MENU

A fulfilled life - Jean Michel Kaneko Photograhie

知足是福。音楽家・演奏会の写真がメインのカメラマン、公開OKの作品は掲載中。IT企業役員、趣味で料理の YouTuber、趣味は仕事と同様大切でロードバイクと料理とワインフリーク。

イレウスで入院 ヴァイオリンコンチェルト三昧

突然の腹痛と入院

f:id:KumarinX:20200416144205j:plain
イリウスの放射線画像
4月の7日、昼食後の突然の腹痛。夕方には家近くのクリニックで小腸イレウスの診断が出て「点滴と経口薬で治すようにしてみましょう」という先生の言葉にかけて帰宅。
明日もう一度点滴してからレントゲンで良い方に向かっていたらしばらく続け、悪化していたら総合病院へということだったので、食事は取らずに薬だけのんで横になっていたものの、腹痛は収まるどころかさらに悪化。
結局、夜中になって耐えきれず、いつもお世話になっている看護学校系の創業病院に電話、その後緊急入院しました。


f:id:KumarinX:20200409181033j:plain
Net からの拾い物です

闘病については改めて記事にします

そしてもろもろの物理的、化学的な治療を受けましてとりあえず、意識もはっきりしてトイレにたったりできるようになったのは11日からでした。今日になって微熱もさがり、まだ問題はあるのですが、そのあたりの闘病のことはお役に立つ方もいらっしゃると思うので、後日まとめて記事にします。

病床の夜のヴァイオリンコンチェルト

昔に買ったLPレコードのテープ化を皮切りにCD購入、iTunes購入、そして最新のApple Musicでの追加も含めた40年以上に渡って集めた音源が僕の Apple Music に詰め込まれています。

f:id:KumarinX:20200302182050j:plain
で、その中のプレイリストの一つにヴァイオリンコンチェルトというプレイリストがあります。

曲目はご想像の通り4曲だけなんですが、ここ20年では入院、あるいはホテル住まいの度に曲は増え続け夜の圧倒的快楽となる。

もうすでに一晩では当然聴ききれないのですが、その中から演奏家を選ぶのも楽しみの一つ。歳月を経ることに面識のある演奏家も増えて来ているのが嬉しいというかワクワクするというか。

f:id:KumarinX:20200302182107j:plain
ヴァイオリニスト中村太地さん
中村大地さんもコンチェルトも録音して欲しいな。3.1のチャイ素晴らしかった!いまだにチャイVC聴くとソロが中村さんに脳内変換されてその姿が浮かび上がります。ウィーンでの幽閉生活、体調崩されてないだろうか?

で、今回は中村さんと同世代、平成生まれ都響コンマス三浦さんのご子息、文彰さんのチャイとメンデルスゾーンを追加。三浦さん父子は不仲の時もあったそうで文彰さん、髪を染めて家出をしたこともあるんだそうですが、ポツッと「ヴァイオリン取りに来た」と帰ってくる、オヤジはキライでもヴァイオリンは大好きだったんですね。普通だったら不良になって家出したらヴァイオリンやめそうですけど天才は違うのか 笑

眼を閉じると広がる圧倒的な世界

眼を閉じると眼で眺めるより遥かに大きな世界が広がり、美しい音色と管弦楽が時にユニークに、時に再帰的に、それがやがて大音量で収斂しながら劇的に展開していく。

けど、それだけでなく、演奏家は違う時も勿論あるけれど、ある種の波の様な盛り上がりだったり、オケとソロの調和だったり対比だったり、ソリストオーボエの目配せとかが、マエストロとの目配せだったり、ああ、この角度から撮ろうと決めていたんだと現場で走り回る自分のことも映像の様に思い出させてくれる。

靴脱いでソックスだけで何千人のホール、客には気づかれない様に走り回るんだぜ。この感覚、チーちゃんや葉加瀬君より絶対こっちの方が好きです。

Papar Pool 4周年記念 "「百の旅 千の旅 - Bon Voyage!」前期"

ハービー山口さん、カメラマンの大先輩だけでなく気づきを下さった恩人だったりします

ハービー山口さんに久しぶりにお会いしました

行ってきましたPP「百の旅 千の旅 - Bon Voyage!」
こういうの、一人でふらっといくのが好きなんです!誰かと一緒だと気を使うでしょ、男性でも女性でも。でも岡田さんと会えたんで トミモと誘えば良かった💦ってちょっと思いました。
ハービーさんとは、なんとPPでは始めて会いましたww
チェロの加納さん交えて、心のシャッターのお話。このお話、始めて伺ったのは代官山の写真展の時ですからだいぶ前ですけど、いいなぁー、青春時代の恋!
このお話の後、なんと彼女と再会されそうです。再会の動画がYoutubeにあります。青柳先生も奈美さんとの再会、動画にすればいいのに!


www.youtube.com

この青春時代のハービーさんの気持ちはハービーさん作詞で布袋寅泰が “Glorious Days” という曲にしています。布袋寅泰のベスト5にはいる曲ですね。改めてこの詩をよく読むとあの時のハービーさんのお話そのものですね。

ハービーさんの写真展「物語、岩手の子どもたち」


ハービーさんと始めてお話ししたのはの2013年の4月に新宿のアイデムフォトギャラリーシリウスで行われた写真展「物語、岩手の子どもたち」のときでした。作品を拝見していた僕にものすごく丁寧に「山口です、本日はご来場ありがとうござます」とご挨拶されて恐縮したんですね。なにしろ大先輩、あこがれの写真家でしたから。



そのとき時、僕はM3を首から下げていて、それを見たハービーさん、あなたプロ?M3いいでしょ?てところから会話が始まりました。上のツーショットの間の写真は「今回のベストショット」とハービーさんがおっしゃった写真。彼女にライカを持たせて撮影のレクチャーもされたとおっしゃっていたように思います。先日PPでお会いした時に「M3ぶら下げている人も珍しいよね」とおっしゃってましたがそれもあってか会場の作品を一つ一つ丁寧に説明して下さりながら一緒に回っていただいたことを覚えています。当時の僕は建築写真とステージ写真がまだ6:4くらいで建築の方が多かった時期でした。



このあと2月後くらいでしたか半蔵門JCII フォトサロン「代官山17番地 ―写真家になる日―」で先ほどの心のシャッターのお話しを伺うのですが、探したけどその時の写真は見つかりませんでした。上の写真は中野サンプラザのイベント、ここでせみちゃんをハービーさんに紹介しました。

達川清さんの2016年の個展「HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989」


その次にハービーさんとゆっくりお話ができたのは達川さんの2016年の個展「HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989」で中目黒の POETIC SCAPE。この時ツーショットはないんですが、達川さんと HYSTERIC GLAMOUR 北村さんのトークショーが終わり、参加者の皆さんが表に出てライカで撮りっこしている時、僕とハービーさんは奥のバーでシェリーを飲んでました。

「そろそろ有名になってきたんだから頭に来ても我慢したほうがいいよ。僕だって頭に来ることたくさんあるよ、でも我慢してる。」ってハービーさんからいまの僕を支えるアドバイスをいただいたんです。ちょうどその頃はカメラマンとして地固めも進み、イベントやワークショップ等も派手にやっていたし、発言もいろいろしていたんですね。それでとは思うのですがアンチの人たちが現れだした頃でした。やはり人間ですからアンチな行為は頭にくるわけですね。いちいち反撃していたりしたんです。でもそのハービーさんのひとことがものすごく救いになりました。
もう感謝!その言葉で今の僕の半分以上は間違いなくあると思ってます。

Papar Pool 三澤さんにもいつもお世話になっています


最後に Papar Pool 経営陣のおひとり、三澤さんと姪でスタッフでフィルムカメラ好きの Rina Misawa さん。三澤さんには Papar Pool での個展「音楽のある風景」のプロデュースをしていただきました。その他、ワイン会に参加していただいて調理を一緒にやっていただいたりお世話になっています。

paperpool.wixsite.com


最後までお読みみただきありがとうございました

大人の付き合いと人の付き合い

空気が読めない人とは付き合わずに逃げろ

ワイン会と食事会を兼ねたテーマを決めたパーティー


写真 AC

僕は気の合う友人たちと共同でワイン会と食事会を兼ねたようなパーティーを年に数回やっています。もちろん、いろいろな方と飲み会や食事はするのですが、この会は、テーマがワインだったり料理メインだったりいろいろですが、そのテーマのもとに集まり、当日の買い物、準備、調理、ワイン、デザート、後片付けと何気なくそれぞれがその日の持分をきちん分担作業して、費用は割り勘ということになっています。

スタートした時は、特にこの会だけを大切にして長く続けようという意図はありませんでした。僕個人はそれ以前から "境界のないワイン会" というイベントを10年くらいやっていて、僕にとってはその派生のような会でスタート。友人のカメラマン兼本玲二さんの等々力スタヂオをお借りして開催しているのですが(この会自体は招待した方だけが見えるFBの秘密のイベントを軸にしています)、かれこれと長続きしまして、今年で足掛け4年目になります。


この会は、その兼本氏とほかに宝槻稔さんという写真関係の友人、ビジネスコンサルを本業にしながら初期の頃からのアカデミー・デュ・ヴァンに通ったH女史と僕の4人でスタート、等々力スタヂオで食事ができる人数の許容量ということもあるのですが、始めは招待客を含めて6人くらいでスタートし、仲間内で話題になるにつれて参加希望者が増えました。

これだけ長く続き、これからも続きそうなのですが、理由としては、ひとつは皆、食べることとワインが好きだということ。言いたいことをホンネで話をしても、価値観の違いを認めあえることと、それぞれの専門的で少し高度な話の内容でも楽しめること。そしてそのこの指止まれ!の価値観についてこれない方を次は呼ばないできたことだと思います。

この会は写真や芸術の話はもちろんですが、ワインや、料理、あげくには政治や宗教の話もでます。それでも喧嘩にはなりません。

写真 AC

オリジナルの境界のないワイン会はレストランをお借りしてやっているので別路線と言えば別路線、そちらは会費制ではありますが働くのはレストランのスタッフなのでちょっと見えてくるものが違います。書き方が上から目線ですが、人数の制約やタイミングもあるので最近参加されていない方が全てNGということではなく、またお呼びしたい方も多くいらっしゃることは、ちゃんと書いておきます。

このワイン会で見えたこと


先に「何気なくそれぞれがその日の持分を分担作業」と記しましたが、これは、もう人を判断するのにものすごくよく見えてくるものです。これがレストラン等でやる大人のパーティーでなら分担作業もへったくれもありませんし大人の付き合いということで許されてしまいます。でもうちの会のようなパーティーでもなかにはいるのです、どんとお尻に根が張ったように座り、自分のグラスにだけ酒を注いで飲んでる人。

正直言ってそういう人に、あなたもほかの人のようにしないさいなんて言う気は起こりません。お金だけが割り勘のパーティーならそれでもいいのですが、そうではない会なんですけど、それに気がつかないのでしょうね。みんなで片付けを始めているのに、でんと座って飲んでいるのはびっくりでした。間違いなく、こういう人と仕事しても絶対うまく行かないだろうと思います。

そればかりではありません。せっかく皆が前向きな話で盛り上がっているのに、自己承認欲を前に出して、受け入れられないと愚痴を言い始めるのには参りました -苦笑。いちど kaneko さんは ○○さんと△△さんみたいな顔が好きなんだ、だから私に冷たいんだ!と言われたことがありました。いやいや理由は顔じゃなくて性格とか一緒に活動するスキルなんですけと言おうと思ったけどやめました(笑)。みんな引くけど酔っているせいなのか止まらない。ようするに空気が読めない人なんでしょう。

空気が読めない人は発達障害とか後天的な脳の障害?

でもこういう人たち、自分は何も悪いとは思っていません。一度、お一人の方にメンバーの一人が注意をしたことがありましたが、「〇〇さんは、黙っていて!」と逆ギレされました。この空気が読めない人の特徴は、自分が空気を読めていない自覚がありません。まぁ空気が読めない人だからこそ、自覚がないとも言えますが。調べてみると専門家の方々はこう言う人を大きく分けて「コミュニケーションスキルの問題」と「脳の構造や障害の問題」の2つに分類できるとしています。

そして大人の場合は自覚症状がなく対応が難しいとしていますが、メンバーは僕も含めて専門家ではないので、素人判断で素人の対処をしたのでは無責任になってしまいます。面倒を見るべき相手や、続けていきたい友人関係であるなら、空気が読めないことをきちんと伝えて改善を促すという対処法もありますが、無責任な対応ならしないほうがいいでしょう。

ボランティアではないのでここは切るしかありません

この会にこんな人がたくさんいるわけではない、のは実はあたりまえで、職場じゃあるまいし、スタートの4人はそれぞれ、一緒に同じ場所で時間を過ごして楽しい人を選んでお連れするのだから。にもかかわらずそういう人がたまに出現してしまう。この会を楽しく続けていくためには、極力関わらない道を選ぶのが有効な対処法だと思います。

それは別に僕がブログで書かなくても、等々力スタヂオの会は大人の会を超えて人との付き合いの会になっているのでそういう方はなんとなく暗黙のうちに見放すのです。昨年のはじめ頃から参加希望者が増えて一時10数名になったことがあり、結局もとの4人で次回以降を話し合った時、暗黙のうちに二度と呼ばない方が決まってしまいました。「あの人、自分のことばかりで協調性がないからね」なんてみんなはっきり言います。

結 論

大人の付き合いは逃げ場があり、人としての付き合いは逃げ場がない

結論としては表題の通りです。職場の環境であればさらっと大人の付き合いをして、少しは我慢、あとはなるべく関わらないようにするで、いいのでしょう。しかし今回は友人関係の中での話。そういう人が入って、皆が不快になり、スルーするのではなく、向き合って改善してもらうなんてことをしていたら自分に逃げ場がなくなってしまいます。

それは冷たいとうご意見もあるかと思いますが、繰り返しますが「脳の構造や障害の問題」と言われている以上、素人判断で素人の対処をしたのでは無責任になってしまいます。ひたすら向き合い苦しみを共有するのは家族ならとは思いますが楽しみを共有する人間関係でその必要はないと考えます。もちろん、そうした方の治療施設や治療機関が予算が足りないというようなことなら協力はできるでしょう。

と、いうことで、今回は、はい!さよなら!ということにします。


Youtube もよろしくお願いします。