KumarinX Kaneko Ryogen Jean Michel Kaneko Photography MacOSX

Louis Roederer Brut Vintage 1999 と日本蕎麦

蕎麦ダイニング 恵比寿『松玄』

f:id:kumarin:20080126204352j:image:w500

D-LUX2 DC Vario-Elmarit 28-105mm 1/3sec. f/2.8

  • 暗くて D-LUX2 の ISO400 じゃシャッター速度が全然だせない。M6に詰めていったのも ILFORD XP2 Super400 でこんなことなら T-MAX3200 でも詰めていけば良かったという感じの店内。カウンター上の薄暗い間接照明だけが頼りの光源。手ぶれ防止に fILOFAX を手前にたててその上にカメラを乗せて撮影。 D-LUX2 もそろそろ古くなってきた、というか最近のは ISO スピードレートがずっと好感度になっているんだな。スナップ程度の料理写真はコンデジでも充分だから GR D II でも買おうかなと思う。

 Louis Roederer Brut Vintage 1999 があってそれが飲めただけでも充分満足。Brut Vintage 1999は「クリスタル」と同じ畑の葡萄で造られたヴィンテージシャンパンで、値段はクリスタルの1/3。値段はなんと¥15.000.- でこのシャンパン酒屋さんであれば¥12.000.-はするでしょう。良心的な値付けだと思いましたよ。飲んでみれば繊細さ、余韻の長さ、細胞が詰まったような肌理の細かさ、そしてナッティーさ。最初ビール一杯飲んでこのシャンパン注文したらいきなり店の態度が変わって、店長さんが出てきてワインのセットをしてくれました。

 それまでうちの席についていた女の子も決して悪くはなくって、また途中からその女の子にもどったけど教育は今一歩だったなぁ。オーダーを確認するとき「ん?」って人の耳元で囁くのよ。「ルイロデレールのブリュットヴィンテージを下さい」とお願いしたときも耳元で「ん?」。なんだかよく分かっていなかったみたいでリストを指さしてあげたら、指を重ねてリストを広げたまま店長さんのほうへ歩いて行っちゃった。まぁ、可愛いいっちゃ可愛いんだけどね。

 恋人や友だちじゃないし、まして風俗じゃないんだから「ん?」はちょっと考え物。まぁ「はっ?」よりは全然いいわな。少なくとも人をもてなそうという意思と誠意は感じられるから。それと料理を出すのががさつで、フテ腐ってやってんのかという感じなんだけど顔を見るとちゃんとニコニコしてるんだよな。27、28日と店を休んで社員研修をするそうですから店長さん、是非彼女に正しい言葉遣いと洗練された動きを教えてあげて下さいな。

f:id:lovelovebear:20080126203327j:image:w300 f:id:lovelovebear:20080126203729j:image:w300

 伊豆産の生牡蠣、蕎麦の実入り味噌焼き、アン肝、旬野菜天麩羅、茸天麩羅、飛竜頭、ぶっかけ蕎麦、大山地鶏つくね、大山地鶏もも焼き、とろろ蕎麦と注文しました。料理はまぁそこそこに美味しい。伊豆の牡蛎は始めて食べたけど海のミルクという方向とは正反対であっさりした磯の香りが楽しめる牡蛎。飛竜頭のまめあんかけはきめ細かくコクがあってとても良かったです。

f:id:lovelovebear:20080126205814j:image:w300 f:id:lovelovebear:20080126223244j:image:w300

 じゃぁ蕎麦はというと固めのゆで加減で、しっかりした関東風の濃くて甘いつゆで一応は及第点。散らした具やとろろとつゆで食べさせるという感じかな。さけど良い蕎麦を噛んだときの風味や香りはもっと豊かなはず。専門店には敵いませんが、まぁ夜の8時過ぎに行ってちゃんと蕎麦が食べられるのだからよしとしようか。シャンパンだけでは足らずに SOLENI 2006 メルロ を飲んでしまいました。


松玄 恵比寿

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-1
ハギワラビル1F
TEL/FAX 03(3444)8666

営業 月~土 11:30~27:00
日祝    11:30~24:00

♪BGM while writing