増して1、2番と一線を画しベートーベンワールドを展開しています。だからピアノも華麗で美しいだけでは物足りないのです。

ピアノの音域について言えば、作曲当時と1803年初演の楽器はモーツァルトの時代と同じで音域がせまく、膝でペダルを押し上げる仕組みのフォルテピアノでしたが楽譜出版の1804年に広い音域を誇るエラール社のピアノが出ると早速手に入れ、フォルテピアノでは弾けない高音域を書き加えました。ベートーベンの向上心、先人を克服する意思が伝わりますね。

f:id:KumarinX:20181009113255j:plain
そして彼女のピアノも同様に進化しています。旋律の変形と上下は超絶技巧の正確さで演奏され、さらベートーベンワールドはPC1番以上に重厚かつ激しく流麗でダイナミックで暴力的に弾かれます。まさに音符に作曲者の命を吹き込むように。
第一楽章は協奏的ソナタ形式でc-e♭-g-f-e♭-d-cの主題を弦楽が静かに提示し、2つの主要な主題が展開、その後ピアニストが取り上げ、ピアニストとオーケストラの間で対話が確立される。その時の彼女のオケを愛でるような眼差しが素晴らしい。そしてこの章は最初の主題に触発されたピアノのカデンツァで終わります。
第二楽章 ピアノソロのハーモニーに富んだ緩い旋律がベートーベンらしい魂を揺さぶる重さも持つ。アリスのピアノはオケとの調和を計りながら見事にそれを表現しています。
第三楽章のロンドでは、オケとピアニストの活発な会話のラリーが展開され、オケ全員でドラマティックに高揚した後、ピアノソロが華麗に力強く超早弾きで主題を繋ぐパサージュが演奏されてからコーダで6/8拍子に転じ、テンポをあげながらハ長調で嬉々としてエンデイング。ここでも急速に上がっていくテンポのなかでの分散オクターブなどアリスの芯がしっかりした重厚的かつ暴力的な「超絶技巧」が「こういう表現でなくてはベートーベンになりません。私失敗しないので!」と強く主張しているようにも聞こえます。

これはスビャトスラフ・リヒテルクルト・ザンデルリンクウィーン交響楽団の演奏と並ぶんじゃないか?って勝手に思います。

アリス・サラ・オットがどういうピアニストかはググってください。いくらでも出てきます。なので僕は日本語ではほとんど書かれていない彼女の演奏のレビューを書いて見ました。
ちなみに彼女のピアノ協奏曲第1番 ハ長調はこちらです。

Beethoven Piano Concerto No1


#アリスサラオット #AliceSaraOtt #AliceSaraOttPianist #Beethoven #ベートーベンピアノ協奏曲第3番ハ短調 #ベートーベンピアノ協奏曲第3番 #意見には個人差があります

ラフマニノフピアノ協奏曲第5番


Rachmaninoff "Piano Concerto No 5" (arr.Warenberg)
アムステルダムの池隅さんと話題にしていたラフマニノフ交響曲第2番(以後ラフ2)をピアノ協奏曲化した演奏。このアイディアを着想したのはオランダのピアニストのピーター・ヴァン・ヴィンケルという人、彼は、ラフ2を聴いていて、このゴージャスなシンフォニーにピアノの音が聞こえて来たような自らの体験的事実を無視できなくなり、かつてピアノの師であったロシア生まれのピアニスト兼作曲家、現在はベルギーで主に映画やテレビの仕事を行っているアレキサンダー・ワレンベルクという人にそのアイディアを打ち明けます。ワレンベルクは驚きながらも少し考えた後、やってみようと決心する。
そこでヴィンケルはラフマニノフの子孫の許可を取るためにラフマニノフが多くの作品を手掛けたスイスのルツェルン湖畔の美しい別荘に住むラフマニノフの孫、アレクサンダー・ラフマニノフを訪ねそのアイデアを熱心に提案しました。すると意外にもアレクサンダーはあっさりとヴィンケルにその許可を出すのです。
ワレンベルクは、まず4楽章あった交響曲を、ラフマニノフの他のピアノ協奏曲のように3楽章の協奏曲にするために、交響曲の第2楽章と第3楽章を合わせて第2楽章とし、最初に元の第3楽章アダージョの有名な甘美なテーマを持って来ます。それがひとしきり続いたあとに、元の第2楽章のスケルツォが登場、カデンツァを挟んで、またアダージョに戻る、という構成にしてピアノ協奏曲を完成させました。ヴィンケルが思いついたアイディアは、2007年に実際にスコアとして完成、その年の6月にウラディーミル・スピヴァコフ指揮、ロシア国立フィルハーモニー管弦楽団、この後ミュンヘン音楽芸術大学ピアノ教授を務めることになるドイツのピアニスト、ウォルフラム・シュミット=レオナルディの共演でチェコで録音され Brilliant Classicsからリリースされました。
なんと Amazon で検索したら中古盤が1枚83000円で出品されていた Σ(@ω@;)

Piano Concerto No. 5 Import

レビューや関連ブログをを見ると日本人の方からは辛い批評をされていますが欧米の方からは概ね評判が良いようです。僕はどちらかといえば欧米の方の受け入れ方に賛意を評するけど、なんで日本人てあーなんだろ?もっと音楽を楽しめないのかね?ことさらピアノを強調(のだめ風?)せずにカラヤンのようにピアノとオケを協奏させて、時にはピアノがオケの一部のようになる演奏も Good Job! だと思います。

ちなみに「これがコンサートで演奏されたとき、果たして割れんばかりの拍手を受けることはあるのでしょうか。」と酷評した日本人のおやぢのブログがあったけれどこの翌年の2009年、アンナ・フェドローヴァとアラン・フランシス指揮フィルハーモニカー・ドゥ・ラ・ UNAMの演奏は「割れんばかりの拍手を受け」てました \(^o^)/


Rachmaninoff / Warenberg pianoconcerto nr.5 Live Complete concert

この録音のピアニストのシュミット=レオナルディはインタビューで「シンフォニーからピアノコンチェルトを作るには信じられないほどの技術とスキルが必要なんだ。...僕はこの曲を心から楽しんでいるし、美しく本格的なピアノ協奏曲だと思うし本当にラフマニノフのように感じるよ。」と。

#Rachmaninov #ラフマニノフ #ラフ2 #ラフマニノフ交響曲第2番 #ラフマニノフピアノ協奏曲第5番 #意見には個人差があります

ぴろありディナーショーvol.2

f:id:KumarinX:20181006191147j:plain
ぴろありクラシック、ぴろありポップス、昨年の全国ツアー、そしてディナーショーとベルリン Ampelman の高橋さんの言葉を借りれば「他の音楽ジャンルでは当たり前のライヴのような本番の形態」に意欲的に取り組む西浦詩織さんと釣川有紗さんのヴァイオリンとピアノデュオの2回目のディナーショー。

f:id:KumarinX:20181006193201j:plain
会場は若いプロのクラシックの音楽家がライブやりますおめでとうの雰囲気はとっくに脱して、きちんとした専門家の水準で前回より確実に進歩した演奏を聞かせるライブに成長してきている。それでも二人はよりよい音楽家になろうと研鑽をしているし、二人も感じだしていることだとは思うが、これからファン層をどれだけ増やしていくかというところまでに来ていると思う。協力できることがあれば協力したいと思っている。

f:id:KumarinX:20181006193324j:plain
まぁどんな理屈を捏ねても音楽は演奏が全てだし、なによりも二人が楽しそうに演奏しているのがいい。先日の高橋徹さんの Ampelman でも感じたことだが演奏のレベルが高いというのはまず会場に身を委ねていて心が落ち着くしとても気持ちがいいものだ。


f:id:KumarinX:20181006194421j:plain
今日はリベラルアンサンブルオーケストラ(LEO)のメンバーの方たちとも会って彼らにも話したが、彼女たちにロシアのピアニスト、アレクサンダー・ヴァレンベルクがラフマニノフ交響曲第2番をピアノ協奏曲に編曲し、ピアノ協奏曲第5番としたものを、2009年にアンナ・フェドローヴァがメキシコシティーでアラン・フランシス、UNAMフィルハーモニーオーケストラと演奏した話をした。

f:id:KumarinX:20181006195454j:plain
西浦さんがおジャ魔女ドレミのエンデイングテーマがラフ2の第三楽章に似ていると前からしきりにいうので、それならピアノとヴァイオリンのデュオでやってもらいたいと思ったのとLEOの来年3月の定期演奏会でラフ2をやるという話から。

f:id:KumarinX:20181006202124j:plain

Ampelman Japan 2018 ピアノクインテッドコンサート

コントラバス奏者高橋徹さん率いるベルリンで活躍中の音楽家たちによる室内楽コンサート Ampelman Japan 2018 の撮影をさせていただきました

f:id:KumarinX:20181003191343j:plain
高橋さんは1980年からベルリン・フィルの第一首席奏者Friedrich Witt氏に薫陶を受け 1984年、ベルリン・フィルでプロオケ・デビュー。以来多数に渡ってオーケストラ出演。90年代初めからベルリン・ドイツ交響楽団に出演するようになり継続中。

f:id:KumarinX:20181003192107j:plain
Ampelman 室内楽ユニットは高橋さん自身が演奏するコントラバスが必ずはいる室内楽アンサンブル曲を演奏するユニット。他の音楽ジャンルでは当たり前のライヴのような本番の形態をクラシックでやりたいと考えていらして、その形を模索中とのこと。

f:id:KumarinX:20181003192221j:plain
バロックやクラシックばかりでなくロマンティック、現代曲まで弾きたいと思う仲間と室内楽を探求し、そして楽しんで行きたいそうです。演奏中の高橋さんの楽しそうな顔と共演者たちにおくる眼差しからもそんなユニットの雰囲気が伝わってきます。


f:id:KumarinX:20181003193921j:plain
『土台がしっかりしていないと家は建っていられない。そういう意味では、オーケストラでもアンサンブルでも最低音は要です。地味ですけれど、自分の出した音の上で他の楽器がメロディを奏でるのは心地よいものです。 僕は、柔らかい美しい音でメロディを奏でる楽器を引き立たせつつ、音楽的には「主張をするコントラバス奏者」を心がけています。』という高橋さんの言葉通りの、厳選されたメンバーによる一流プロフェッショナルならではの各パートのバランス、主張、アンサンブルなど全く隙のない、それいて伸びやかで楽しい素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。


f:id:KumarinX:20181003204637j:plain
演奏曲目は
G.ロッシーニ/弦楽ソナタ2番
R.グリエールヴィオラコントラバスのための5つの小曲
G.ロッシーニ/デュエット
F.シューベルトピアノ五重奏曲「鱒」
高橋幸代/Berlin1920's

f:id:KumarinX:20181003205922j:plain
演奏メンバー
高橋 徹(音楽監督コントラバス
高橋礼子(ピアノ)
ナイダム・星野 羊子(ヴァイオリン)
カタリーナ・ラオフォ(ヴィオラ
ティル・ミュンクラー(チェロ)


高橋幸代 BERLIN1920s
最後の曲『Berlin1920's』は日本人の作曲家高橋幸代さんによる1920年代の繁栄するベルリンをイメージしたちょっとジャッジーで懐かしい(そうココ・シャネルの時代の欧州の無声映画から聞こえてきそうな)雰囲気のリズミカルでチャーミングな曲でした。

顔たち、ところどころ 番外編

f:id:KumarinX:20181009101252j:plain

チェジュ島、イ・ヒョリとイ・サンスンの家のスタジオに JR が撮影した二人の Visages がある。いつ撮ったんだろう?

#JRArtist #VisagesVlages #顔たちところどころ #イヒョリ #이효리 #LeeHyoLee